会計ファイナンス学科

おかねのプロフェッショナルを目指す学び。

こんな資格がめざせます

  • 高等学校教諭一種(商業)
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記1~3級
  • 販売士
  • 統計検定
  • 社会福祉主事(任用資格)

活躍できるフィールド

会計やファイナンスは社会で必須の知識

会計やファイナンスの知識や資格は、監査法人や会計事務所、金融業界をはじめ、国家・地方公務員や一般企業の経理・財務・IR部門などでの活躍につながります。大学院ヘ進学し、ビジネス・会計ファイナンス領域を専攻する道も広がっています。

  • 企業の財務・会計部門
  • 営業・販売
  • 監査法人
  • 公認会計士・税理士
  • 会計コンサルタント
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 国税専門官、財務専門官

身につく主な社会人基礎力

経済産業省が提唱する「社会人基礎力」とは、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」です。会計ファイナンス学科での学びを通じて、経営現象を多面的に深く考えたり、ゼミなどでグループワークを主体的に行ったりすることで、社会人基礎力として求められるすべての力を高めることができます。

世界共通のビジネスツールを駆使する

企業の財務体質の強化に貢献できる会計の専門的な知識や、国際的な視野で資金を調達するファイナンスの知識をもとに、経営の意思決定にかかわる力を育てます。

キャリアの取り組み

就職活動体験報告会

就職活動の実体験を先輩から学ぶ

会計ファイナンス学科では、就職支援セミナーを実施しています。就職活動は、人それぞれ、十人十色です。自分自身が体験することになるであろう就職活動に対する心の準備をすることができます。貴重な情報収集の場となることに加えて、就職活動に伴うさまざまな悩みやストレスを乗り越えるヒントを得ることができるでしょう。
就職先としては、メガバンクや大手証券会社、生命保険会社などに加えて、地方銀行、信用金庫、各種公務員等をはじめ、地域密着型の就職内定が多いのも、東洋大学経営学部の強みとなっています。将来性のある、堅実な中小企業も有力な応募先として視野に入れておくとよいでしょう。あなたのリーダーシップを存分に発揮して、社会に貢献するチャンスをつかむことは、充実した社会人生活の基盤となります。

資格取得のための安価な課外講座を豊富に開講

本学科の学生全員には、少なくとも日商簿記2級は取得してもらいたいと考えています。そのために、正課の簿記の授業に加えて、放課後に日商簿記3級と日商簿記2級の課外講座をそれぞれ年2回開講しています。さらに会計学の学習に関心が高く、この道を究めたくなった方には、格安で公認会計士試験対策講座も用意されています。この講座を利用して、公認会計士試験に毎年10人前後が合格しています。また、税理士資格を目指す学生も年々増えています。
ファイナンス分野では、フィナンシャルプランニング技能士3級と2級の講座を社会貢献センターで開講しており、毎年多数の合格者が出ています。また、ファイナンス分野で最高難度の証券アナリスト試験については、2019年度より証券アナリスト協会が提供する寄付講座(正課教育)によって、強力にバックアップしていきます。
これらの資格は、比較的簡単なもの(日商簿記3級、FP2級)から難しいもの(公認会計士、税理士、証券アナリスト)まで様々ですが、本学科のカリキュラムはこれら資格試験の出題範囲のほとんどすべてをカバーしていますので、本学科での授業を履修して理解すれば、資格試験の基本は十分にマスターできます。あとは課外講座で出題傾向に即した対策や答案作成練習を行えば、難関資格といえども十分に合格可能です。これらの資格はどれも、社会的に価値あるやりがいのある仕事への就職に直結します。ぜひ、本学科の課外講座を活用して、皆さんの夢を実現してください。

「公認会計士合格祝賀会」では資格取得の勉強に励んだ皆さんをお祝い。