赤羽台キャンパスガイド

最先端の学びを実現するために生まれた新キャンパス。

ギャラリー

JRの各種路線が集まるターミナル駅「赤羽」。赤羽台キャンパスは街のランドマークとして注目を浴びています。2017年4月開設の情報連携学部の学びを支える拠点です。

情報連携学部の修学キャンパスである赤羽台キャンパスの受験生の見学には、事前の予約が必要です。
詳しくは、こちらをご確認ください。

INIADの文字がお出迎え

赤羽台キャンパスの正門では、情報連携学部の頭文字をかたどったINIAD(Information Networking for Innovation and Design)の文字が訪れる人をお出迎え。社会とつながるキャンパスとして、地域への垣根は低く。最先端の学びの空間がこの門の先に広がります。

人とのつながりを大切にするメディアセンター

インターネットが主流になっても、人と人とが顔を合わせて直接コミュニケーションを取ることの重要性は変わりません。メディアセンターは学生同士がミーティングをしたり、セミナーや討論会をしたりするスペースのほか、個別に学習できるスペースもあります。公共スペースは展示エリアとして地域にも開かれています。

白い壁に木目が印象的なINIAD Hub1

真っ白な壁と濃淡のある木目が印象的な校舎は、INIAD Hub1と呼ばれます。坂村健学部長の建築設備・内装・建築総合プロデュース、建築家の隈研吾氏の建築設計によるものです。5階建ての校舎には、多くの小教室やINIADホール、メディアセンターをはじめ、学生がものづくりに取り組むINIAD Makers’ Hubなど、学びを支える最先端の施設・設備が充実しています。

最先端の情報に触れる講義や講演会を

黒と白木のシンプルな色調で統一されたINIADホール。落ち着きある格式高いこの空間は、講義や講演会などで利用されます。最先端の情報に触れて刺激を受け、自ら主体的に学び、新たな価値を創造していく人を育てるための空間です。

学生が主体となって学ぶ空間

文芸理が融合した新たな時代の学びを実現するため、INIAD Hub1の教室は小教室が中心。学生は円卓を囲み、グループで対話をしながら、自ら課題を見つけ解決策を探り、学びを深めていきます。教室の扉や教室内の電灯、エアコンなどにスイッチはなく、センサーを利用して環境を自動認識して制御を行います。利用者はスマートフォンやPCを使ってネットワーク経由で指示を出します。