フードデータサイエンス学科

データで、新たな食の可能性を開く。

こんな資格がめざせます

  • 基本情報技術者
  • Python3 エンジニア認定基礎
  • Python3 エンジニア認定データ分析
  • 社会調査士
  • 統計調査士
  • 専門統計調査士
  • 統計検定
  • フードコーディネーター
  • 簿記検定

こちらは最新の予定になり、今後変更する場合があります。

活躍できるフィールド

食に関する専門的知識を幅広く身につけ、実践的データ分析をもって、食を取り巻く多様な問題を紐解き、人々が健康に共生できる新たな「食の未来」を創造する能力を身につけた人材・フードデータサイエンスティストとして活躍できます。

食品に関わる幅広い企業・団体で活躍できます。

  • 食品企業
  • マーケティングリサーチ会社
  • IT 企業
  • 金融機関
  • 製薬会社

その他農業分野に関連する企業、公務員、教員、大学院進学などが進路として想定されます。

食品に関わる企業・団体の幅広い職種・分野で活躍できます。

データサイエンティストとして企業の情報管理・システムエンジニア・データ分析・マーケティング設計・商品開発など幅広い分野で活躍できます。
食品に関する経済学・経営学のスペシャリストとして、営業・マーケティング・商品開発・経営管理など幅広い分野で活躍できます。

身につく主な社会人基礎力

  • 創造力
  • 発信力
  • 課題発見力

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です

キャリアの取り組み

キャリアに関するカリキュラム

「社会科学の基礎」、「食の温故知新」、「食の学際領域」を総合的に学ぶことで、幅広いキャリアにつながるカリキュラム設計を行っています。
高度な情報リテラシーの習得で、社会のニーズに対応できる能力が高い人材を育成し、食に関するデータサイエンティストとしてのキャリアパス、食品企業におけるマーケティング、経済、経営のスペシャリストとしてのキャリアパスなど多様な専門教育によるキャリア設計の支援を行います。
「フードデータサイエンス特別講義」では講師として実務者にも参加してもらい、習得した技術がどのように生かされるかを学び、キャリア選択の支援を行います。

資格など

フードコーディネーター、基本情報技術者、Python 3 エンジニア認定、社会調査士、統計調査士、専門統計調査士、統計検定など食、データサイエンスに関する資格、認定の取得を支援するカリキュラムになっています。