バイオミメティクスイメージ画像

【東洋大学重点研究プログラム】「バイオミメティクス活用による高機能かつ持続可能なものづくり」を開始しました

本学では、地球レベルの課題解決に貢献するとともに、本学のブランドとなり得る研究活動を支援するため、学内公募型の研究助成制度「重点研究推進プログラム」を創設。理工学部合田達郎教授を中心に「バイオミメティクス」を活用したものづくり研究が始まります。

バーチャルコンパクトシティ

<情報連携学科 花木啓祐 教授>「コンパクトシティ」の考え方の背景には、昔の人口増加から現在の人口減少、高齢化の問題までが密接に関わっています。人口増加時には多くの住宅街が郊外に建ち、車を使って生活するため、人口が郊外へ散らばっていきました。しかし後に人口が減少し高齢化した際に、病院や学校が閉鎖し、鉄道やバスが廃止され、社会の活力が低下するといった問題が生じました。

【Web体験授業】ソーシャルビジネス実習講義

<会計ファイナンス学科 川﨑健太郎 教授>この授業では、関心のあるテーマを選び、問題を解決するためのアイデアをグループで発表します。1つのグループは「日本のソーシャルビジネスと労働問題の現状」を取り上げ、別のグループは、日本における子どもの貧困についてその解決の糸口を探りました。

【Web体験授業】豊かさを再考する ―経済開発から人間開発・持続可能な開発へ―

<社会学科 米原あき 准教授>私たちは誰しもが、豊かでありたいと願っていますが、そもそも「豊かさ」とは何でしょうか。戦後、「先進国」「途上国」といった認識が生まれたころ、経済学の視点で貧困のメカニズムが解明され、低収入が貯蓄減、生産減を引き起こし、また低収入につながるといった貧困の悪循環などが説かれました。そこに、社会学の視点から、原因は世界システムにあるとする理論が出てきました。