国際地域学科 国際地域専攻

世界を見渡し、「地域」を思考する。

世界の国々や地域、そしてコミュニティにおけるさまざまな課題・問題を、世界的・地球的(グローバル)な視点と思考から捉える力を身につけます。解決に向けた実践的な行動力と高いコミュニケーション能力で、地域の人びとと協力し、発展に貢献する人財となることを目指します。

学問の魅力

「現場」に立ち、地域の発展に貢献する力を育む

グローバルな視点を持ちつつ、各地域が抱えるさまざまな課題・問題を理解するための幅広い知識を獲得。日本やアジアを中心に、開発支援やビジネスなどを通じて、地域の発展に貢献できるエキスパートを目指します。
また各科目で扱われる内容を集中的に、効率的に学ぶため、1年間を4つの期間に分ける「クォーター制」を導入。調査型研修や海外体験による実践的学習の機会も充実させています。

グローバル化への対応

実践的な語学力とコミュニケーション能力

英語については社会的に求められている4技能(聞く・話す・読む・書く)を高める語学科目を設置し、コミュニケーションの基礎を築きます。また第二外国語としてフランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、韓国語などを学ぶことができます。
一般学生(留学入試で合格した学生以外)については、原則として1年次秋に1クォーター期間の語学研修(フィリピン・セブ島/マレーシア)を必修としています。

4年間の学び

4つの専門領域

選択したプログラムに基づいて、各領域の専門科目を体系的に学びます。

国際関係・開発政策領域
国際協力論、国際経済学、開発経済論、国際政治学、農村地域開発論など
地域研究・比較文化領域
文化人類学、人文地理学、ジェンダー論、諸地域の地域研究など
コミュニティ・地域政策領域
地域社会学、コミュニティ開発、都市計画、地方自治論、社会保障論など
環境・情報・インフラ領域
環境マネジメント、自然災害と防災、社会基盤論、情報マネジメントなど

このほか、グローバル・イノベーション学科で開講される専門科目の一部も「グローバル・イノベーション領域」として受講できます。

1年間を4期間に分ける「クォーター制」を導入

ひとつの学習期間(学期)を短くすることで、地域研究に関わる幅広い分野の科目を、集中的に学べるようになります。また調査型研修や長期インターンシップ、留学などの海外体験機会を通して実践で学び、「現場」で活躍できる実践力を着実に獲得できます。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 512KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。