人間環境デザイン学科

使い手とともに生み出す新しいカタチ。

建築、生活機器、プロダクト。生活に関わる、あらゆる環境におけるユニバーサルデザインについて、ものづくりを通じて学びます。デザインの知識や技術を身につけるとともに、「すべての人に使いやすい環境」をデザインするため、人の営みを総合的に考える視点を養います。

学問の魅力

誰にでも使いやすいデザインを追求

「人間環境デザイン学」とは、人と生活に関わる環境について、誰にでも使いやすいデザインを追求する学問です。快適な暮らしをつくるデザインの本質を学び、建築やまちづくり、高齢者や障害者のためのデザイン、より快適な生活へと導く製品の創造など、「人を幸せにする」ためのデザインの知識や技術の習得はもちろん、使う人のことを考えるデザインへの姿勢を追求します。

学び方

3つのコースで専門的なスキルを修得

1・2年次には、建築やまちの分野とモノやコトの分野について、広範に学べる授業編成により、デザインに関する幅広い知識と基本的な技術を学びます。そして3・4年次には、私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考える「空間デザイン」、さまざまな人の暮らしという視点で考える「生活環境デザイン」、製品や情報という視点で考える「プロダクトデザイン」の3つの選択コースに分かれ、演習などを通して専門的なスキルを身につけます。全員が卒業研究・制作に取り組み、4年間の集大成として発表を行います。

空間デザインコース
私たちを取り巻く環境を建築やまちという視点で考えるコースです。建築意匠、建築計画、建築構法など建物のデザイン、さらには都市計画、まちづくり、バリアフリーなど、人々を取り巻くすべての生活空間にまで視野を広げて、豊かな暮らしの環境を考えていきます。
生活環境デザインコース
私たちを取り巻く環境をさまざまな人の暮らしという視点で考えるコースです。住居学、福祉住環境計画、子ども環境、障害のある方のための道具のデザインなど、利用者の参加による使い手の顔が見える人間中心設計や、ユニバーサルデザインによる、生活者の視点に立ったデザインを学びます。
プロダクトデザインコース
私たちを取り巻く環境を製品や情報という視点で考えるコースです。製品のデザイン、情報デザイン、インタラクションデザイン、メカトロニクスなど広い分野にわたって、「モノ」や「コト」のデザインから人々の暮らしを考えていきます。

4年間の学び

将来 即戦力となるデザインのスキルを磨く

広範囲な知識と高い実践力を養うことを目指し、デザイン演習を中心に置き、演習と講義を関連付けて、基礎からより高度な学習内容への円滑な移行を図ります。
1・2年次には基礎を学びます。演習においては「設計・製図」「人体・動作」「平面・立体表現」といった多角的な側面から基礎的な技術を身につけ、講義においては多様な視点からデザインに関する幅広い知識を身につけます。建築、生活機器、プロダクト等のデザインはもちろん、特に「ユニバーサルデザイン」については全国的にもトップレベルの内容が学べます。
3年次以降は「空間デザインコース」「生活環境デザインコース」「プロダクトデザインコース」という専門的な3つのコースに分かれ、より高度なデザイン表現を学ぶとともに、それらの背後にある理念や知識について学びます。一方的な教育ではなく、常に教員と学生が向き合いながら私たちを取り巻く環境について考えていくことで、学生は教員の多様な経験を直接学びながら、より専門性の高い知識やスキルを習得していきます。また、企業、地域、NPOなどと連携し、広い視野と先端の技術・デザインを学びます。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 948KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業制作・卒業論文のテーマ例(2016年度)

空間コース

卒業制作

  • 門前百景
  • 廃墟と化し、都市と化す シンクロするつくばセンタービルと筑波研究学園都市
  • 日本の腐心Face to the gambling addiction

卒業研究

  • 伝統工法の要素を用いた現代木造軸組構法住宅の実態に関する研究
  • 女性の視点から考える重要文化的景観選定後の集落の可能性

生活環境コース

卒業制作

  • MUSEUM NANA 親子の美術鑑賞行動調査に基づく美術館の提案
  • 組立式仮設おむつ替え台の制作
  • 折りたためる模型

卒業研究

  • 幼少期の思い出に着目した人格形成に及ぼす環境要因に関する考察
  • 無料塾の実態把握と今後の課題に関する研究

プロダクトコース

卒業制作

  • TRIKURURI ストレスフリーな商業用傘立て
  • ウォーキングの効果を高めるインソール 3点歩行を促す
  • シティチャージにより生まれる新しい行動の提案
  • 大切なヘッドフォンを綺麗に収納するためのプロダクト project float
  • Moist Frame 自然の力で加湿する自然気化式の加湿器

学びの取り組み

総合的なデザイン教育体制

本学科では、全国のデザイン教育機関の中でも先進的な考えのもとに、プロダクトデザイン、生活機器デザインから建築デザイン、都市デザインまでを網羅した総合的な教育体制を築いています。
また、その総合的なデザイン教育の軸としてユニバーサルデザイン(UD)を中心に据え、使い手を中心にしたデザインの考え方や住民参加のまちづくりなど多岐にわたる分野まで総合的に網羅し、自治体などとも協働した実践的な教育を展開しています。

実験工房・制作工房における演習教育の充実

本学科は、最新のデジタルファブリケーション機器(3Dプリンターやレーザーカッター等)や各種工作機械が充実した実験工房棟や制作工房を有し、正規の演習だけでなく学生の自主的な創作活動においても自由に活用できる体制を用意しています。実験工房棟には各種工作機械の操作や、印刷技術、撮影機器などに精通した技術員が年間を通して常駐しており、夏期休暇中なども含め常に学生の創作活動に関する相談に応じ、指導できる体制が整っています。また、専任教員が直接設計に関与した実験工房棟および制作工房には、2年生から4年生までの全学生に割り当てられた個人用の机(座席)が用意され、学生は自由に活用することができます。本学科では1年生から4年生まで、常に演習授業が用意されており、実際に創る作業を体験することにより実践的なデザイン教育を展開しています。

デザインスキルアップへの支援体制の充実

学部共通で情報教育に使用されるPC教室に加え、各種デザイン用のアプリケーションを充実させた学科専用のコンピュータを多数設置し、学生が自由に使用できる環境を整えています。
また毎年のコース合宿や国内外の研究者・実務家を招いたデザイン未来塾などの課外カリキュラムの充実、大学祭での「人環展」や「建築合宿」などにおける学生の自主活動の展開、およびそれに対する支援教育の展開など、デザインスキルアップに向けた支援体制も充実しています。