MENUCLOSE

Study Group Report 2014 研究会活動報告 2014

General Symposium

"What Does It Mean to Internationalize?: Where the Toyo University International Research Center for Philosophy Has Been, and Where It Is Going"
September 24 2014

Symposium co-hosted with Center for Academic Research Promotion

"Contact between Traditional Knowledge and Modern Science"
November 8 2014

 1st Unit

 2nd Unit

 3rd Unit

全体シンポジウム

「国際化とは何をすることなのか~東洋大学国際哲学研究センターの「これまでとこれから」~」(2014年9月24日)

共催シンポジウム

「人間は何を知り、何を考えてきたのか?―伝統的な知の集積と近代科学の接点を探る―」(2014年11月8日)

第1ユニット

研究会報告

ウルリッヒ・ジーク「善の曖昧さ―「「精神の戦争」におけるドイツ人の教授達―」(2014年9月10日)

連続研究会「明治期における人間観と世界観」

連続研究会の趣旨については、こちら(http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/47374.html)をご参照ください。

第1回:コプフ,ゲレオン「表現の倫理――仏教哲学における非二元論の現代哲学への適用」(2014年5月14日)

第2回:吉田公平「心学の変身―西田幾多郎の「修養」と「研究」、夏目漱石「こころ」の苦悩―」(2014年6月11日)

第3回:岡田正彦「梵歴運動史の研究 ―19世紀の日本における仏教科学の展開―」(2014年7月9日)

第4回:出野尚紀「明治期の自然災害」(2014年10月8日)

第5回:白井雅人「「西田幾多郎『善の研究』の人間観と世界観」」(2014年11月12日)

第6回:相楽勉・岩井昌悟「「「美学」受容に見る明治期日本の人間観・世界観」/「日本近世の仏伝に見る日本人の人間観――『釈迦如来誕生会』と『釈迦御一代記図会』――」」(2014年12月10日)

第7回:西村玲「釈迦仏からゴータマ・ブッダへ 釈迦信仰の思想史」(2015年1月14日)

第8回:三浦節夫「日本近代における伝統の「発見」―井上円了の『仏教活論序論』」(2015年2月18日)

第9回:小坂国継「大西祝と『良心起原論』」(2015年2月25日)

第10回:小路口聡「西周の『生性劄記』に見える陽明学批判について」(2015年3月13日)

研究集会

国際井上円了学会ハンガリー研究集会―井上円了と明治時代の日本:哲学・宗教・教育を巡って―(2014年4月24日、25日)

シンポジウム

国際井上円了学会第3回学術大会(2014年9月13日)

 日韓共同セミナー

東国大学校仏教大学(韓国)との共同研究会:第1回(2014年11月6日)

東国大学校仏教大学(韓国)との共同研究会:第2回(2015年3月19日)

第2ユニット

研究会報告

「ポスト福島の哲学」研究会
第1回:堀切さとみ/映画 『原発の町を追われて~避難民・双葉町の記録』上映会(2014年5月30日)

第2回:西谷修「技術とカタストロフィ」講演会(2014年9月27日)

「ポスト福島の哲学」シンポジウム「原発事故後のエネルギーと本当の豊かさ」(2014年11月22日)

「方法論」研究会
第1回:山口祐弘「ドイツ観念論の課題と方法―近代哲学の超克に向けて―」(2014年4月19日)

第2回:渡辺博之「スピノザの「方法」について」(2014年6月21日)

「方法論」シンポジウム「方法の越境性、あるいは越境の方法」(2014年7月2日)

共催 白山哲学会 村上勝三最終講義(2014年10月25日)

第3回:「方法論」研究会「方法の越境性、あるいは越境の方法」検討会(2015年2月17日)

Web国際会議
理性と経験―スピノザ哲学の方法―(2014年10月11日)

シンポジウム
人間は何を知り、何を考えてきたのか?―伝統的な知の集積と近代科学の接点を探る―(2014年11月8日)

第3ユニット

研究会報告・出張報告

連続研究会「文字化された宗教教典の形成とその意味―多文化共生を図るツールを考える―」第1回(2014年7月5日)

連続研究会「自然との共生―その表現形態」第1回(2014年7月12日)

連続研究会「自然との共生―その表現形態」第2回(2014年7月26日)

海外研究「オーストリアにおける多文化共生研究集会・国際学会参加」(2014年8月17日‐25日)

連続研究会「文字化された宗教教典の形成とその意味―多文化共生を図るツールを考える―」第2回(2014年10月18日)

連続研究会「文字化された宗教教典の形成とその意味―多文化共生を図るツールを考える―」第3回(2014年10月21日)

連続研究会「多文化共生を考える」第1回(2014年10月22日)、第2回(2014年11月19日)

国内出張報告「京都・奈良の宗教行事に見る多文化共生の実態の調査および僧侶からのインタビュー調査」(2014年12月30日-2015年1月2日)

シンポジウム

シンポジウム「精神性に与える瞑想の効果」(2014年11月29日)

国際シンポジウム 第3回「共生の哲学に向けて:イラン・イスラームとの対話―井筒俊彦の共生哲学―」(2014年12月13日)