MENUCLOSE

国際学部の概要

人材の養成に関する目的

国際学部においては、経済、貧困、資源、環境、紛争などさまざまな課題が新たに発生しているグローバルな社会において、地域の多様性とさまざまなグローバル・システムとの関連性の理解に基づいて、経済、社会などのさまざまなシステムに変革(イノベーション)を起こしうる人材、および国内外において環境に調和し地域の特性を活かした「地域づくり」に貢献しうる人材の養成を目的にしている。

学生に修得させるべき能力等の教育目標

ダイナミックに変わりゆくグローバル社会において行動できる実践的な人材として、第一に、グローバル社会における諸問題や地域の社会、歴史、生活、価値観に根ざした諸問題に対する知識と、それらの諸問題を分析する能力、第二に国際社会を舞台に活躍するための異文化環境における実践的な語学力、コミュニケーション力、第三にイノベーションや地域づくりを構想・推進していくための構想力とそれを実現していくための実践的能力やリーダーシップ能力、の3点を磨くことを教育目標としている。

 

国際学部グローバル・イノベーション学科の教育目的・教育目標

国際学部国際地域学科国際地域専攻の教育目的・教育目標

国際学部国際地域学科地域総合専攻の教育目的・教育目標