日本文学文化学科 イブニングコース

むかし、いま、みらいの「わたし」。

「世界から日本を見る」という観点から、比較を通して日本を再発見し、その伝統を現代的視点で捉え直します。着実に専門性を高め、日本の文学文化の新たな可能性とグローバルな価値を創造する力を育みます。第1部の科目も学べる、柔軟なシステムを採用しています。

学問の魅力

国際的な視野で「日本を知る!」

日本の文学や文化を知るには、日本だけを見ていては分からないことがあります。世界に視野を広げ、そこから照らし出された日本を知ることも大切です。世界から日本を見る「眼」を育て、本当の日本のよさを知り、主体的に発信できる日本人=国際人になりましょう。

学び方

1部と2部の科目、両方を聴講できます。

第1部と第2部の両方に設置してある科目については、一定の科目数の範囲内で、どちらの時間の授業でも聴講できます。自分のスケジュールに合わせた履修スタイルが可能です。

グローバル化への対応

質の高い専門科目を履修し真のグローバル化に対応

国際化、異文化理解への対応として、世界の中の日本文学文化という視点に立つ比較文学文化の専門科目を選択必修として配置しています。合わせて日本文学文化の基礎を着実に学べる質の高い専門科目を体系的に配置し、それらを横断的に幅広く履修できるようにすることで、真のグローバル化に対応します。また、セメスター制の導入により、海外留学にも対応しやすくなっています。
さらに日本語・日本文化を研究している海外の研究者による特別授業や講演会も、授業の中に組み込んでいます。

4年間の学び

第1部と同様、4つの専攻分野を横断的に学ぶ

第1部とほぼ同様のカリキュラムを採用しています。自国の文化を客観的にとらえ、国際的に通用する日本人としてのアイデンティティの確立を目指します。
1年次には幅広く、2年次からは「日本語学」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の4分野から、卒業論文執筆につながる専門分野を選択し、深く学んでいきます。なお、1年次からゼミを履修できるのも大きな特徴です。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 393KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

新カリキュラムの特徴

ゼミナール科目の単位を半期2単位として重視し、日本語学・古典文学文化・近現代文学文化・比較文学文化の諸分野について、幅広く、かつ深く学ぶことができます。

卒業論文のテーマ例

  • 『伊勢物語』研究
  • 万葉歌における心情表現
  • 『南総里見八犬伝』研究
  • 江戸時代のオノマトペ研究
  • 太宰文学にみる女性観
  • 『杜子春』研究
  • 萩原朔太郎研究
  • 短編小説の構造分析
  • トールキン『指輪物語』研究
  • 対人把握の限度行動 など

学びの取り組み

東洋大学書展

毎年1月初旬に、文京区シビックセンターにおいて「東洋大学書展」を開催しています。37年間続けられてきたこの書展は、日本文学文化学科の教職科目として開講している書道の1年間の授業成果を披露する場です。1部生および2部生が受講している書道実技のクラスの中から、120人あまりが参加しています。
創立者の井上圓了先生は、日本全国を訪ね講演会を開催した際に、多くの書道の作品を書き残してきました。その学祖の精神と志を受け継ぎ、書道の授業では作品制作を行い、発表の場を設けてきました。書道の基礎学習とともに、日本の伝統文化として各時代に書き残されてきた作品をヒントに観賞できる書を目指して、漢字・かな・調和体・大和絵といった作品を制作、発表しています。
書展開催時には、出品学生の家族や関係者はもとより、多数の方々が訪れ会場はにぎわいます。