MENUCLOSE

在学中から起業活動を行い、卒業後も活動を継続する場合

大学在学中から起業活動を行い、大学卒業後も継続して日本で起業活動を行う留学生に対し、一定の要件を満たすことを前提に最長2年の在留資格が認められます。
起業のための準備期間として「特定活動(卒業後起業活動)」の在留資格が付与されますが、変更手続には起業活動における大学からの支援や本学発行の「誓約書」が必要となります。
本学では起業を考えている学生に対し、起業活動支援団体の紹介や在留資格について相談が可能ですので、まずは国際教育センター(ml-intl@toyo.jp)にお問い合わせください。

 

(関連情報)

出入国在留管理庁:http://www.moj.go.jp/isa/publications/materials/nyuukokukanri07_00001.htm
         http://www.moj.go.jp/isa/content/001334801.pdf