東洋思想文化学科

東西の邂逅、その歴史と未来。
人は出会う。文化は溶け合う。
東洋を学ぶと、世界が見える。

東洋の歴史の中で培われた思想や文化を広く学ぶとともに、それぞれの興味に応じた4つのコース(「インド思想」「中国語・中国哲学文学」「仏教思想」「東洋芸術文化」)で専門性を高めます。世界を見渡す広い視野と、自らを見つめる力を養い、豊かな教養と国際性を備えた人財を目指します。

学問の魅力

世界的な広がりをもつ東洋の思想・文化を理解する

19世紀のドイツの地理学者リヒトホーフェンは、ユーラシア大陸を横断する古代の交通路をシルクロードと名付けました。彼の弟子であったスウェン・へディンは、その道を踏破してかつてのオアシス都市楼蘭を発見し、同じ頃の敦煌文書の発見とともに、ヨーロッパの目がアジアに向かう契機を作りました。
このように、インド・中国・日本を結ぶ「東洋学」という考え方は、単に地理的な西洋に対する東洋ではなく、中央アジアを軸とする「歴史的な文化交渉」を明らかにする中から生まれました。東洋の思想・文化は、世界的な広がりをもつのです。

学び方

4つのコースで専門的に学ぶ

1年次はほぼ共通の科目を学びますが、2年次からは「インド思想」「中国語・中国哲学文学」「仏教思想」「東洋芸術文化」の4つのコースに分かれて、コースごとに専門科目を履修します。コースによって学ぶ言語や取得できる教職資格も違うため、コース選択に際しては、しっかりと目的意識をもつことが重要です。
また、各コースの催し物などを通じて、1年生から4年生まで4つのコースを横断した友情の輪が広がります。さらに、異文化理解に不可欠な語学学習にも力を入れており、英語や中国語などの語学力を生かして国際社会で活躍できる、豊かな教養と国際性を備えた人材を育成します。

グローバル化への対応

  • 中国語は1年次から3コマ必修と、充実したカリキュラムでグローバル時代に即した語学教育を行います。2年次からは、「読み」「書く」「話す」「聴く」の4つの力に特化した科目をそれぞれ開設し、実践的語学教育を実施します。
  • 外国語科目として、インドの公用語であるヒンディー語を開講しています。授業では特に「読み」「書く」「話す」「聴く」の4つの力を総合的に養うような工夫がなされています。

4年間の学び

幅広く、しかも専門的に学べるカリキュラム

本学科では東洋の思想や文化を幅広く学ぶとともに、4つのコースに分かれて、より専門的に学ぶことができます。世界を見渡す広い視野と、自分自身を深く見つめる眼力を養います。異文化理解に不可欠な語学学習にも力を入れています。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 315KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業論文のテーマ例

  • 呂赫若の描く「近代」と「伝統」
  • 新しい戦争と孟子の義戦
  • 『史記』に見る司馬遷の批評精神
  • 『ヴァイシェーシカスートラ』における運動論
  • 仏教における女性観について
  • 古代インド仏教美術の展開について

学びの取り組み

新入生研修バス旅行

本学科では新入生に対し、入学直後の4月中旬に課外活動として、教員・学生間の相互親睦を兼ねた研修旅行を行っています。原則全員参加の日帰りバス旅行で、東京近郊の東アジアの思想文化に関わる史跡・文化財などを訪ね、東洋の文化に直に触れることを目的としています。この研修旅行は、本学科の教育の特色のひとつである「身体で異文化に触れる」という教育目標に基づく行事です。
今年度は4月26日(日)に、栃木県足利市の鑁阿寺と足利学校を訪れました。鑁阿寺は、源姓足利氏二代目の足利義兼が建久7年(1196年)に創建した寺で、境内には重要文化財の本堂や一切経堂など貴重な建物が多く存在しています。また、足利学校は日本最古の学校とされ、儒教の経典である五経の古い版本や、中国で滅んだ皇侃『論語義疏』を所蔵していることでも有名です。新入生たちには「入学早々、身近にある仏教・儒教文化にじかに触れる貴重な経験ができた」と、大変好評でした。

東洋思想文化を実践しよう! 実技講義科目のススメ

インド・中国などでは思想や文化がたくさんの書物に書き記されていますが、書物だけでなく実際の体験も重要な文化として伝えられています。本学科では、「ヨーガ」「坐禅」「写経」「インド舞踊」「仏教の芸能」「日本の宗教を歩く」といった多彩な実技講義科目を設置しています。これらの科目では、その専門分野で活躍する先生方を講師に迎え、実際にヨーガやインドの伝統舞踊、また日本人にもなじみの深い坐禅や写経等を実践したり、日本の宗教文化に関わる施設を見学したりすることを通じて、生きた文化を学びます。さらに実践と同時に、その思想的背景に関しても講義も行われ、各々の文化をより深く理解できるような授業内容となっています。
背景を学んだ上で実際に身体を動かしてみる。このような授業は他大学の関連分野の学科では見られない、本学科ならではの大きな特色です。

海外文化研修

本学科では、アジア諸地域の文化を学ぶ「海外文化研修」の科目を設置しています。これは教員が引率し、インド、中国、東南アジアなどのアジア緒地域に出向き、現地の社会・文化を実際に目で見て理解するという科目です。
海外に出かける前にはまず事前学習として、その地域の歴史や思想文化などに関する講義を受け、基礎知識を身につけます。その際は講義を受けるだけでなく、自ら好奇心を持って現地のことを調べる作業が大切です。
現地では文化的な事物や現地の人々と触れ合うことで、その社会や文化について理解を深めます。帰国後は各自、研修の成果を報告書にまとめて提出すします。それによって研修を通じて得た理解を、しっかりと自分のものにすることができるでしょう。
アジアは今だんだん身近になってきてはいますが、まだ「ひとりではなかなか…」と躊躇する人もいます。そういった学生にとっても、断然おすすめの授業です。