MENUCLOSE

第13回「現代学生百人一首」入選作品

入選おめでとうございます!!

応募総数60,538首の中から選ばれた入選作品をここに発表します。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、学校全体で「現代学生百人一首」に取り組まれ、多数の優れた応募作品がある学校に贈呈します「学校特別賞」は下記の5校に決定いたしました。

  • 岩手県  江釣子中学校
  • 埼玉県  県立小川高等学校
  • 神奈川県 慶應義塾 普通部
  • 兵庫県  県立姫路飾西高等学校
  • 長崎県  豊玉中学校

「現代学生百人一首」へのご感想等は、東洋大学広報課 mlkoho@toyo.jpまでお寄せ下さい。
過去の「現代学生百人一首」入選作品については過去の入選作品をご覧ください。

入選作品(作品は都道府県別に北から並んでいます)

「生きがいを見つける」と言って家を出た姉は今頃何してるのか

北海道 浦河高等学校 3年
松田 幸子

まぶしそう黄金のフィールドに立つ案山子手をかざせない僕と同じく

青森県 八戸第一養護学校 2年
徳田 健

茶柱を見つめてみれば思い出すじいちゃんのいたなつかしい日々

岩手県 江釣子中学校 1年
伊藤 孝子

重要な試験のときのお弁当さくらでんぶはガンバレの文字

岩手県 盛岡女子高等学校 2年
田上 奈津子

おかえりの声が聞こえた台所もう亡き母の姿探して

秋田県 県立角館南高等学校 3年
橋本 靖子

ボランティア軽い気持ちで始めたら救われたのは自分の心

山形県 県立霞城学園高等学校 2年
丹野 たき子

アルバイト終了時間が待ち切れぬ俺の楽しい定時制が呼ぶ

茨城県 県立下館第一高等学校 定時制 1年
田島 弘樹

黒板にあの子の顔が映ってる仕事疲れの幻なのか

茨城県 県立下館第一高等学校 定時制 4年
菊池 記志

親からの一番最初の贈り物愛情こもった私の名前

茨城県 県立竜ヶ崎第一高等学校 2年
佐藤 さや佳

赤とんぼ夕焼け空に溶け込んで追い行く子供の網の白さよ

群馬県 県立長野原高等学校 2年
篠原 美保

朝靄の消えたあとには睡蓮が光る雫のドレスをまとう

群馬県 県立長野原高等学校 2年
蜂須賀 典子

ラグビーに乗馬にバイク乳搾りすべてに感動ファームステイ

埼玉県 里中学校 2年
名倉 功

白髪の老婆のごとく背を丸めそろそろ歩く厚底サンダル

埼玉県 西武学園文理中学校 2年
大澤 麻維

一人だけ別にしてある着信音鳴るのを待って夜は更けゆく

埼玉県 県立小川高等学校 1年
山崎 恵

秋になりアサガオの花咲いているこいむらさきに夏をのこして

埼玉県 県立越生高等学校 2年
品川 友香

(これうまい?)頬に手をあて聞く客に少し知ってる手話で答える

埼玉県 県立児玉白楊高等学校 2年
岩田 苑子

人間は地球を母と呼びつつも傷付け続ける親不孝者

埼玉県 県立坂戸西高等学校 1年
鈴木 健司

伊勢湾の静かな海に響きわたる小鳥のような海女の口笛

千葉県 国府台女子学院 中学部 2年
田中 夏美

篝火がゆれて飛びちる火の粉さえみごと操り鮎とる鵜匠

千葉県 国府台女子学院 中学部 2年
渡辺 詩野

ふるえてる釣竿はじめてふりあげて岩魚の重さに生命を感じる

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
入来 祐有

家中の電気をつけて犬を抱きテレビと歌う夜の留守番

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
橋本 奈津子

どれほどの人が悩んで青空を見上げたのだろう高三の秋

千葉県 県立佐原高等学校 3年
近田 依子

ばあちゃんにマフラーあげたら誉められた「手編みと分かるところがいいね」

千葉県 昭和学院秀英高等学校 1年
田辺 麻美子

叱られてこもりし部屋の白壁のわが蹴りし跡の消えぬかなしみ

千葉県 県立東葛飾高等学校 3年
大森 晴香

友達にかわいくないと言ってるが本当はかわいい私の弟

東京都 共立女子第二中学校 1年
中嶋 美貴

カレンダー月末になりめくったら部屋の景色が少し変わった

東京都 共立女子第二中学校 2年
石川 葉採

カブト虫販売機にも入れられて命を物へ変える世の中

東京都 京北中学校 3年
高橋 嘉孝

「消費税また上がりそうで困ります。」年老いた店主ぽつり一言

東京都 頌栄女子学院中学校 3年
川端 由希

電話すら何度かけても出ない友いつになったら学校来るの

東京都 頌栄女子学院中学校 3年
中島 亜希子

一年前の日記読み返し気がついたあの頃の未来に立っているんだ

東京都 淑徳中学校 3年
植田 ゆうみ

米軍の戦闘機に乗り機関銃手にして遊ぶユーゴの少年

東京都 瑞雲中学校 2年
金丸 洋平

”ヘレン・ケラー”皆が一つになれたとき第一幕の舞台広がる

東京都 星美学園中学校 2年
網谷 衣里子

鐘が鳴り子供の声は遠ざかり落ち葉と遊ぶ冷えたブランコ

東京都 玉川学園 中学部 2年
富塚 絵美

カリカリと彫刻刀で木版画出来た絵の中木の命あり

東京都 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校 1年
齋藤 萌香

一ページまた一ページと思い出があふれ出てくる卒業アルバム

東京都 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校 1年
山口 有香

落ち葉ふみくしゃっと音する秋の音手の温かさを感じた瞬間

東京都 桜丘女子高等学校 1年
藤田 純代

都電からあなたの姿見てるけど見える時間はたった十秒

東京都 桜丘女子高等学校 2年
梅本 美佳

あの人が歌ってた曲一晩中電気を消してリピートしてた

東京都 桜丘女子高等学校 3年
山本 由利子

休みあけ体が高校を拒絶する行けば行ったで楽しいのにな

東京都 順心女子学園高等学校 2年
橋本 沙果

木曽本陣炉端で膝を揃へたりかの藤村も此処に座しけむ

東京都 昭和女子大学附属昭和高等学校 3年
芹田 美和

スプーンに閉じこめられて泣きそうな顔の私が私を見ている

東京都 女子学院高等学校 2年
漆原 由佳

馬に乗るあなたの姿思い出す雲の形が馬に似た時

東京都 東京農業大学第一高等学校 1年
遠藤 有子

文化祭くさいくさいといいながらさわっていたよ小豚のしっぽ

東京都 東京農業大学第一高等学校 1年
新明 徹哉

みちのくに賢治の秋を見つけたと深夜君よりEメール来ぬ

東京都 都立西高等学校 2年
川﨑 実穂子

目の前であなたのプレーを見ているとまばたき一つがもったいないよ

東京都 都立日本橋高等学校 2年
氏家 麻衣

書き置きとラップのかかった夕ご飯「みそ汁あります暖めなさい」

東京都 明星高等学校 2年
廣島 尚幸

朝見える通学路から富士山がいつも私を立ち止まらせる

神奈川県 神奈川大学附属中学校 1年
古林 愛美

秋の日に菊を供えに行かないで読んでる本の名は『異邦人』

神奈川県 神奈川大学附属中学校 3年
富久 恭介

朝見える通学路から富士山がいつも私を立ち止まらせる

神奈川県 神奈川大学附属中学校 1年
古林 愛美

時流れ田畑となった関ヶ原夢か真か騎馬武者が行く

神奈川県 慶應義塾 普通部 2年
上野 武亮

朝霧の流れる中を若駒は黒光りする姿現す

神奈川県 慶應義塾 普通部 2年

人類が宇宙へとび出す姿見て陸に上がった古代魚よぎる

神奈川県 慶應義塾 普通部 2年
由良 昌大

眼鏡かけ上目づかいでばあちゃんが花をかぐ時幸せの時

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 1年
神向 諒

少しずつ毎日伸びる髪の毛をうれしく思う坊主卒業

神奈川県 光明学園 相模原高等学校 2年
染谷 育実

留守電の訛なつかし父の声飛んで行きたい心抑さえる

神奈川県 専修大学 2年
平野 くらら

神様がスプレーしたよな糠雨に庭に咲く花揺れて喜ぶ

富山県 県立高志養護学校高等部こまどり分教室 1年
舟本 直

今は亡き祖父の小指を握りしめ散歩している二歳の写真

石川県 尾山台高等学校 1年
杉本 彩乃

目標を見つけることが目標になってしまった十八の今

山梨県 県立中央高等学校 2年
内田 雄

換気扇フルルフルルと回りをり夕焼け空に秋刀魚のにほひ

長野県 伊那西高等学校 2年
唐澤 香織

こんこんと流れる川瀬にうぐいたち上へ上へと背びれ光らせ

長野県 高遠高等学校 3年
宮下 美津恵

「がんばれよ」父の一声マウンドで震える足が静かに止まる

岐阜県 県立大垣工業高等学校 2年
高田 俊太郎

干し柿の暖簾を見れば思い出す一つ一つに祖母の思いを

岐阜県 県立益田南高等学校 2年
今井 まみ

雨雲の中からとび出す稲妻は青白く光る刃物のようです

愛知県 安城西中学校 1年
神谷 修平

雨が降る窓から見える稲の苗うれしそうにバンザイしている

愛知県 安城西中学校 2年
小宮路 哲也

にわか雨やんで陽が差すグランドに土のにおいのあたたかく立つ

愛知県 県立半田東高等学校 2年
金森 大席

夏の海日射しが胸を焦がしても胸の奥まで届きはしない

三重県 緑ヶ丘養護学校 1年
陶山 陽平

空にある大きな雲の偉大さを体で感じ今日が始まる

京都府 南京都高等学校 1年
国吉 泰正

さあ本番みんなの心を伝えよう三十の手がつなぐ手話劇

京都府 京都府立聾学校 2年
渡邉 千尋

勇気だし話しかけたら伝わった私のこの手も話しはじめた

京都府 京都府立聾学校 2年
吉永 友里

家庭教師(カテキョー)は子よりも母に会いに行く故郷の母と姿重ねて

京都府 京都大学 3年
大北 雅子

がんばった私を誰より知っている音楽室とトロンボーンが

大阪府 大阪市立南高等学校 3年
冨士 千里

僕らにも不況の風がふりかかるアルバイトさえ倍率五倍

兵庫県 県立明石北高等学校 1年
西川 浩

笑って笑って家族の絆強めあう妹二人の震災死から

兵庫県 鳴尾高等学校 3年
徳永 裕美

今までに一番長くかけたのはなぜかおちつく母との電話

兵庫県 県立西宮今津高等学校 1年
前田 真希

ケイタイのメールで送る文字よりも言葉で言いたいホントの気持ち

兵庫県 県立姫路飾西高等学校 2年
前川 由佳子

放射能もれているのを知らされずろう者が外へ自転車で行く

兵庫県 姫路聾学校 2年
林 妙子

震度1少しの揺れで思い出す避難生活炊き出しの味

兵庫県 葺合高等学校 2年
田村 友紀

もう少しあなたの側にいたいから何度も何度も買いたす花火

奈良県 県立添上高等学校 3年
坂本 優子

「おはよう」のその一言が言えた日は私の手帳にハートがひとつ

和歌山県 近畿大学附属和歌山高等学校 1年
佐伯 香奈

最近のちびっこたちのママゴトはとてもリアルでなんだか恐い

和歌山県 県立古座高等学校 3年
生熊 梨恵

背を向けて逃げる自分を追いかける弱い自分を許さぬ自分が

和歌山県 県立古座高等学校 3年
松原 左京

先生は洗え洗えと言うけれど実習服の汚れは勲章

岡山県 県立興陽高等学校 3年
清水 克彦

瀬戸の海夕日で赤く染まってた自然の神秘に声も出せずに

広島県 県立尾道東高等学校 1年
平尾 智紀

初めての老人ホームの実習は声かけするので精一杯だ

広島県 県立黒瀬高等学校 3年
小山 裕子

マンガなら「数日後ー」とか書くだけでイヤな日がとばせるテストの日でも

広島県 福山暁の星女子中学校 1年
小林 夕華

秋の日の帰り道には稲刈りの機械につづくスズメの行列

山口県 川中中学校 2年
植村 直子

「なれるもの」探しはじめたその時から「なりたいもの」は遠のいていく

山口県 県立岩国高等学校 1年
谷本 麻衣子

介護する父の顔には汗がみえされる祖父には笑顔がこぼれる

山口県 桜ヶ丘高等学校 3年
上田 豊

左耳母と同じに穴をあけ二人の溝にピアスが埋まる

山口県 下関第一高等学校 3年
山崎 孝子

崩れゆく原子力への信頼度人がつくった人への危険

香川県 県立三本松高等学校 2年
大塚 将成

雨降りの窓の下ゆく傘模よう舗道をうめたジェリービーンズ

香川県 県立多度津工業高等学校 3年
瀧岡 弘基

ジベタリアン茶髪ピアスの若者を「火垂るの墓」はせつなく包む

福岡県 九州女子高等学校 2年
阿部 宏子

平成の平和が見たいと深海の闇より来たる戦艦大和

福岡県 九州女子高等学校 2年
肱岡 文

心込め願いを書いた短冊を七月の風静かに揺らす

長崎県 豊玉中学校 1年
永留 安佳里

ばいばいと終わりの言葉言ったのに置けぬ受話器に耳あてたまま

長崎県 県立大村高等学校 1年
田崎 奏子

やわらかな午後の日差しにペンとればノートの余白にあそぶプリズム

熊本県 県立鹿本高等学校 3年
島村 早貴

筆休め窓ガラスごし西空の夕呉藍(ゆうくれない)に心うつろう

熊本県 県立玉名高等学校 定時制 2年
大澤 藍子

編みかけのマフラーわざとテーブルに置いてうかがう家族の様子

大分県 県立日田三隈高等学校 2年
上野 幸恵

蜘蛛の巣が仄かな風で揺れ動く薄いカーテン不思議な世界

鹿児島県 県立加世田常潤高等学校 3年
鹿倉 正代

「強いから君は一人で大丈夫」好きじゃないならはっきり言ってよ

アメリカ ヒューストン日本語補習校 3年
判治 彩子

日本を遠く離れたエジプトで今でもまってるあなたの手紙

カイロ カイロ日本人学校 中学部 2年
波多野 あゆみ

入選作品集を希望される方へ

第21回~23回の冊子は在庫がございます。
ご希望の方は希望冊数により下記の切手代をご負担いただきます。
住所・氏名・電話番号・希望冊数を明記し、切手を同封の上、下記の宛て先までお送りください。
※本年度(第24回)の小冊子は2月中の発行予定です。何とぞご了承ください。

(1冊 140円、2~3冊 240円、4~6冊 390円、7~12冊 580円)
〒112-8606
東洋大学広報課 「現代学生百人一首」冊子希望 係