中小企業診断士

◆◆中小企業診断士とは◆◆
中小企業診断士は経営コンサルタントに関する唯一の国家資格です。金融機関から製造業、サービス業まで幅広く社会から求められているものであり、ビジネス誌
で「会社に入って10 年後の社会人がもっとも取得したい資格」の一つとして取り上げられている資格です。
中小企業診断士は、中小企業で働くのではなく、中小企業と取引する大企業や金融機関、区役所や市役所といった地方公共団体、商工会議所などに勤めるケースが多いのが特徴です。
全国の企業数は380 万社以上(そのうち99.7%が中小企業)であるのに対し、中小企業診断士の登録数はわずか23,000 名程度にすぎません。その意味において、中小企業診断士は不足しており、社会的に求められていると言えます。

◆◆中小企業診断士試験について◆◆
中小企業診断士になるためには、まず択一式の中小企業診断協会が実施する第1次試験(7科目)に合格した後、①中小企業診断協会が実施する第2次試験(筆記・面接)に合格し、3年以内に実務補習(15日間以上)を修了するか、診断実務(15日間以上)に従事すること、もしくは②中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了することが必要となります。

◆◆中小企業診断士第1 次試験の試験科目について◆◆
中小企業診断士第1 次試験の試験科目は、企業経営理論(経営学)から経済学・経済政策、財務・会計、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策と7科目あり、幅広い学習が求められます。経営学部では、「ダブルスクール不要」のカリキュラム(次ページ、「中小企業診断士第1次試験科目対応表」参照)と支援体制(課外講座など)で、皆さんを全面的にバックアップしています。本資格の早期取得のためには、1年次から講義を計画的に履修し、また課外講座などを活用して、できるだけ早い段階から計画的に学習していくことが必要です。

◆◆中小企業診断士登録養成コース◆◆
東洋大学では、第1 次試験合格者を対象とした登録養成課程を、大学院経営学研究科ビジネス・会計ファイナンス専攻博士前期課程に設置しています。出願資格として中小企業診断士第1 次試験の合格(出願時点で、「その年度または前年度において第1 次試験に合格」が条件となりますので、本コースへの入学希望者は3年生以降に第1次試験を受験してください)が必要ですが、本コースへの進学・修了により、2年間で修士(経営学)の学位と中小企業診断士(経済産業大臣登録)の資格の両方が取得できます。