1. 東洋大学TOP
  2. 東洋大学について
  3. コンプライアンス等の取り組み
  4. 人を対象とする医学系研究に関する倫理について
MENUCLOSE

人を対象とする医学系研究に関する倫理について

人を対象とする医学系研究に関する倫理について

東洋大学では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、以下の規程を制定いたしました。

重要なお知らせ

このたび、医学系研究における倫理指針として従来用いられてきた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」と「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が統合され、新たな指針として「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」(生命・医学系指針)が制定されました。この新指針は2021年6月30日から施行されます。施行後新たに申請される研究は、新指針が適用されますのでご注意ください。なお、新指針には経過措置が設けられており、旧指針に基づいて承認を受け、既に実施中の研究はそのまま旧指針に基づいて継続が可能です。本学でも新指針に対応するため、学内規定の改訂を進めております。また、申請書式も改訂予定ですが、少々お時間をいただきますのでご承知おきください。

「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」
「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針ガイダンス」
「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針について(策定経緯及び医学系指針及びゲノム指針からの主な変更点)」

研究情報の公開について(オプトアウト)

国が定める「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」では、研究対象者(被験者)または代諾者から原則としてあらかじめ「インフォームド・コンセント」を受けて実施することとなっています。
研究対象者への侵襲や介入を伴わない研究で、倫理指針が定める特定の条件を満たす研究については、研究対象者から直接同意を得る必要はありません。ただし、研究の目的や試料・情報の利用方法などについて公開し、さらに拒否の機会を保証することが必要とされております。このような手法を「オプトアウト」といいます。
東洋大学においてオプトアウトを用いた医学系研究は下記の通りです。これらの研究への協力を希望されない場合は、文書内に記されている各研究の「連絡先」までお知らせください。