社会心理学科

人びとの関わり、心の動き。

社会の出来事を心理学的視点で捉える「社会現象の心理学」と、個人や人間関係を対象とする「人間関係の心理学」。この両面から、現代社会の問題にアプローチしていきます。心理学に関する基礎科目も幅広く学ぶことができ、「認定心理士」などの資格取得も可能です。

学問の魅力

「社会現象の心理学」と「人間関係の心理学」

社会心理学とは、「社会現象の心理学」と「人間関係の心理学」の2つの柱から成り立つ学問です。「社会現象の心理学」では、犯罪や非行、組織、災害、環境など、社会で注目される事象を、心理学的視点から考察します。「人間関係の心理学」では、友人関係や恋愛関係、対人コミュニケーション、感情のコントロールなど、身近に見られる人間の心理や行動の特徴を研究します。

学び方

心理学を幅広く学ぶ

個人の心の問題から集団の心理、社会現象にいたるまで、心理学のさまざまなテーマについて、幅広く学びます。また、調査法や実験法といった科学的な研究方法を、理論と実践を組み合わせながら体得できるよう、演習・実習を重視したカリキュラムの編成を行っています。さらに、1年次から始まる少人数制の演習(ゼミナール)では、自らの関心を出発点として、主体的に問題解決能力を伸ばしていくことを目指します。

4年間の学び

知的探求の発展と結実

社会心理学科での4年間の知的探求は、少人数制の演習(ゼミナール)を中心に行われます。まず、1年次の基礎演習では、大学における学び方(「知」との関わり方)を理解するとともに、プレゼンテーションやディスカッションの方法を身につけます。2年次には、それぞれの学生の興味関心にしたがって、やや専門性の高い演習を選択し、本格的な研究活動を開始します。なお、そのような知的活動を側面から支えるのが、並行して履修する実験演習と調査実習です。そして3年次には、それまでの学びを基盤としつつ、個別具体的な研究領域について理解を深めます。 4年次には、社会心理学のさらなる展開と応用について学びながら、個々の学生の知的好奇心を、卒業論文として結実させることを目指します。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 72KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業論文のテーマ例

  • 失恋の原因帰属が未練に及ぼす影響の男女差
  • 自己コントロールのトレーニング方法の開発およびその効果に関しての検討
  • 「ひとりぼっち恐怖」をめぐる現代青年の心理と認知バイアスの関連
  • 職務満足感と職務ストレスへの対処方法が新入社員の抑うつ傾向に与える影響
  • 認知方略の相違が対人場面における感情・帰属及び心理的 well-being に与える影響
  • 信頼規定要因のリスク認知に対する影響:キャンパスにおける大学生の防犯意識
  • インターネット上における炎上:怒りと共感性との関連
  • 出来事の不快な情動性と正導・誤導情報が目撃証言の正確性に及ぼす影響
  • 友人との共食が大学生のメンタルヘルスに及ぼす効果
  • 笑顔表出とポジティブ情動についての生理心理学的検討

学びの取り組み

フレッシャーズ・キャンプ

本学科では、4月中旬の土日を使って1泊2日でフレッシャーズ・キャンプ(フレキャン)を行っています。これは新入生相互の親睦を深め、大学という新しい環境になじむファーストステップとなるものです。このフレキャンには学科教員だけでなく、2年生有志から構成されるフレキャン委員も加わり、企画・運営が行われています。フレキャンでは、学科教員による大学生活に関する話や、フレキャン委員の企画によるレクリエーションなどによって、同級生との親睦を深めます。また、教員や先輩と交流することで、大学という新しい環境にも親しめる工夫がなされています。ハイキングやバーベキューなど、日常を離れた空間で活動することにより、新入生はいくつもの発見をするでしょう。特に、すべての参加者が開放的になり心を開く中で、各地からやってきた同級生とコミュニケーションを交わしていると、大学という場が、高校までよりもはるかに多様な人々の集まりであることを体験するはずです。新入生は社会心理学基礎演習(1年ゼミ)のメンバーとの親睦が深まり、さらに教員との距離も縮まって、順調にキャンパスライフのスタートを切ることができます。それがフレキャンの目的であり、魅力でもあります。

実験演習・実習

社会心理学科では、1年生から3年生までの間、心理学の重要な研究方法である「実験」を学ぶ実験演習・実習がカリキュラムに組まれています。1年生では、20名程度のグループに分かれ、心理学の各分野における基礎的な実験・検査(知覚、学習、記憶、知性、生理指標、性格、対人行動の7つのテーマ)について、各自が実際に実験者や実験参加者を体験しながらデータを取ります。その結果を分析してレポートにまとめるという作業を行います。
2・3年生の実験演習・実習では、それまでに学習した事柄を基礎にして、学生自ら社会心理学実験を計画し、実行していきます。学生自身が仮説を立て、実験参加者を募集し、データの整理・入力・分析を行い、自分の立てた仮説が支持されるかどうかドキドキしつつ、分析結果に一喜一憂する、それが社会心理学実験の面白さといえます。また、その面白さを体験できるように、すべての実験演習・実習の各テーマにおいて、教員だけでなく、大学院生のティーチング・アシスタントも学習をサポートしてくれます。本学科では、こうした演習によって、心理学の研究に必要なテクニカルなスキルとともに、論理的な思考力、柔軟な発想力の育成を目指しています。

ラーニング・ポートフォリオ

社会心理学科では、実験演習を中心としてラーニング・ポートフォリオ(学習自己評価システム)を導入し、学生の学習支援を行っています。ラーニング・ポートフォリオの優れた点は、学生が学習について自己評価し、学習成果や学習過程を振り返ることによって、自己の成長や目標を自覚することができるところにあります。「教えてもらう」という受動的な学習態度は、望ましいものではありません。そこで、その授業で求められている知識や技能を学生自身があらかじめ理解し、「どのようにしてそれらを身につけていけばよいか」を意識しながら、能動的に学習を進めることができるようにしています。
また、授業の最後には目標の達成度を自己評価することで、自己の成長を確認・実感するだけでなく、次のステップのための反省点や改善点などについても、自ら考えることができるようにしています。本学科では、こうしたプロセスをとおして、大学生として能動的に学習に取り組めるようになることを支援しています。