経営学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

経営学科は、マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人材の育成を目標としている。このために、次の能力を備えた入学者を求めている。

  1. 高等学校で履修する英語と国語、さらには地理歴史、公民、数学、理科などの分野において高い学力を有している。
  2. 総合的な知識に基づき社会の出来事を理解し、客観的に分析することができる。所属するクラブなどの身近な組織や自分自身について、その強みと弱み、競争相手などを含む周囲の状況を把握できる。その上で、目的達成のために採るべき方策を考え、自分の意見としてまとめることができる。
  3. 次のような関心、意欲、態度が備わっている。
    • 政治、経済、社会、技術の動向や、企業の活動への関心。
    • それらが相互にどのように影響しているのかを学ぶ意欲。
    • 将来自分が関わる組織において、経営学の知見を活かして正しい判断ができるようになりたいという意欲。
    • これらの内容について、他者との対話や議論を通じて自分の理解を深め、相互学習を図りたいという態度。
    • 異文化に触れ、理解したいという意欲。
  4. 自分の考えを日本語で的確に表現し、客観的な分析に基づいて相手に伝え、説得できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

経営学科では、専門教育カリキュラムを次の方針で編成している。

  1. 導入教育として基礎実習講義を第1セメスタに配置しており、統計、戦略分析、企業分析の3つの領域を対象に、大学での学びの基礎を身につける。
  2. 経営学部共通の専門基礎科目を第1セメスタから履修できるよう配置している。これらの科目により、経営学、マーケティング、会計学の基礎を早い段階で学び、専門学習を深めるための土台を築く。
  3. 専門科目を①経営組織・経営管理、②経営戦略、③経営情報・分析メソッド、④経営財務・会計・マーケティングの4つの分野で構成しており、それぞれについて基礎、応用、実践の順に体系的に学ぶ。
  4. 専門科目の4分野からコア科目をそれぞれ指定し、第1セメスタから履修できるよう配置しており、経営学の基礎知識を幅広く学ぶとともに、学びのための基礎スキルを身につける。
  5. ゼミナール科目を第3セメスタ以降に配置しており、少人数で密度の濃い教育の場を通じて、学生が主体となって経営学を研究する。また、ゼミナールでの研究に必要な基礎スキルを学ぶために、ゼミ入門科目を第2セメスタに配置している。
  6. 経営学部共通のGBC (Global Business Communication) コースとして、ビジネス英語科目を数多く配置している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

経営学科では、マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人材として、次の能力を備えた学生に学士の学位を授与する。

  1. ①経営組織・経営管理、②経営戦略、③経営情報・分析メソッド、④経営財務・会計・マーケティングの4つの分野における幅広い知識と応用力を備えた学生。<知識・理解>
  2. 経営目標を実現するための方策を、政治、経済、社会、技術動向を踏まえた上で、戦略的、論理的、創造的に考えることができる学生。<思考・判断>
  3. 実社会における経営現象に関心があり、問題意識を常に持ち、グローバルな視点で経営を捉えようとする態度を備えた学生。<関心・意欲・態度>
  4. 経営現象を正確に把握し、適切な方法で分析し、その結果を論理的でわかりやすく表現できるスキルを備えた学生。<技能・表現>

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

マーケティング学科は、マーケティング・センスとサイエンスで魅力的なマーケティング戦略を立案できる人材の育成を目標としている。このため、次の能力を備えた入学者を求めている。

  1. 高等学校で履修する英語と国語、さらには地理歴史、公民、数学、理科などの分野で高い学力を有している。
  2. 総合的な知識に基づき社会の出来事を理解し、客観的に分析することができる。
  3. 次のような関心・意欲・態度が備わっている。
    • 経済・社会・技術革新・消費者の動向に関心を持っている。特に、消費者のことを深く理解したいという関心を持っている。
    • それらの動向が組織のマーケティング活動にどのように影響するのかを学ぶ意欲を持っている。
    • 将来、自分が関わる組織において、マーケティングの知見を活かして正しい判断ができるようになりたいという意欲を持っている。及び戦略立案したいという意欲を持っている。
    • 諸問題について、他者との対話や議論を通じて、自分の理解を深めたいという態度が備わっている。
  4. 自分の考えを日本語で的確に表現し、客観的な分析に基づいて相手に伝え、説得できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

マーケティング学科の専門教育は、次の方針でカリキュラムを編成している。

  1. 導入教育としてフレッシャーズキャンプと基礎実習講義(第1セメスタ)を有機的に結合して、マーケティング発想を学び、レポートの書き方を学び、大学における勉強と研究とはどのようなものかを学び、マーケティング学科における学びの基礎を身につける。
  2. マーケティングデータ分析入門(第2セメスタ)を配置し、マーケティング学科の学生全員が多変量解析の基礎を学べるようにする。
  3. 経営学部共通の専門基礎科目として8科目を配置しており、経営学、マーケティング、会計学の基礎を第1セメスタから学ぶ。
  4. マーケティング学科コア科目として8科目を配置しており、マーケティングを専門的に学ぶための基本的発想の仕方や基礎知識を学ぶ。これらは第1セメスタから履修できる。
  5. マーケティング学科の専門科目を、マーケティング戦略、マーケティング・サイエンス、流通・サービスマーケティング、経営・会計ファイナンスといった4つの観点から構成しており、その基礎と応用を体系的に学ぶ。
  6. ゼミナール科目を第3セメスタから配置しており、少人数で密度の濃い教育の場を通じて、学生が主体となってマーケティングを研究する。また、この少人数教育をとおして社会人基礎力を養成する。
  7. 経営学部共通のGBC (Global Business Communication) コースとして、ビジネス英語科目を数多く配置している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

マーケティング学科では、マーケティング・センスとサイエンスで魅力的なマーケティング戦略を立案できる有為な人材として、次の能力を備えた学生に学士の学位を授与する。

  1. マーケティング戦略、マーケティング・サイエンス、流通・サービスマーケティング、経営・会計といった観点での幅広い知識と応用力を備えた学生。<知識・理解>
  2. マーケティング戦略を立案するための方策を、経済状況や社会・消費者動向や技術動向を踏まえた上で、組織の目標を達成できるように論理的、創造的に考えることができる学生。<思考・判断>
  3. 実社会における流通・マーケティング現象に関心があり、問題意識を常に持ち、グローバルな視点で組織の経営やマーケティングを捉えようとする態度を備えた学生。<関心・意欲・態度>
  4. 流通・マーケティング現象をデータで把握し、分析し、その結果を論理的な文章で正しく表現できるスキルを備えた学生。<技能・表現>

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

会計ファイナンス学科は、企業経営全般に通じるとともに、会計分野、ファイナンス分野で高い専門性を持ち、企業を科学的に分析できる能力を持つ人材の育成を目標としている。このため、次の能力を備えた入学者を求めている。

  1. 高等学校で履修する英語と国語、さらには地理歴史、公民、数学、理科などの分野において高い学力を有している。
  2. 総合的な知識に基づき社会の出来事を理解し、客観的に分析することができる。
  3. 次のような関心・意欲・態度が備わっている。
    • 経済・社会・国際情勢、技術に関心がある。
    • 将来、企業において、会計ファイナンス分野を中心とした高い専門性を評価され、活躍したいという意欲がある。
  4. 自分の考えを日本語で的確に表現し、客観的な分析に基づいて相手に伝え、説得できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

会計ファイナンス学科の専門教育は、次の方針でカリキュラムを編成している。

  1. 新入生が大学の授業に円滑に入り込んでいけるようにするため、導入教育として基礎実習講義を第1セメスタに配置している。この授業で、文献資料の調べ方、正確な論説文の書き方、文書作成ソフトウェアや表計算ソフトウェアの活用法、プレゼンテーションソフトウェアによるプレゼンテーションファイル作成方法や発表の仕方、グループでのプロジェクトの進め方など、大学での学びの基礎を身につける。
  2. 専門科目の基礎固めとして、複数の専門基礎科目を配置している。これには初歩の会計学、経済学、経営学、マーケティングが含まれる。
  3. 会計ファイナンス学科コア科目として複数の専門科目を配置しており、会計学and/orファイナンスを専門的に学べるようにしている。
  4. 会計ファイナンス学科の専門科目群を、財務会計分野、管理会計分野、企業金融分野、個人金融分野、ビジネス英語・中国語分野の5分野に分類し、それぞれに必要十分な科目を配置している。なお、履修者が将来の夢の実現のために参考となるよう、専門科目群を、将来の職業別に、ビジネス会計コース、公認会計士・税理士コース、国際ビジネスコース、ビジネス金融コース、ファイナンス・プロフェッショナルコースといった5つのコースを設定している。
  5. 専門知識の深化のために、またディベート能力やプレゼンテーション能力の向上のために、少人数制のゼミナール科目を2年次から卒業までの3年間配置している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

会計ファイナンス学科では、会計・ファイナンス分野のプロフェッショナルまたはゼネラリストとして活躍する有為な人材として、次の能力を備えた学生に学士の学位を授与する。

  1. 会計分野、ファイナンス分野で高い専門性を持つとともに、経営学、マーケティング等経営全般についても一定の知識と理解がある。<知識・理解>
  2. 企業会計、日本および世界の金融・証券市場や経済情勢をデータで把握・分析し、政治、経済、社会、技術動向を踏まえながら、各種経営問題の解決を図ることができる。<思考・判断>
  3. 実際の企業の会計上、ファイナンス上、その他経営上の問題や、個人に係る金融問題、そしてそれらの国際的な関連に関心があり、これらの分野の新しい事象を理解するため積極的に学び続けることができる。<関心・意欲・態度>
  4. 自分が調査して見つけた何らかの結果を、論理的かつ正確に論説文としてまとめることができるとともに、ICT技術を駆使して効果的なプレゼンテーションを行い、聞き手を説得できるスキルを備えている。<技能・表現>

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

第2部経営学科は、マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人材の育成を目標としている。このために、次の能力を備えた入学者を求めている。

  1. 高等学校で履修する英語と国語、さらには地理歴史、公民、数学、理科などの分野において高い学力を有している。
  2. 総合的な知識に基づき社会の出来事を理解し、客観的に分析することができる。所属するクラブなどの身近な組織や自分自身について、その強みと弱み、競争相手などを含む周囲の状況を把握できる。その上で、目的達成のために採るべき方策を考え、自分の意見としてまとめることができる。
  3. 次のような関心、意欲、態度が備わっている。
    • 政治、経済、社会、技術の動向や、企業の活動への関心。
    • それらが相互にどのように影響しているのかを学ぶ意欲。
    • 将来自分が関わる組織において、経営学の知見を活かして正しい判断ができるようになりたいという意欲。
    • これらの内容について、他者との対話や議論を通じて自分の理解を深め、相互学習を図りたいという態度。
    • 異文化に触れ、理解したいという意欲。
  4. 自分の考えを日本語で的確に表現し、客観的な分析に基づいて相手に伝え、説得できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

第2部経営学科の専門教育は、次の方針でカリキュラムを編成している。

  1. 経営学部共通の専門基礎科目を第1セメスタから履修できるよう配置している。これらの科目により、経営学、マーケティング、会計学の基礎を早い段階で学び、専門学習を深めるための土台を築く。
  2. 専門科目を経営、マーケティング、会計ファイナンスの3つの分野から幅広く選択できるように構成し、それぞれ基礎、応用、実践に対応する科目を学ぶ。
  3. 経営学科に含まれる分野以外にも金融・投資分野や法律分野の科目も選択可能にし、幅広い教養を身につける科目を配置している。
  4. ゼミナール科目を第3セメスタ以降に配置しており、少人数で密度の濃い教育の場を通じて、学生が主体となって経営学を研究する。また、ゼミナールでの研究でさらに深く学ぶ機会を設けるためにプロジェクト研究を第3セメスタから第6セメスタまで配置している。
  5. 経営に必要な実用的な英語コースとして、経営英語科目を数多く配置している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

第2部経営学科では、マネジメントのプロフェッショナルとして活躍する有為な人材として、次の能力を備えた学生に学士の学位を授与する。

  1. 経営、マーケティング、会計ファイナンスの3つの分野における幅広い知識と応用力を備えた学生。<知識・理解>
  2. 経営目標を実現するための方策を、政治、経済、社会、技術動向を踏まえた上で、戦略的、論理的、創造的に考えることができる学生。<思考・判断>
  3. 実社会における経営現象に関心があり、問題意識を常に持ち、グローバルな視点で経営を捉えようとする態度を備えた学生。<関心・意欲・態度>
  4. 経営現象を正確に把握し、適切な方法で分析し、その結果を論理的でわかりやすく表現できるスキルを備えた学生。<技能・表現>