成績評価基準・GPA制度

単位の認定

 単位の認定は、履修登録した科目に対して、出席状況、試験(レポート含む)等によって評価されます。

 授業科目ごとの成績評価方法は、シラバスに記載された「成績評価の方法・基準」を確認してください。

 

成績評価基準◆

 本学の成績評価基準は以下のとおりです。

上記の到達目標とは授業科目のシラバスに明記された到達目標を指します。

「評価対象外」とは、授業期間を通じ出席不良(3分の2以上の出席をしていない、またはレポート未提出、試験の不受験のために成績評価の判断ができないものを指します。

上表のほかに、留学や他大学での学修成果などを単位認定する場合、「T(Transfer の略」を合格の評価として使用します。

履修登録した科目の単位を修得するためには、授業回数の3分の2以上出席し、所定の試験(レポート、平常試験等含む)に合格しなければなりません。

 

GPA制度

 GPA(Grade Point Average)とは、授業科目ごとの成績に対して、4.3 0.0 のグレード・ポイントを付与し、この1単位あたりの平均を算出したもので、学生の学習到達度をはかる指標として、国内外の大学で広く使われています。

【GPAの算出方法】

※対象とする科目は、卒業要件の科目とし、卒業要件以外の資格科目・自由科目は対象となりません。
※対象とする評価は、「S,A,B,C,D,E,*」とし、認定の評価「T」は対象となりません。
※再履修で評価を受けた成績については、最新の成績が反映されます(GPA算出の分母にあたる「総履修登録単位数」にはカウントされません)。
※GPAは計算結果の小数点第3位を四捨五入し、小数点第2位までを表示します。
※経済学部では、2017年度入学生からGPA2.0を上回ることを「成績の目安」として認定しています。GPA2.0を下回ったとしても卒業は可能ですが、学生の学修の質保証の観点から経済学部では全学生に対して、GPA2.0を上回ることを推奨しています。