経済学科

経済の「いま」と「原理」。

最先端の経済理論と、実社会で起きている経済現象を学びながら、経済政策や関連する制度についての専門知識を身につけます。「理論」「実証」「政策」の3つに重点を置いて学びを深めます。総合的な視点で現代の経済が抱える問題を理解し、解決しうる人財を目指します。

学問の魅力

経済活動の原理を追究し、実際の現象から学ぶ

「経済学」とは、人間の経済活動の原理を探り、その原理を定めようとする学問です。「万物の原理を探り、その原理を定める学問」という井上円了が目指した哲学にも通じると同時に、現代の日本に不可欠な学問です。
「経済学」では、金融や経済の専門的な知識とそれに基づく論理的思考力、そして客観的情報に基づく総合的判断力が必要とされます。理論を学ぶだけではなく実際の現象を検証するため、実践的な要素が強いという特徴があります。それが「経済学」の学びの醍醐味でもあります。

学び方

少人数ゼミナールで、広く深く学ぶ

経済学科では、経済の理論と実証を徹底的に学びます。
1年次から少人数ゼミナールが始まり、個人報告やディベート大会の実施等を通じて、コミュニケーション力、論理的思考力、総合的判断力を養います。合わせて大学生としての基礎的な土台づくりを行い、2年次以降は専門的研究を体系的に深めていきます。
そして4年次には、専門的学習の集大成として卒業論文をまとめ上げます。また、経済を理解する上で欠かせない歴史や文化への理解も深め、多種多様な問題意識と総合的な視野を育みます。

4年間の学び

理論と実証を中心に学び経済学の基礎を習得

経済学の基礎の確実な修得を目指して、理論分析と実証分析を中心にカリキュラムを編成しています。また、学生一人ひとりの学びの目標に応えられるよう、他学科の選択科目を多数設置しています。専門科目以外にも目を向け、興味や関心の幅を広げることを可能にしています。
1年次から4年次までのゼミナールでは、学生各自の個性を尊重し、少人数制で体系的学習環境を整えています。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 1.0MB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業論文のテーマ例

  • コンテンツ産業は日本経済を牽引できるか
  • 不動産バブルのマクロ的比較分析
  • プロスポーツにおける人事・雇用制度
  • 現金決済と貨幣供給の「見えないコスト」
  • バイオマスエネルギーと食料の競合
  • 財政再建に法的拘束力は必要か
  • 所得が教育に与える影響

学びの取り組み

フレッシュマン・アセンブリー

ゼミ対抗スタンプラリー

第1部経済学科では、毎年4月に1年次必修ゼミ(「ゼミナールⅠA」)での新入生歓迎行事として、フレッシュマン・アセンブリーを開催しています。
このフレッシュマン・アセンブリーでは、新入生間の交流を深めてもらうため、白山経済学会※経済学科支部の企画・実施により、「ゼミ対抗スタンプラリー」を実施しています。
ゼミ対抗スタンプラリーは、問題の解答タイムを競うゲームです。ゼミナールごとのチームに分かれ、まずチェックポイントを特定するための問題を解きます。チェックポイントを特定できたらその場所へ行き、配置してある最終問題を持って帰ってきます。ゼミナールのチームすべてが最終問題を正解したらクリアとなります。各問題を解くには、チームで知恵を出し合い、お互いの協力が欠かせません。
当日は各チームに問題が入った封筒が配られ、MCの「スタート!」の掛け声と同時にスタンプラリーが始まります。キャンパスマップを片手に、知恵を絞りながら、一生懸命問題を解く姿があちこちで見られます。終了後は表彰式が行われ、優勝したチームには図書カードなどの賞品が贈られます。会場は大きな盛り上がりを見せ、ゲームを通じてすっかり親しくなった新入生間で楽しそうに話す姿が印象的です。

「白山経済学会」は、経済学部第1部のゼミナール活動の支援を目的とした、学生・教員との共同組織です。

ゼミナールⅠでの活動

ゼミナールⅠAでは、学生間の親睦を深めることと同時に、
①大学生としての学習方法を理解し実行できる
②基礎的なレポートや論文を作成できる
③プレゼンテーションスキルを習得できる
という3点を授業の到達目標としています。
授業は4か月にわたって①から③へと段階的に進むことで、大学での学びのスキルを身につけていきます。そして、すべての受講生が数回のレポート作成を行った上で、各自のテーマに基づいた小論文を作成します。
授業最終日には、全8コースで選出された優秀レポートについて、対抗形式の「論文発表会」が開催されます。発表会では論文執筆者がプレゼンテーションを行い、最優秀レポートを受講生と担当教員で選出します。同じ年代の優秀レポートの発表を評価することは、受講生にとって向学心を刺激される貴重な経験となっています。

ゼミナールⅠAでの発表

演習とSA(教育補助員)

経済学を学ぶためには、論理的に考える力と数学的なリテラシーは必須ですが、経済学科に入学する人は多様化しており、あらかじめこの2点を満たしている学生だけが経済学を学ぶわけではありません。そこで、講義と演習をモジュール科目のように組み合わせることで、経済学の基礎科目への理解度を高めることを目指しています。
最近の大学教育では、思考力を育てる能動的学習としてアクティブ・ラーニングが注目されていますが、経済学科の演習は、「講義で得た知識を活用して学生自ら考える」という点で、アクティブ・ラーニングのひとつの形ととらえることができます。
演習の各コースは、教員1人と数人の学生アシスタント(SA)が担当することで、 face to face な教育を実現しています。上級生のSAが下級生を教えることによって、問題演習、学力別クラスとともに、「高いレベルの教育」と「理解度不足な人への十分なサポート」を両立させています。また、演習を担当するSAの成績も相対的に上昇するという効果も見られ、これも演習の持つ教育効果の1つと考えられます。

授業の様子
授業終了後のミーティング