「独立自活」支援推薦入試働きながら学びたい人を応援する入試です。

「夜」学んで、「夢」かなえる。

「独立自活」支援推薦入試は、イブニングコース(第2部)を第一志望とする受験生で、
日中は白山キャンパス内の大学事務局などで働きながら、
夜間に学ぶことを前提とした入試です。

東洋大学では、学びの門戸を開いた創立者・井上円了の志を受け継いで、
意欲のある人が安心して学ぶことができる機会をつくり、
経済的な面での支援をしています。

募集人員および選考方法等(2017年度入試実績)

  • ○9名(各学科1名)を募集
  • ○出願の際の入学検定料は免除
  • ○書類選考・小論文・面接により選考
  • ○募集学科(イブニングコース):
    東洋思想文化学科/日本文学文化学科/教育学科/経済学科/経営学科/法律学科/社会学科/社会福祉学科/国際地域学科 地域総合専攻

出願資格(2017年度入試実績)

  • ○下記①・②・③を満たす者
    • ①当該年度に高等学校等を卒業する者で、イブニングコースの学科を第1志望とする者
    • ②在学中に大学事務局等において就労し、勉学と経済的自立を両立させる意欲のある者
    • ③全体の評定平均値4.3以上の者

奨学金および学生寮(2017年度入試実績)

  • ○奨学金:学費の半額相当の奨学金(年額265,000円)を4年間支給
  • ○学生寮:希望者は提携学生寮(月額60,000円程度/1日2食付)への入居が可能

勤務内容(2017年度入試実績)

  • ○白山キャンパス内事務局での大学運営業務補助
  • ○勤務形態は以下から選び、原則として卒業まで4年間継続して勤務
    • ①フルタイム型
      週5日(月〜金)9:00〜17:00の勤務。
      年収180万円程度
    • ②パートタイム型
      1週間の勤務は原則として週5日以内とし、実働1日7時間以内、週35時間以内の勤務。
      時給940円。年収103万円以内

学費の半分を奨学金で、残りを勤務による給与で賄える

■ フルタイム型勤務の場合の収支モデル

「第2部公募制推薦入試免除」制度とは?

「独立自活」支援推薦入試に出願し不合格となった受験生でも、
翌月に実施される第2部公募制推薦(学校推薦/自己推薦)入試の合格者に
相当する成績を収めたと認められた場合には、
第2部公募制推薦入試の入学試験を免除し、入学を許可する場合があります。

個別相談も、Webで。TOYOWebサポート 個別相談も、Webで。TOYOWebサポート

受験に役立つ最新情報を
メンバー登録で

入試イベントや過去問対策、出願登録まですべて