入学するときの在留手続

「在留資格」とは

外国人が日本で一定の活動をするために許可される資格のことで、法律により活動内容に応じて種類(「留学」など)が定められています。日本上陸時、パスポートに「上陸許可証印」シールが表示されます。在留期限に関わらず、活動を行わなくなった場合は失効となります。また、活動内容に変更があった場合は、在留資格変更申請を行ってください。

「ビザ(査証)」とは

日本入国の条件として在外公館で発行されるものです。その外国人が持っているパスポートが有効であるかを確認し、ビザに記載された条件により入国することに支障がないという「推薦」を意味します。

在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility, COE)」とは

法務大臣が、「短期滞在」以外で日本に上陸しようとする外国人に対し、「日本での活動が上陸のための条件に適合している」かどうか審査し、認められた場合に交付されます。入学手続が完了した時点で東洋大学在留資格サポートオフィスが出入国在留管理庁に対して代理申請を行うことができます。交付された在留資格認定証明書はビザ(査証)審査や上陸審査の際に必要になります。

COE取得までの流れ