社会学科

社会を議論する。社会学的想像力をもつ。

現代社会への理解を深め、そこにある問題を解決するための広い視野を養います。社会学の基礎理論をはじめ、環境、地域、労働、グローバル化、家族、教育などさまざま視点から学びを深めます。社会の出来事に興味と疑問を持ち、問題を発見し、その解決に向けて努力できる人材の育成を目指します。

学問の魅力

客観的な視点や分析方法を提供する

混沌とした現代社会を的確に把握し、問題を解決するのは容易ではありません。だからこそ、多角的な視点で、社会現象や身のまわりの出来事を客観的に分析する視点や方法を身につける必要があります。それらを提供してくれるのが、「社会学」です。「社会学」を学ぶことで、私たちが生活する世界への理解が深まるとともに、説得力のある言葉で有効な議論が展開できるようになります。

学び方

主体的に調べ、学び、その成果を発表する

社会学を基幹として周辺科目で学習し、様々な研究に触れます。そして家族、地域、教育、労働などの身近な社会問題からはじまり、社会の歴史や構造、問題などを把握します。その上で自ら調査し、環境や社会と個人の関係が抱える問題を、グローバルな視野で徹底的に考え抜く力を育成します。また、1年次から演習科目を開講し、最新の研究成果に直接触れながら積極的に学ぶ場を提供しています。研究対象が広い社会学の特色を踏まえて視野を広げた後に、自らの研究対象を絞り、卒業論文に取り組むことになります。能動的、自主的に自分を高めたい人、社会的共生への関心を持っている人には、最適な学科といえるでしょう。

グローバル化への対応

バイリンガル・テキストによる初年次教育と英語ゼミ

東洋大学社会学部の教員が独自に開発した「バイリンガル・テキスト」(見開きページが「日本語-英語」で構成された二言語によるテキスト)を用いて、すべての新入生が大学での学びをスタートさせます。また、希望者には英語でゼミや専門科目を学べるカリキュラムも用意されています。

4年間の学び

「4つの流れ」で社会学をスキルとして使いこなす

カリキュラムには、大きく分けて4つの流れがあります。

  • 社会学的なものの見方の基本となる理論や社会学の歴史を学ぶ
  • 環境・地域・労働・家族・教育・国際など、さまざまな領域に社会学的なアプローチを行い、各現象の理解を深める
  • 事実を客観的にとらえるための社会調査の方法を学び、実際に調査を体験する
  • 少人数制のゼミナールに所属し、それぞれの学年にふさわしい課題を身につけ、最終的に卒業論文を仕上げる

社会学科では、すべての学生がいずれかのゼミナールに所属し、主体的に調べ、学び、その成果を発表することが求められます。また社会調査や分析の方法を体系的に学習し、3年次に「社会調査および実習」で学んだことを実際に実践します。そしてそれまで学んだ理論や知識と、ゼミナールや「社会調査および実習」で培った技法のすべてを生かして、卒業論文(卒業研究)に取り組みます。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 46KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

多様な学びの取り組み

「フレッシャーズ・キャンプ」 ~大学生活のスタートを上級生や教員が一丸となって支援する~

社会学科では、4年間一貫してゼミ教育を行います。1年時には、4月に新入生全員と上級生複数名、そして教員で1泊2日の合宿(「フレッシャーズ・キャンプ」)を行います。上級生の研究や学生生活の報告などを聞き、大学生活の導入をスムーズに進める手助けをします。また、ディベート大会などさまざまな企画を通じて、新入生同士の絆関係を築いていきます。

「基礎ゼミ」 ~バイリンガル・テキストでグローバル化に対応した学士力を身につける~

社会学科の一年生全員が必修で履修する「社会学基礎演習」(基礎ゼミ)では、今後大学で学ぶ上で必要となる様々なアカデミック・スキルを習得します。例えば、図書館やデータベースを活用して学術文献や各種のデータを収集する能力や、学術的な議論や発表をする能力、そしてレポートや論文を書く技能などが含まれます。社会学科では、これらのアカデミック・スキルを「バイリンガル・テキスト」を用いて学んでいきます。
見開きページが「日本語 -英語」で構成された「バイリンガル・テキスト」を使うことによって、英語が苦手な新入生も無理なく英語で専門的な内容を学ぶ基礎づくりができる仕組みになっています。さらに、希望者は英語で行われるゼミで学ぶこともできるカリキュラムになっています。

「社会調査」 ~4年間の積み上げで社会調査の実践力を習得する~

社会学科のカリキュラムは、4年次の卒業論文に向けて必要な知識や技術を効果的に着実に習得できるよう、特別な工夫がこらされています。
例えば、社会学科のカリキュラムの核である「社会調査」については、1年次に「社会調査入門」を学んだ後、個々の学生の関心に応じて、2年次に「社会統計解析法」や「質的調査法」などより高度な調査分析能力を獲得するための科目が選択できるようになっており、そこで身につけた方法論を実践する場として、3年次に「社会調査および実習」が用意されています。また精密な分析に不可欠な統計ソフトの使用方法についても学部共通の「統計情報処理および実習」をIからIIIまで段階的に履修することにより、効果的に修得することができます。卒業論文では、こうして修得した能力を生かすことが期待されています。さらに必要な科目を履修すれば、社会調査士の資格を取得することもできるカリキュラム編成になっています。

「卒業論文」

学科で学んだことの集大成として、4年次には全員が卒業論文(卒業研究)に取り組みます。卒業論文を完成させる過程で、自分でものを考え、自分の言葉で意見を表明できるスキルの習得を目指します。

卒業論文のテーマ例

【地域社会学領域】

  • 「東北出身者の進路選択――東日本大震災がもたらしたもの」
  • 「どのようにしてニュータウンは買物難民問題を引き起こすのか――千葉県茂原市緑ヶ丘を事例として」

【家族社会学領域】

  • 「父親はどのようにイクメンになるのか―子育てパパブログのテキスト分析」
  • 「若者の恋愛離れはなぜ起きているのか?―東洋大学生の調査から見る」

【環境社会学領域】

  • 「エコツーリズムは飯能市に何をもたらしたか――中心市街地と山間地域から見るまちの変化」
  • 「地球温暖化政策の原動力――環境先進国ドイツからの示唆」

【教育社会学領域】

  • 「学力格差をなくすために学校ができることについて ―結果の平等と機会の平等から学力格差を考える―」
  • 「子どもの貧困を招く要因と世代継承の克服」

【労働社会学領域】

  • 「野球選手のキャリア展開に見るスポーツ選手のキャリア形成――ウィークタイズ理論は有効か」
  • 「親が娘に与える影響と女性の進路選択 ―現状と親の認識のギャップがもたらすもの―」

【国際社会学領域】

  • 「カンボジア農村内の格差から考える本質的豊かさ」
  • 「在日外国人の異文化適応に関する実証的考察――在日ラオス人への個別面接調査による分析」

【理論社会学領域】

  • 「現代社会における正当化型自己責任論の批判的検討」
  • 「情報化社会におけるプライバシー問題の理論社会学的考察」