国際学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

グローバル社会への貢献をする意思を持ち、グローバルリーダーを目指す人材を広く世界に募ります。本学科は、日本人学生と留学生が共存する多様性のなかで、同じ目的を持って学ぶことができるよう広く世界に開かれた学科を目指しており、国内からは日本の将来を担うため、国際的な視点と能力とを身につけたいと思っている学生を期待します。また、留学生には、将来日本と海外との架け橋となることを目指す意識の高い学生を期待します。そのために海外直接入学や国際編転入制度などを活用します。
積極的に国際的に発信をしたり活動をし、特に「意見を交換する」「議論をする」ということの大切さ楽しさを感じている学生たちが、その問題関心と能力をさらに高めようと入学してくることを期待します。同時に留学生には、「日本の経済成長」や「日本の技術進歩」などについて学びつつ日本語能力を高め、日本との関係を強化しつつ自国の経済発展の担い手を目指す学生も期待します。
そのため、本学科においては入学者に以下のような資質と意欲を求め、それをさらに向上させていくことを目指します。

  1. 実用英語技能検定(英検)2級(あるいはGTEC・TEAPテストなどの同等水準)程度以上の英語力を有し、何より英語を学び、使い、コミュニケーションをすることが好きで積極的なこと。
  2. グローバル社会における諸問題に強い関心を持ち、対話力を駆使して国際ビジネスや国際コラボレーションの領域で問題解決に向けて行動することに対する意欲。
  3. 世界の多様な文化、社会、経済、歴史や環境など多様なコンテクスト(文脈)に対して寛容な理解を示し、異なる背景を持つさまざまな主体と協調しながら、問題解決に向けた行動を行う意思。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

グローバル社会のイノベーターの基礎として、多様性理解のため幅広い教養を身につけるリベラルアーツ科目と、グローバルな対話における意思疎通の手段である英語で学び、対話し、行動するスキルを、体系的・実践的に鍛えるスタディスキル科目を提供します。その上にすべて英語で行われるアカデミック領域科目を配置し、英語を駆使する専門知識力と実践的応用力のバランスの取れた学習環境を構築します。そのアカデミック領域科目には変化する国際情勢を広く学び、国際的な枠組を理解するグローバル・システム領域、国際的なビジネスに携わる人材が必要とする経済・経営の知識を体系的にかつ実践的に学ぶ国際ビジネス領域、グローバル社会における問題解決やキャリアアップにつながる国際コラボレーション領域を配置します。
また、充実したプロジェクト学習科目群を用意し、在学中に1年間の留学や海外インターンシップやボランティアなど、十分な海外経験を積めるだけでなく、個々の国際活動を成功させるための英語による対話力をつける演劇ワークショップや、海外を訪れながら問題解決型教育を行うラーニング・ジャーニーなど、知識と実践を重層的に構成した教育課程を編成することによって、卒業後すぐにグローバルな即戦力として活躍できる、創造的知識力、柔軟な思考・判断力、多様性に寛容な協働力を同時に鍛えます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

卒業までに学生はグローバル社会の様々な領域のイノベーターとして活動するための知識と哲学、対話・行動力を身につけます。具体的にはグローバル企業における国際ビジネスの現場、国家間の交渉や国際機関における活動などにおいて、経済と社会のバランスのとれたイノベーション実現のための知識、さらに日本の経済・社会・文化の深い理解に基づいた国際的な視野の獲得を目指します。日本人学生と留学生の多様性共存環境のもと、日本人学生にはアイデンティティの確立したグローバル人材、留学生には日本の文化・習慣まで深く理解して日本とともに地球社会のイノベーションを牽引する人材となることを求めます。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

環境・貧困・雇用・人権問題に現れているように、自然・社会・経済・政治など様々な分野での地球化と地域化が同時進行する中で、これまでとは全く異なる都市づくり、地域づくり、環境づくりなどに、地域(コミュニティ)から解決策へとアプローチすることは大きな可能性を有しています。地球規模の視点で問題をとらえローカルな場で具体的に行動する、いわゆる、Think globally, Act locallyという哲学のもとに、地域社会におけるさまざまな現象を幅広い視点でとらえ、「現場主義」にたち、さまざまな人々とのコミュニケーションの中から解決策を探っていく人間力が求められます。
このようなことから、国際地域学科国際地域専攻では

  1. 国際社会を舞台に活躍できるような知識、実践的な語学能力、コミュニケーション能力の修得を志す学生
  2. 地域の諸問題に対して広い視野から客観的に把握・分析する能力を修得し、現場において具体的な行動として実践していく意欲のある学生が教員と一緒になって相互に学び成長していくこと

を期待しています。
受験生に期待されるのは、

  1. 地域社会におけるさまざまな問題へ関心を持っていること、
  2. 自身がもつ知識や経験を積極的に活用して社会に貢献しようとする意欲、
  3. 他者と積極的にコミュニケーションを図りながら異なる文化を持つ人々とともに働くことへの意欲

です。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

教育目標を実現するために、以下の方針でカリキュラムを組み立てています。

  1. 国内外の地域づくりに関わる人文社会科学、環境科学の広範な学問領域から幅広い知識を習得できるようにするとともに、「国際開発」、「比較文化・社会」、「公共政策」、「地域デザイン」、「環境・防災」、「Japan and Asian Studies」の6つのプログラム制により専門性も高めます。
  2. 外国語教育を強化し、さまざまな分野の専門科目を英語で実施することで実践的かつ高度な英語力が身につくようにします。また、全学での様々な取り組み(例えば、LEAPや学内外の人々が英語で自由に集うイングリッシュコミュニティゾーンなど)の活用や、海外研修や集中的な英語学習を支援する英語特別プログラム(ESP)を通じて、英語による専門性を重視したコミュニケーション能力の向上を目指します。
  3. 「現場主義」を掲げ、フィールドスタディやインターンシップ科目などにより現場・実務体験を充実させるとともに、1年次から少人数のゼミでの各個人の目標や個性を重視した実践的な学習を行います。
  4. 卒業論文を必修とすることで、過去の先達たちによる先行文献を正しい形で参照し、先行文献を踏まえた自らの質問を設定し、質問に適合した研究方法を選択した上で、質問への自らの答えを導き出し、積極的に展開する能力が身につくようにします。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

国の内外において、環境との調和を図りながら地域の特性を活かした「地域づくり」を行うための知識と、現場においてそれを実施する実行力を有した人材の育成を教育目標として掲げています。卒業するまでに、異文化コミュニケーション能力を十分に身につけ、地球規模の視点で問題をとらえ、ローカルな場で行動できる能力を培うことを求めています。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

環境・貧困・雇用・人権問題に現れているように、自然・社会・経済・政治など様々な分野での地球化と地域化が同時進行する中で、これまでとは全く異なる都市づくり、地域づくり、環境づくりなどに、地域(コミュニティ)から解決策へとアプローチすることは大きな可能性を有しています。地球規模の視点で問題をとらえローカルな場で具体的に行動する、いわゆる、Think globally, Act locallyという哲学のもとに、地域社会におけるさまざまな現象を幅広い視点でとらえ、「現場主義」にたち、さまざまな人々とのコミュニケーションの中から解決策を探っていく人間力が求められます。
このようなことから、国際学部地域総合専攻(イブニングコース)では、地域の諸問題に対して広い視野から客観的に把握・分析する能力を修得し、現場において具体的な行動として実践していく意欲のある学生が教員と一緒になって相互に学び成長していくことを期待しています。
受験生に期待されるのは、

  1. 地域社会で起こっているさまざまな問題へ関心を持っていること
  2. 自身がもつ知識や経験を積極的に活用して社会に貢献しようとする意欲
  3. 他者と積極的にコミュニケーションを図りながらさまざまな人々とともに働くことへの意欲
  4. 昼間の時間帯に就労しながら社会の中で自分を見つめつつ、現代の社会問題の解決のための知識の習得への意欲

です。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

「地域づくり」を行うための知識と実行力を有した人材の育成という教育目標を実現するために、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を組み立てています。

  1. 地域づくりに関わる人文社会科学、環境科学、観光学などの広範な学問領域から幅広い知識を習得できるようにするとともに、「国際開発」、「比較文化・社会」、「公共政策」、「地域デザイン」、「環境・防災」の5つの履修コースにより専門性を高めます。
  2. 外国語教育を強化し、英語による専門性を重視したコミュニケーション能力の向上を目指します。
  3. 「現場主義」を掲げ、フィールドスタディやインターンシップ科目などにより現場・実務体験の充実を図ります。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

地域の特性を活かした「地域づくり」を行うための知識と、現場においてそれを実施する実行力を有した人材の育成を教育目標として掲げています。卒業するまでに、異文化コミュニケーション能力を十分に身につけ、地球規模の視点で問題をとらえ、ローカルな場で行動できる能力を培うことを求めています。