ライフデザイン学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

生活支援学専攻では、国内外の様々な分野で社会問題の解決にリーダーシップをもって貢献しうる知性と行動力を備える人材を育成するために、下記の能力を備えた人を歓迎します。

  1. 知識・技能
    大学での学びに必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有し、積極的に他者と関わり対話を通して相互理解に努める態度と生活に困難を抱える人への眼差しを持っている。
  2. 思考力・判断力・表現力
    他者の考えを受け止め、自分の考えを的確に伝えることができるコミュニケーション能力と現代社会における様々な生活問題を多面的に考えようとする力がある。
  3. 主体性・多様性・協同性
    社会の動きに関心を持ち、そこにおける課題に向きあおうとする意欲がある。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

生活支援学専攻では、ディプロマ・ポリシーで示した教育目標の実現を目指して、以下の方針に基づき総合福祉教育カリキュラムをベースとした教育課程を編成・実施します。

  1. 哲学・キャリア・国際化に対応した豊富な「基盤教育科目」と総合福祉教育を構成する「専門科目」のカテゴリーに分け、各年次で段階的に配置することで、幅広い教養と生活支援に関する専門領域の知識と実践力を修得する。
    ①基盤教育科目は、哲学、生命、歴史、社会などを幅広く学べる共通教養科目と、国際化に対応できるコミュニケーション・スキルを高められる語学科目や留学支援科目があり、幅広い教養と国際的視野の修得を目指す。また、スポーツと健康や社会人基礎科目も配置する。
    ②専門科目は、総合福祉教育カリキュラムによって構成され、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の国家資格の取得、医療福祉や教職へも対応する科目を配置する。学生の興味関心に応じた複数資格履修も可能とする。
  2. 様々な生活問題への感受性と洞察力を養うため、4年間を通して演習科目(ゼミナール)を配置する。
  3. 課題解決に向けた実践力を身につけるために、4年間積み上げていく実習科目を配置する。
  4. グローバルな視野と現場における実践力を養うため、国内及び海外での多様なボランティア、フィールドワーク、インターンシップ科目などを設定し、それらの科目についても単位認定を行う。
  5. より高度なアカデミックスキルの習得や就職を視野に入れた多様なキャリア設計を支援するため、専攻・学科を横断する副専攻の履修モデルを設定する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

生活支援学専攻の教育目標に沿って設定された授業科目を履修し、卒業要件以上の単位を修得し、下記の能力を備えた学生に学位を授与します。

  1. 知識・理解
    総合大学としての幅広い教養と生活支援に関する専門領域の知識を修得し、現代社会が直面する様々な問題を理解する知性を備えている。
  2. 思考・判断
    様々な生活問題への鋭敏な感受性と深い洞察力を有し、課題解決に向けた実践力を身につけている。
  3. 関心・意欲
    少子高齢化やグローバル化が急速に進む現代社会において、リーダーシップをとる自覚と展望を持ち、様々な課題の解決に積極的に取り組む意欲を有している。
  4. 態度
    人権と個人の尊厳を守る倫理観と豊かな人間性に支えられた行動力を有している。
  5. 技能・表現
    社会福祉の専門的知識と生活支援を捉える力を有し、国際的視野とコミュニケーション能力を備えている。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

以下のような点を入学者の条件として求めます。

  1. 子どもの成長発達や保育・教育の問題に深い関心を持ち、それを学ぼうとする知的好奇心と強い意志があること。
  2. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有していること。
  3. 対人援助専門職者は援助の過程で他者との連携が求められる。よって、積極的に他者とかかわり、対話を成立させ、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有していること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

  1. 基礎的な学力と豊かな教養を身につけるための基盤教育科目を配置する。
  2. さまざまな子どもや保護者を支援する力を備えるための専門科目を配置する。保育士・幼稚園教諭の資格取得に必要な専門科目を必修・選択として設定し、学びの系統性に配慮しながら順次履修できるよう配置する。
  3. 諸資格取得のための学外実習は、実習毎に事前・事後指導を徹底し、専門科目との関連に配慮して教育課程を編成する。
  4. 子ども支援学専攻に関連する今日的課題を主体的に見出し、問題解決能力の育成を図るために一年次から四年次のゼミナール配置を行う。
  5. 保育士資格・幼稚園教諭1種免許取得のみならず、社会福祉士受験資格取得が可能なカリキュラムを編成し、高度なソーシャルワーク技能を併せ持つ人材育成をはかる。
  6. グローバルに活躍できる人材を育成するために語学・文化教育にも力を入れ、海外研修に関する科目を設定する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

下記の能力を備えた学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 子どもの福祉や教育に関わる専門的知識を身につけていること。
  2. 子どもの成長発達や保育・教育の問題に対処できる幅広い視野を持ち、それらを明らかにする科学的探究心や問題解決能力を身につけていること。
  3. 子どもの福祉や教育に関わるさまざまな実践の場で、人権を尊重し、倫理に基づき、人々の多様な育ちを支えていこうとする意志と意欲を持っていること。
  4. 多様な価値観や文化を理解しようとする姿勢を持ち、多様な人々と協働しようとするグローバルマインドを持つこと。
  5. 子どもの育ちや子育ての状況を理解し、人々が自らの幸福を追求できるよう、根拠に基づいて適切な援助を行うことができること。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

健康スポーツ学科では健康づくりに貢献できる人材を育成するために以下のようなことを入学者の条件として求めます。

  1. 身体活動やスポーツを通じた健康づくりを世の中に広めていく意欲をもっている。
  2. 人に対する関心を持ちコミュニケーション能力をそなえている。
  3. 全てのライフステージや生活状況にある人々に対する関心や理解をもっている。
  4. 健康スポーツ学を学ぶための充分な基礎的学力を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

健康スポーツ学科では身体活動やスポーツを通じた人々の健康づくりに貢献できる人材を育成するために以下のカリキュラムポリシーに従い教育内容を構成しています。

  1. 身体活動やスポーツを通じた健康づくりの専門家として必要な科目を必修として設定する。
  2. 指導力、実践力を養成するために講義と演習または実習を組み合わせて設定する。
  3. 社会貢献の基盤づくりのため、ボランティア、フィールドワーク、インターンシップなどアクティブラーニング科目を設定する。
  4. 全てのライフステージや生活状況にある人々の健康づくりを実践できるよう、コース制を取り入れ対象者別の幅の広い専門科目を設定する。
  5. グローバルに活躍する発想を持つ人材を育成するため、海外研修に関する科目を設定する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

学科の教育課程に定められた科目を履修し、本学学則に定める卒業用件を満たした以下の能力を備えた学生に対して、卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 健康や身体活動、スポーツに関する正しい知識のうえに思考判断できる。
  2. 健康づくりの専門家として指導力、実践力を有し社会貢献できる。
  3. 全てのライフステージや生活状況にある人々を理解して健康づくりを支援する意欲がある。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

人間環境デザイン学科は、人間を取り巻く環境をデザインという視点から考える学科である。
デザインに関わる分野は大変幅広く多様な人材がいろいろな形で参加している世界であり、一定の学力と意志があれば、誰でもデザインの世界の中で活動できる可能性がある。
デザインというものを狭くとらえるのではなく、人の暮らしを取り巻く環境のすべてに影響を及ぼす行為だと柔軟に理解した上で、

  1. 自分の可能性を信じ、探求する意欲を持つ学生、
  2. 自分のデザイン能力を磨こうという意欲のある学生、
  3. 問題を真正面から受け止め、柔軟な解決方法を発想することのできる学生、

を受け入れたいと考えている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

  1. 基礎と専門の連携
    1. 4年間を半分に分け、1~2年はデザインに関する幅広い知識と基本的な技術を学ぶ。そのために、建築やまちの分野とモノやコトの分野について、広範に学べる授業編成とする。
    2. 3~4年では、学生の希望を尊重しつつ、設定された三つのコースのいずれかに所属して、より専門的な知識と実践的な技術を学ぶ。
    3. 3年生秋から研究室配属を開始し、さらに高度なレベルの学びを深める。
  2. 演習と講義の密接な関係
    以上の枠組みの上で、
    1. 演習と講義を関連付けて、基礎からより高度な学習内容への円滑な移行を図る。
    2. 1・2年次は基礎を学ぶ。

    演習においては「設計・製図」「人体・動作」「平面・立体表現」といった多角的な側面から基礎的な技術を身につけ、講義においては多様な視点からデザインに関する幅広い知識を身につける。

    1. 3・4年次は応用を学ぶ。

    空間デザインコース(※1)、生活環境デザインコース(※2)、プロダクトデザインコース(※3)のそれぞれの分野で、より高度なデザイン表現を学ぶと共に、それらの背後にある理念や知識について学ぶ。
    (※1)空間デザインコース:私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考えるコースである。建築意匠、建築計画、建築構法など建物のデザイン、さらには都市計画、まちづくり、バリアフリーなど、人々を取り巻くすべての生活空間にまで視野を広げて、豊かな暮らしの環境を考えていく。
    (※2)生活環境デザインコース:私たちを取り巻く環境をさまざまな人の暮らしという視点で考えるコースである。住居学、福祉住環境計画、子ども環境、障害のある方のための道具のデザインなど、利用者の参加による使い手の顔が見える人間中心設計や、ユニバーサルデザインによる、生活者の視点に立ったデザインを学ぶ。
    (※3)プロダクトデザインコース:私たちを取り巻く環境を製品や情報という視点で考えるコースである。製品のデザイン、情報デザイン、インタラクションデザイン、メカトロニクスなど広い分野にわたって、「モノ」や「コト」のデザインから人々の暮らしを考えていく。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

人間環境デザイン学科では、身の回りの製品のデザインから、私たちの暮らしの基盤となるまちづくりまでの幅広い分野を対象に、当学科で得た知識や能力を生かして、私たちを取り巻く環境をより良いものに変えていくという意欲を持った、以下のような能力を備えた学生に対して卒業を認定し、学位を授ける。

  1. 一人の人から社会全体までの広い視野を持ち、デザインの第一線で活躍できる人材。
  2. デザインという世界の広がりと可能性に対して深い理解と造詣を持ち、デザインと社会とを繋ぐ役割を担う人材。
  3. 人の暮らしを尊重し、さらに豊かにしていく方策を、本学科で学んだ広い視野で考え、さまざまな領域で活躍できる人材。