学長メッセージ世界的な視点で柔軟に考え、自分の未来を切り拓く「グローバル人財」を育てます。

東洋大学 学長 竹村 牧男

現代社会は、絶対的な価値観が崩れ、一つの価値観を信じて生きていける時代ではなくなってしまいました。多様な文化や価値観が混在していることは、この時代の混迷に拍車をかけています。
こうした時代に求められるのは、世界的な視点で柔軟に考え、自分の未来を切り拓くことのできる「グローバル人財(人という財産)」です。
東洋大学では創立125周年にあたる2012年を機に「キャリア教育」と「国際化」、そしてその基盤となる「哲学教育」を教育の3本柱として、この「グローバル人財の育成」に取り組んでいます。

「哲学教育」では、創立者・井上円了の掲げた建学の精神をもと、全学生が哲学を学ぶことのできるカリキュラムを用意しました。同時に、全科目において「物事の本質に迫り、深く考える」=「哲学する」ことを取り入れることにより、自分なりのものの見方・考え方を身につけ、学生ひとり一人の課題を発見する力・判断する力等を養っていきます。

「キャリア教育」では、1年次から自己アピール力を磨くプログラムやオリエンテーションなどをスタートすることで、行動を伴う思考のトレーニングを積みます。また「グローバル・キャリア教育センター」を設置して、正課内外を通じて体系的にキャリア教育を学べるようにカリキュラムの改正を実施しました。国際社会で活躍するための各種講座も豊富に用意し、さらに海外インターンシップを推進しています。

さらに「国際化」では、留学ネットワークの拡大や海外インターンシップの充実はもちろん、TOEICの全学部・全学年受験(無料)や英語の特別教育科目「LEAP (Learning English for Academic Purposes)」などを通して学生の英語力の強化や国際感覚を育成しています。2013年度からは、英会話スクールと提携して学内で英会話が学べる「キャンパス英会話」を開講。学生が日常から英語に触れられるように環境を整えました。加えて英語で行われている授業をどの学部の希望者も履修可能とした「SCINE(サイン・・・学内留学)制度」を導入。留学前の勉強や留学後の英語力のスキル維持に授業を活用できるように、キャンパス内での国際化も促進しています。また、海外留学や海外ボランティアなど学生のグローバルや活動を支援する「海外留学促進奨学金」制度も設け、学生を強力に支援しています。

2012年に国際地域学部の取組みが文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」に採択されました。これを受け、今後はこのノウハウを全学部に波及させ、国際的通用力のある大学としてさらなる成長を目指します。

問題解決力・行動力、キャリアデザイン力、語学力や異文化を理解する力。東洋大学では時代や環境に左右されない、これらの「一生を、生き抜く力」を育てます。人間的に成長したい人、人のために役立ちたい人、そして国際的視野を身に付けたい人を広く歓迎します。

受験に役立つ最新情報を
メンバー登録で

入試イベントや過去問対策、出願登録まですべて