経営学部ゼミ紹介―木村裕斗ゼミ

テーマ
「組織行動・組織心理学:集団における人間行動の科学」

担当: 経営学科/木村 裕斗(きむら ゆうと)准教授

ゼミ概要

このゼミでは「集団における人間行動の科学」をテーマとします。担当教員は主に集団と創造性の関係を研究していますが、ゼミでは組織・集団内の人間行動や心理的メカニズムに関連するテーマ全般(例えば、個人の態度、集団のパフォーマンス、組織文化など)を対象として、アンケート、インタビュー、実験等の手法により、科学的に解明することを目指します。

基本方針は「学問に没頭する」です。我を忘れて面白いと思えるためには、難しい課題に挑戦するために十分な思考力が必要です。そのためにはとにかく良質な文献を読み(インプット)、それを実践に適用する議論(アウトプット)を重ねて、概念的思考力を高めることを重視します。そのうえで、組織の人間行動の「なぜ?」「不思議」を楽しみながら探求していきましょう。

※担当教員のプロフィールはこちらからご覧ください。

テーマ例

・ 統計分析を用いた集団内のコミュニケーションとパフォーマンスのモデル化
・ 会話分析によるミーティングの態度変容の研究
・ マルチエージェント・シミュレーションによる個人間の知識相互作用の実験