運動が身体にいい理由を知るためには、運動すると身体の中で何が起きるのかを知る必要があります。
心臓から動脈を通して送り出された血液、いわゆる心拍出量は、動脈血管を通ってあらゆる臓器に分配されます。安静時は毎分5リットル、運動時には毎分25リットルもの心拍出量となり、さらに運動時は心拍出量の80%以上が活動筋へ配分されます。
一方、静脈は伸展性が高く血液を保持しやすいという特徴があり、循環血液の60~70%が静脈内に存在しています。伸展性が高いということは血管をたくさん保持できるということなので、結果として運動する時に有利となります。体力があるほど伸展性が高いことはわかっていますが、どんな運動で体力をつけるのが効果的かというところまでは、まだわかっていません。
運動生理学とは、運動によって生じる体の変化を観察し、その現象と仕組みを研究する学問です。運動生理学を学ぶことで、健康の維持増進に対して運動がどのような役割を果たしているかを学んでいきましょう。

oue.jpg

大上 安奈准教授食環境科学部 食環境科学科

  • 専門:運動生理学、スポーツ栄養学

  • 掲載内容は、取材当時のものです