総合情報学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

総合情報学部では、本学部の卒業の認定及び学位授与に関する方針に基づいて編成された教育を受けることができる者として、文系・理系・制作系といった出身を問わず、以下に記した知識・技能、思考力・判断力、表現力等の能力、態度を持つ者を広く受け入れます。

  1. 文系出身者は文系科目を修得し、理系出身者は理系科目を修得し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  2. 人間・社会に対して強い興味や関心を持ち、幅広い教養を備え、実践において必要となる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を有している。
  3. 物事を多面的かつ論理的に考察し、自分の考えをまとめ、他者に的確に伝える、これらに必要とされる思考力・判断力、表現力を有している。
  4. 学部の特徴を理解し、「社会、情報、メディア、心理、スポーツ」などに興味を持ち、それらを学部の勉学を通じて探求し、修得した専門知識や専門スキルを活用して社会に貢献しようという意欲を持ち、積極的に本学部で学ぼうという態度を有している。
  5. 文系と理系の枠を超えた様々な領域において、「情報」を用いて問題解決する上で必要な情報活用の技能を有している、あるいは情報活用の技能の修得を目的として、積極的に本学部で学ぼうという態度を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

総合情報学科では、現代社会の基盤の1つである情報通信技術(ICT)を、文系・理系の枠組みを超えた様々な分野で利活用するための高度な知識力、判断力、技術力を養うことを目標とし、教育課程を学科共通と下記の3コース

  1. 「システム開発・管理・運営」領域を基軸とするシステム情報コース
  2. 「心理・スポーツ分野における実践と分析」領域を基軸とする心理・スポーツ情報コース
  3. 「コンテンツ作成・表現」領域を基軸とするメディア文化コース

から構成します。学生には1つのコースを主幹コースとして選択させ、各専門領域の教育を行います。

【共通】
  1. ICTの基礎知識を養う教育を行います。
  2. マネジメント・企画等の企業経営を養う教育を行います。
  3. 社会人として備えておくべき社会性・感性・創造力やグループによる活動を養う教育を行います。
  4. 社会調査の知識や技術を養う教育を行います。
  5. 国際化に対応したコミュニケーション能力を伸ばすために、4年一貫の英語教育を行います。
【システム情報コース】

システム情報コースでは、以下の方針に沿って教育課程を編成しています。

  1. ICTを活用したシステムを「提供する側」および「利用する側」双方の能力を持ち合わせた人材を育てる教育を行います。
  2. ICTを活用したシステムを「提供する側」の視点から、システム・ソフトウェア開発能力やシステム管理・運営能力を養う教育を行います。
  3. ICTを活用したシステムを「利用する側」の視点から、組織マネジメント能力、経営・財務マネジメント能力、製品・サービス企画能力を養う教育を行います。
【心理・スポーツ情報コース】

心理・スポーツ情報コースでは、以下の方針に沿って教育課程を編成しています。

  1. 心理を中心にカウンセリングや心理実験に加えて、ITカウンセリング・メンタルトレーニングなど、IT技術を駆使した心理とITの融合領域の教育を行います。
  2. ICTを活用し、運動する身体やゲーム中のプレイヤーの動きを測定・解析し、科学的に理解・説明する能力を養う教育を行います。
  3. パーソナルトレーナーやメンタルトレーニングの能力を身につけ、それらに関する資格の取得を目標とします。
【メディア文化コース】

メディア文化コースでは、以下の方針に沿って教育課程を編成しています。

  1. ICTを活用するシステムを利用したコンテンツの創り手・使い手として、基礎知識から応用技術までを持ち合わせた人材を育てる教育を行います。
  2. コンピュータを用いて様々な現象を視覚的に表現する能力や、多様なメディアコンテンツやアプリケーションを自在に作成する能力を養う教育を行います。
  3. 文理双方の不足を補いつつ、人の営みを多面的に捉える能力を養う教育を行います。また、哲学・倫理・芸術・文化・歴史・社会を広く学び、時代と社会の変化・多様化に対応できる柔軟な知性と教養、社会性を養う教育を行います。

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定及び学位授与に関する方針)

総合情報学科では、下記の能力を備えた学生に学士(情報学)を授与し、卒業を認めます。

  1. 情報通信技術の学問内容及び活用方法を理解する能力
  2. マネジメント・企画等の企業経営の学問内容及び活用方法を理解する能力
  3. 様々な人間の営みと情報との関係について、自律的に問題の所在を発見し、工学・社会科学・人文科学等多面的かつ論理的に分析する能力
  4. 自分の役割を自覚し情報通信技術の知識を実践へと高める能力
  5. 社会の諸問題に情報通信技術を寄与できる能力
  6. 他者と有効にコミュニケーションと協業ができる能力
ß