東洋大学の特長

東洋大学のいまを7つのポイントで紹介

諸学の基礎は哲学にあり──。哲学者・井上円了が東洋大学の前身、私立哲学館を創立してから130余年。私たちは大きな変化の時代の只中にいます。
東洋大学は、歴史ある総合大学として、「本質に迫って深く考える」姿勢を重んじた円了の精神を受け継ぎ、広い視野で主体的に課題解決に挑むことのできる人材の育成を目指しています。

SDGs達成に向けた研究・教育

創立時より「社会教育」と「開かれた大学」を目指してきた東洋大学。キャンパスには海外からの学生や教職員、働きながら研鑽をつむ学生など、多様な学生が日々奮闘努力しています。
また、総合大学として、それぞれの専門性を生かして、SDGs達成に向けた教育や研究、情報発信に取り組んでいます。

DXで教育の質をさらに高く

2021年、入学から卒業までの教育情報のデータ統合とAI解析結果の最適活用などを含む「東洋大学教育DX推進基本計画」を策定。この取り組みが、文部科学省の補助事業「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」として「取り組み①:学業者本位の教育の実現」に採択されました。(採択校44校のうち私立22校)
今後、デジタル技術をさらに活用することによって、学生一人ひとりの視点に立った、より質の高い教育活動支援の実現を目指します。

スーパーグローバル大学として

世界50の国・地域から1,619名(2020年5月時点)もの外国人留学生が集い学んでいます。地球規模の課題に「アジアのハブ大学」としての使命を果たすべく、異なる価値観や多様な思考を受容し、教育・研究を通じて新たなイノベーションを実現していくことを目指しています。

約2万件もの求人と、97.6%の就職実績

130余年の歴史と34万人以上の卒業生が積み上げてきた実績が、キャリア形成や就職活動を強力にサポートします。毎年5,000以上の企業から20,000件以上もの求人が寄せられていることもその一つ。2021年3月卒業生の就職率は97.6%(第1部)と、安定した高い実績をあげています。4年間を通して、学生一人ひとりに合わせたきめ細かい支援体制を全学で整えています。

日本最大規模の「第2部・イブニングコース(夜)」

夕方から授業が始まる「第2部・イブニングコース(夜)」は、6学部8学科で定員710名(2022年度入学生)と、日本の大学では最大規模。いま、国内の私立大学夜間部に通っている学生のうち、実に約26%が東洋大学で学んでいることになります。
第2部・イブニングコース(夜)では、納付金(学費等)を低額に抑え、独自の奨学金も拡充するなど、経済的な負担をできる限り軽減できる支援体制を整えています。
さらに、大学内の事務局などで働きながら夜間に学ぶことを前提にして奨学金が給付される入試制度「『独立自活』支援推薦入試」もあります。

教育・研究を支えているキャンパス

白山(東京都文京区)、赤羽台(東京都北区)、川越(埼玉県川越市)、板倉(群馬県板倉町)に4つのキャンパスを構えており、いずれも学びや研究と連結した最新の設備環境を整えています。

2023年4月には、福祉・健康・スポーツ科学に関わる2学部5学科を赤羽台キャンパスに開設。
さらに翌2024年には、「いのちの食のキャンパス」として生命科学・食環境科学の2学部6学科を、板倉キャンパスから池袋にほど近い朝霞キャンパス(埼玉県朝霞市)に集約する予定です。※設置構想中

2023年竣工予定のHELSPO HUB-3の外観パース赤羽台3期緑道赤羽駅方面
©浅古 陽介
2024年4月完成予定の朝霞キャンパス外観パース
©株式会社石本建築事務所

クラブ・サークル

スポーツ系から文化系まで、多種多様なクラブやサークルが熱心に活動しています。日本のトップレベルの選手が活動するクラブから、初心者歓迎のクラブまで、取り組み方も実に様々。大学生活ならではの貴重な思い出を作ることのできる場となっています。

コロナ禍でも学びは止まらない

「東洋大学新型コロナウイルス感染症対策委員会」を設置し、全ての学生の学びを止めないためのさまざまな方策を検討しています。また、経済的に困窮している学生のために、本学独自の給付型奨学金を創設するなど、一人ひとりに寄り添い学びの継続を支援しています。