グローバル・イノベーション学科

次代の人々を、導く力になる。

新たな時代には、新たなリーダーシップが求められます。グローバル・イノベーション学科では、グローバル社会の様々な領域のイノベーターとして活動するための知識と哲学、対話・行動力を身につけます。具体的にはグローバル企業における国際ビジネスの現場、国家間の交渉や国際機関における活動などにおいて、経済と社会のバランスのとれたイノベーション実現のための知識、さらに日本の経済・社会・文化の深い理解に基づいた国際的な視野の獲得を目指します。日本人学生と留学生の多様性共存環境のもと、日本人学生にはアイデンティティの確立したグローバル人財、留学生には日本の文化・習慣まで深く理解して日本とともに地球社会のイノベーションを牽引する人財となることを求めます。

学問の魅力

「イノベーション」の興奮

現在の地球社会では、経済、経営、情報など、さまざまな「システム」が行き詰まりを見せています。こうした状況を乗り越えるためには、文化や価値観の変革、イノベーションが必要です。
各分野の専門的な知識と広い視野を持ち、世界の問題を、自分自身のものとして捉える。創造力を発揮して、問題の解決策を構想する。それを実現するための能力とリーダーシップを獲得する――いまを知り、これからをつくる学びです。

学び方

「グローバル・アントレプレナー」を目指す学び

高い語学力とコミュニケーション能力、そして経済学、経営学、政治学、国際関係学、情報学などを「基礎力」として修得。さらに、協調性の高いリーダーシップ能力と、グローバルなネットワークを構築する能力を獲得し、世界の舞台で先端的な役割を担う「グローバル・アントレプレナー」を目指します。

国際社会での取り組みを見据えた、実践的な学び

  • 実際の企業や社会が抱える課題の解決に取り組む「プロジェクトスタディーズ」(課題解決型)学習
  • 地球上の多様な課題を対話によって解決するトレーニングとなる「演劇ワークショップ」
  • 複数の国・地域を訪れて各地域の現状をとらえた起業プランの提案をする「ラーニングジャーニー」
  • 国内外でのスタート・アップ・ビジネスや社会貢献を立ち上げる「CREATOYO」
  • 一人ひとりのキャリアプランに合わせた、グローバルなインターンシップへの参加

グローバル化への対応

世界に意識を向ける学習環境

原則として、授業はすべて英語で行われます。また、本学科の学生比率は日本人70%、外国人留学生30%となることを想定しています。世界を舞台に活躍するための学びとして、つねに世界へと意識を向けられる学習環境を実現します。
また国際社会におけるさまざまな問題を体系的に捉える講義を通して、グローバルな視点からの思考を訓練します。

海外への長期留学(原則1年間)を必須化

日本人学生には海外への長期留学(原則1年間)を必須とします。アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、スペイン、オーストラリア等の国際交流協定校への留学となります。

4年間の学び

専門領域からグローバル社会を捉える

3つの専門領域を設定し、グローバル社会の各側面についての専門的な知識と実際の問題解決力を高めます。

グローバル・アントレプレナーシップ領域(Global Entrepreneurship)
変化する国際情勢を広く学び、Global Entrepreneurship(グローバル起業家精神)の発揚を目指します。当学科の特色であるTravel, Play, Dialogueなど独自性の強いカリキュラムを通じて、多様化、複雑化するグローバル社会のなかで、的確に重要な課題を認識し、課題に対してイノベーティブでクリエイティブな解を導き、それを他者との適切なコミュニケーションを通じて実践的かつ現実的な対処方法へと昇華できる Innovative Problem Solver(先進的問題解決者)の育成を、グローバル・ビジネス領域、グローバル・コラボレーション領域、国際地域学領域と連携しつつ実現します。
グローバル・ビジネス領域(Global Business)
複数の国や地域にまたがって展開するビジネスのしくみや特徴、国際的なビジネスにおける企業・起業家のあり方などについて学ぶ。「グローバリゼーションと日本」、「グローバル金融システム」などをテーマとしてグローバル・ビジネスの仕組みを理解する。
グローバル・コラボレーション領域(Global Collaboration)
多文化の共生と国際的な組織、国際貢献、「教育」にフォーカスした国際比較など、ヒト、モノ、情報のやりとりを通して国や地域をまたいだ協力・連携に関する知識を学ぶ。

クォーター制科目の導入

1年間を4期に分けることで、留学やインターンシップ、研修などに参加できる機会を増やします。