1. Toyo University TOP 東洋大学TOP
  2. Associated Library 東洋大学附属図書館
  3. Associated Library 東洋大学教員著作紹介
  4. 東洋大学教員著作紹介 2017年
  5. 【著作紹介】電子書籍アクセシビリティの研究-視覚障害者等への対応からユニバーサルデザインへ-
MENUCLOSE

【著作紹介】電子書籍アクセシビリティの研究-視覚障害者等への対応からユニバーサルデザインへ-

 

著者:松原 聡(東洋大学 副学長)【編著】
出版社:東洋大学出版会
出版年:2017年1月発行
価格:2,600円
ISBN:9784908590016
所蔵館:白山
※電子版はこちら
※音声読み上げはこちら

内容:電子書籍のアクセシビリティ機能について総合的に研究。視覚障害や老眼等で読書が困難になった人や、通勤電車などでの音読のニーズを踏まえた上で、電子書籍のアクセシビリティ機能の現状や将来の展望を明らかにする。 

東洋大学出版会の紹介ページ

 

教員メッセージ

 電子書籍の普及が著しい。しかし、その音声読み上げや文字拡大機能などのアクセシビリティ機能に注目した研究はまだ少ない。2016年4月、障害者差別解消法が施行されたが、この法律によって、障害者は「社会的障壁」の除去を要求できることとなった。紙の書籍は、視覚障害者等にとっては社会的障壁となる。その除去の有力な手法が、電子書籍化である。

 本書は、電子書籍のアクセシビリティ機能について総合的に研究した、我が国初の書籍である。本書では、「視覚障害者等」だけでなく、老眼などで紙の書籍の利用が困難になった方や、通勤電車などでの音読のニーズなどを踏まえた上で、電子書籍のアクセシビリティ機能の現状や将来の展望などを明らかにしていく。

目次

1章 視覚障害者等と電子書籍のアクセシビリティ
2章 視覚障害者等の読書と電子書籍
3章 電子書籍の登場と新展開
4章 著作権からみる視覚障害者等と読書
5章 図書館の障害者サービスと電子書籍
6章 共同自炊型電子図書館の取り組み
7章 ウェブアクセシビリティと電子書籍
8章 電子書籍音声読み上げの現状と展望
9章 アクセシブルな電子書籍普及への課題と展望

 

[共著者] 松原 聡(マツバラ サトル)

松原先生

東洋大学副学長・教授。博士(経済学)。
一般社団法人電子出版制作・流通協議会 アクセシビリティ特別委員長。

関連リンク

東洋大学研究者情報データベース(松原聡教授)
TOYO people:経済学部総合政策学科 松原 聡教授 | 東洋大学
総合政策学科動画紹介:第10回 学科で開講している講義について
「電子書籍アクセシビリティの研究」公刊記念シンポジウムを開催
【書籍紹介】松原聡教授著『電子書籍アクセシビリティの研究』を出版しました
学習者用デジタル教科書の効果的使用についての研究 ―佐賀県武雄市のデジタル教科書実証研究事業を中心に―(東洋大学学術情報リポジトリ)
武雄市「ICTを活用した教育」による効果の検証(2)~「スマイル学習」への意識とその経年変化を中心に~(東洋大学学術情報リポジトリ)
武雄市「ICTを活用した教育」による効果の検証~「スマイル学習」に関するアンケート調査の結果を中心に~(東洋大学学術情報リポジトリ)