情報連携デザイン・コース

デザイン面から連携を支え、 新しい情報サービスや製品を 具体化できる力をつける

 

未来の情報サービスや製品を具体化 できる人材の育成

人を惹きつけるWeb サイトや様々な工業製品、それは 魅力的な「デザイン」が支えています。
情報連携デザイン・コースでは、デザインに関する様々な 知識と、それを実現する実践的なスキルを学び、未来の 情報サービスや工業製品を具体化する能力を身につける ことができます。

コンピュータを フル活用したデザインへ

現在のモノづくりは、コンピュータと切り離すことはでき ません。
3D CAD 等を利用して設計し、3Dプリンタ、レーザー加 工器を活用して、すぐに形にする「ラピッド・プロトタイ ピング」が、注目を集めています。
情報連携デザイン・コースでは、特にコンピュータを駆 使したモノづくりを扱う「デジタル・デザイン」と、人と コンピュータの関わりを扱う「ユーザ・エクスペリエンス・ デザイン」の2分野を中心に学び、コンピュータをフル活用 して、新しいアイデアをどんどん形にできる人材の輩出を 目指しています。

卒業後の進路

Webデザイナ/インダストリアル・デザイナ