教育学科 イブニングコース

新たな感覚で「生涯学習基礎力」を。

こんな資格がめざせます

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 司書教諭
  • 図書館司書
  • 社会教育主事(任用資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)

活躍できるフィールド

教育の現場はもちろん、広く社会へ

教員をはじめ教育や福祉の現場、教育関連作業や出版関係など、教育にかかわる分野のほか、国家・地方公務員、マスコミ、広告、大学院進学も含めた広い進路が待っています。

身につく主な社会人基礎力

  • 働きかけ力
  • 課題発見力
  • 傾聴力

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です。

多様化する教育に対応する実践力

社会人学生など多様な世代とともに学び、生涯にわたる発達という視点と、人々の人生を豊かにするため教育を広くとらえる「生涯学習基礎力」を教育の場で実践する力を育てます。

キャリアの取り組み

教採カフェ

小・中学校勤務経験のある教員がコーディネーターとなり、学生の自主勉強会(教職教養・一般教養・面接対策)を開催するほか、メーリングリストを運営して活動内容や教採情報を共有しています。
このほか、合格者や現役教員をゲストに招いた特別講座(合格者座談会、千葉県二次対策「集団行動」講座、現役教員が語る「いま、東洋大生として学んでおくべきこと」)、教科教育専門教授陣による単元指導計画の作成指導(東京都二次試験対策)、専門業者による採用試験最新動向ガイダンスなどを開催しています。

板橋区教育委員会との連携

板橋区教育委員会と連携し、教育現場を体験する機会を学生に提供しています。希望する学生は、板橋区立の幼稚園・小学校・中学校で学習支援ボランティアとして活動できます。

「教育学演習Ⅰ」特別講座

「教育学演習Ⅰ」の授業の最終回には、毎年、外部講師(小中学校の現職教員やNPO職員など)を招へいし、その講師の従事している仕事についての講話が行われます。約1時間の講話の後は、学生との質疑応答の時間も設けられます。外部講師を招く目的は、大学での学びが将来の職業にどのようにつながっていくかを展望してもらうためと、実際の職場での仕事の厳しさややりがいについて、リアルに感じてもらうためです。
この科目は1年次の必修ですが、興味のある学生は2~4年次でも聴講できます。