日本文学文化学科

むかし、いま、みらいの「わたし」。

日本の文学や文化を、グローバルな視点から考察し理解を深めて、その内容を世界に向けて発信できる人財を目指します。少人数制のゼミナールを中心にした学びで専門性を高めるとともに、関心に応じて複数の専門分野を横断的に学べるカリキュラムが特徴です。

学問の魅力

今まで気づかなかった日本や日本人の魅力を発見

日本や日本人のあり方が厳しく問われる国際化社会において、閉鎖的な日本文化論に陥ることなく、グローバルな視点で日本を考察できる力が求められています。
その力を得るためには、日本文化の伝統を踏まえつつ、それを今の時代でとらえ直すこと、さらに海外の文化と比較研究していくことも不可欠となってきます。
さまざまな観点から文化理解を深めていくことを通して、今まで気がつかなかった日本や日本人の魅力を発見できるはずです。

学び方

比較をすることで、柔軟な思考力を養う

日本文学文化学科では、「日本語学」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の4つの専門分野を設けています。
1年次には、4つの分野を幅広く学ぶことで今後の研究の基礎を固め、徐々に専門性を高めていきます。
また、1〜4年次までの少人数制の「ゼミナール」を中心に、選択必修科目や選択科目が多数設けてあり、自分の興味や関心に応じて、古典と近代文学を関連づけるといった具合に、分野間を自由に横断して履修することもできます。常に「比較」する意識を持って学ぶことを通して、柔軟な思考力を養います。

グローバル化への対応

日本を知ることがグローバル化への第一歩

日本をよく知り、自国の文学文化を語れることこそが、グローバル化につながります。
日本文学・文化についてより正確な知識を身につけ、語り、海外に発信できるその意識を育てます。

平成28年度 グローバルプロジェクト講演会

海外の研究機関等で活躍する日本文学文化研究者を招いて、講演や特別講義を実施しています。
第1回(6/3)「国際交流とコミュニケーション力」(前ポーランド全権大使、山中誠氏)
第2回(7/18)「「キャラ語」、「役割語」と欧米の言語思想」(スロヴェニア・リュブリャーナ大学教授、アンドレイ・ベケシュ氏)
第3回(9/23)「知と歴史~Wissen und Geschichte~」(ドイツ・カイザースラウテルン工科大学教授、ヴォルフガング・ノイザー氏)
第4回(10/7)「10年後の働き方~世界のIT勢力図から読み説く~」(東洋経済新報社「週刊東洋経済」編集部、前田佳子氏(本学国文学科OG))
この他にも、講演会が第7回まで行われました。

平成29年度 文学部グローバルプロジェクト講演会(日本文学文化学科主幹)

第3回(11/21)「「東洋の魔女」のメディア表象―東京オリンピック論」(青山学院大学准教授、イヴォナ・メルクレイン氏)
第5回(12/7)「日中比較言語―言語から見た中国事情―」(華中科技大学外国語学院専任教師、曽誠氏)
第7回(1/22)「世界に舞う、能役者Reijiro Tsumuraの挑戦」(観世流重要無形文化財総合指定、津村禮次郎氏)

海外大学への学生派遣を実施

平成26年度、日本文学文化学科の三宅和子教授によるスロベニア・リュブリャーナ大学の学生派遣実施が行われました(平成27年3月)。

4年間の学び

専門分野の横断で総合的な学びを

日本文学文化学科では2年次から、「日本語学」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の4つの分野のいずれかのゼミナールを中心にしながら学び、自分の専門分野を見きわめていきます。
ただし、専門分野間は自由に横断できるようになっているので、専門性を深めつつ、日本文学文化を総合的に学習することができます。

日本語学分野

江戸以前の古典語から、明治以降の現代語にいたる日本語のあり方を学びます。
また、言語学の基礎を踏まえながら他言語との比較を行い、日本語の未来を模索します。

古典文学文化分野

古代から近世まで、古典の奥深さを学びます。
取り扱うのは物語、歌謡、和歌、連歌俳諧、漢詩文、日記、紀行、神話、芸能、評論など、多岐にわたります。

近現代文学文化分野

明治以降の日本文学作品や文化事象を多様な方法論で分析・考察し、文学の特質や作家の本質をつかみます。
同時に、作品当時の時代性や思想性についても考察していきます。

比較文学文化分野

「比較」の概念や理論を学び、日本を相対化する姿勢を確立していきます。
さまざまな異文化を理解し、国際社会における日本文学文化の意義や可能性を探ります。

卒業論文のテーマ例

  • 『源氏物語』研究
  • 松尾芭蕉研究
  • 万葉の心
  • 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』論
  • 坂口安吾研究
  • マンガの言語手法
  • 挨拶ことばの研究
  • 日中説話比較研究
  • 村上春樹研究

学びの取り組み

東洋大学書展

毎年1月初旬に、文京区シビックセンターにおいて「東洋大学書展」を開催しています。41年間続けられてきたこの書展は、日本文学文化学科の教職科目として開講している書道の1年間の授業成果を披露する場です。1部生および2部生が受講している書道実技のクラスの中から、85人あまりが参加しています。
創立者の井上圓了先生は、日本全国を訪ね講演会を開催した際に、多くの書道の作品を書き残してきました。その学祖の精神と志を受け継ぎ、書道の授業では作品制作を行い、発表の場を設けてきました。書道の基礎学習とともに、日本の伝統文化として各時代に書き残されてきた作品をヒントに観賞できる書作品を目指して、漢字・かな・調和体・東洋大学主催の現代百人一首を書くといった作品を制作、発表しています。
書展開催時には、出品学生の家族や関係者はもとより、多数の方々が訪れ会場はにぎわいます。

初年次ゼミナール・実践基礎ゼミナール

本学科では初年次教育として、担任制度によって「初年次ゼミナール」と「実践基礎ゼミナール」が行われています。
初年次教育ではグループ学習やアクティブラーニングの手法も取り入れ、コミュニケーション力やプレゼンテーション・スキルを磨くこと、図書館情報検索や図書館との連携によるゼミナール指導を丁寧に行います。それによって学生の調査能力を育成するとともに、高等学校から大学への移行支援に積極的に取り組んでいます。学生には常日頃から、学習支援室の利用や共同研究室でのTA指導をすすめています。
2年次・3年次も同様に、各専門科目の理解を深めます。さらに3年次秋学期より卒業論文指導会を全体会で行うことで、アカデミック・スキルを身につけ、充実した学びのステップアップを図っています。