第2部・イブニングコース(夜)

「学びたい意欲」に応える、日本最大規模の夜間の学び場

働きながら学びたい、あなたのために

専門的な学びを通して可能性を広げたい、夢に向かって学び直したい──。そんな高い志に応えるべく、東洋大学では、日本最大規模の6学部8学科、定員710名の「第2部・イブニングコース(夜)」を設置しています。
アクセスの良好な白山キャンパス(東京都文京区)での授業は、夕方18時15分からスタート。無理なく4年間通い続けられるよう、カリキュラムにもさまざまな工夫がなされています。また、納付金(学費等)を低額に抑え、独自の奨学金も拡充するなど、経済的な負担をできる限り軽減できる支援体制を整えています。

幅広い学びの選択肢と
質の高い授業が好評

第2部・イブニングコース(夜)では、文学から経済学、経営学、法学、社会学、国際関係学まで、総合大学ならではの幅広い学びを提供しています。
入学定員は710名と日本最大規模。幅広いバックグラウンドを持った学生が、ともに学んだり、クラブ・サークル活動などの課題活動に参加することで、互いに刺激を受けています。第2部・イブニングコース(夜)全ての学生が白山キャンパスで学ぶため、学部・学科の枠を超えた交流も盛んです。

東洋大学が第2部・イブニングコース(夜)を
守りつづける理由

東洋大学は、1887(明治20)年、「余資なく、優暇なき者のために教育の機会を」という井上円了の考えのもと設立されました。庶民への教育がまだ一般的ではなかった時代に、資産や時間に余裕のない人にも学びの門を開いたこの精神が、130余年を経たいまもなお大切に受け継がれています。
全国各地の大学で夜間部が次々と姿を消していく中、第2部・イブニングコース(夜) という学びの場を大切に守り続けていること、そして今日も多くの学生が集い学びを深めていていることは、東洋大学の誇りです。

経済的な負担軽減のため
納付金(学費等)は低額に

第2部・イブニングコース(夜)の納付金(学費等)は、初年度納入金が計715,000円。さらに2年次以降は535,000円と、第1部の納付金(学費等)の約6割に抑えられています。
さらに、一人ひとりの学生が安心して勉学に打ち込めるよう、大学独自の奨学金も充実しており、経済的負担をできる限り軽減できる支援体制を整えています。

昼間は大学事務局で働き、夜間は授業
「独立自活」支援推薦入試

東洋大学では、第2部・イブニングコース(夜)を第一志望とする受験生を対象に、「『独立自活』支援推薦入試」を実施しています。これは、白山キャンパス内の大学事務局などで働きながら、夜間に学ぶことを前提とした入試制度です。入学後は、授業料等の半額を奨学金(支給)で、残りの半額を大学からの給与によって賄うことができます。
なお、「独立自活」とは、「時代に流されることなく自主的・主体的に行動し自ら立つ」ことを意味する東洋大学の建学の精神の一つです。

主要エリアから20〜30分以内
アクセス良好な都心型キャンパスで4年間

白山キャンパスは都営三田線「白山駅」、東京メトロ「本駒込駅」から徒歩5分。御茶ノ水や飯田橋を始め、渋谷、新宿、池袋、上野など都内主要エリアからのアクセスも良好です。第2部・イブニングコース(夜)の学生は、無理なく4年間通い続けることができます。

就職・キャリア支援体制

業界企業研究セミナーや公務員対策講座などの「キャリア形成支援プログラム」も充実しています。第2部・イブニングコース(夜)では、第1部と同じプログラムを提供し、学生を支援しています。
第2部・イブニングコース(夜)を2021年3月に卒業した学生の就職率は95.1%。高い就職率を達成しました。

学生たちの声

第2部・イブニングコース(夜)の大学生活とは。在学生たちが大学での学びや夢を語ります。