国際社会学科

国際社会の多様性に学ぶ「地球市民」を育成する

社会学部 社会文化システム学科は、2020年度入試をもって募集を停止し、2021年4月に「社会学部 国際社会学科」へ発展的改組します。

グローバル化の進展にともない、現代社会では人びとの価値観や生き方の多様性を理解し、持続可能な国際社会の創出に参画する資質と態度を備えた人材が求められています。この学科では、現場体験型の学びを通じて、社会・文化・地域に関する専門知識に基づいて、地球規模の視野のもと、多文化共生と多様性の推進・活用(ダイバーシティ・マネジメント)を実践的に担うことのできる「地球市民(グローバル・シティズン)」を育てます。

学問の魅力

多様性を理解し、グローバルな共生社会を創造する

グローバル化の社会学・文化人類学・地域研究を基盤とし、世界各地の民族・文化・宗教・ジェンダー・セクシャリティ等の多様性と他者の価値観を理解し、人の属性の差異をめぐる現代世界の諸問題について学び、その解決に向けた新たな価値を創出するための知識と実践力を身につけます。

学び方

社会・文化・地域の専門知識を幅広く学ぶ

グローバル化する現代社会に関する基礎知識を土台にして、「地域の多様性を知る」「人々の多様性と調和を考える」「現代社会の見方を学ぶ」の3つの科目群に分けられたより専門的な学びを展開します。同時に、国内外における現場体験学習を通して、現代社会の多様性、多文化性、グローバルな関係性に対する気づきを得て、国際社会に関わる問題意識を育む教育を行います。

4年間の学び

現場体験型のグローバル・シティズンシップ教育

初年次には、国内外の現場でグローバル化の実例を学ぶ「国際社会体験演習」を必修科目として導入します。この演習では、日本(例:宮城県気仙沼市、兵庫県神戸市)、海外(例:シンガポール、ドイツ)で多文化共生やダイバーシティ・マネジメントを実践するNPO等と連繋して、フィールドワークやボランティアを軸とする実践的な現場教育を行います。2〜4年次には、「国際社会プロジェクト演習」や「国際社会調査実習」「国際社会論演習(ゼミナール)」を履修し、国内外でのフィールドワークやインターン、ボランティアを実践します。世界各地の協定校での留学も強く推奨しています。

卒業後の進路

  • ダイバーシティ・マネジメントを推進する企業・自治体
  • 多文化共生を支援するNPO・メディア機関
  • 外国人を積極的に雇用する企業
  • 発展途上国の自立と成長に寄与する社会企業
  • 公平なグローバル社会の実現を目指す国際機関(国際協力機構・国際交流基金等)

学びの取り組み

国際社会体験演習 海外(初年次) あるく・みる・しる多民族国家シンガポール

シンガポールの生きた多民族・多文化社会を現場で体験し、異なる民族が同じ国民として暮らすことの社会文化的意味について考える必修科目です。7日間の日程でシンガポールを訪れ、教育先進国としての側面や東南アジアの経済ハブとしての側面、また日本との歴史的関係についても体験的に理解を深めます。現地ではシンガポール大学・南洋理工大学等の学生との対話・交流会の場を設け、グローバルな学びへの動機づけとします。

英語で学ぶ科目も開講

初年次から4年次までの演習(ゼミナール)には英語コースも設置します。これらのコースを履修する学生は、英語で卒業論文やレポートを執筆することになります。他に、Multiculturalism in a Globalizing World等の講義科目も英語で開講されます。