MENUCLOSE

〔社会学部〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

社会学科 / 社会文化システム学科 / メディアコミュニケーション学科 / 社会福祉学科 / 社会心理学科

 

社会学部第1・2部社会学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

①教員養成に対する理念

・教員養成を行おうとする理由

 本学科の教育目標は、自分たちを拘束している有形無形のルールを問い直し、能動的かつ主体的に生きる能力を身につけるため,自分でものを考え、自分の言葉で意見を表明できる人間を育成することです。このような人材育成に関する教育目標は、本学科における教員養成の理念にも貫かれており、学校教育の場においてもその理念を実践したいと考えています。

・養成を目指す教員像

 本学科の教育理念に鑑み、社会学の基礎理論から環境、地域、組織、家族、教育などさまざまな領域の学びを通して社会を理解し、社会に生ずる諸問題の解決にむけて努力してよき人間関係を築いていける教員を育成します。

②教員養成課程の設置の趣旨及び免許状の種類との相当性

・教職課程を置くことの意義や必要性

 混沌とした現代社会を的確に把握し、問題を解決することは容易ではありません。そのためには、幅広い視野に立って、客観的に社会現象や身のまわりの出来事を分析する視点や方法を身につける必要があります。そのような機会を提供してくれるのが「社会学」とその関連科目です。社会の課題に自主的・主体的に取り組める教員を育成することは、本学科に与えられた社会的使命です。

・カリキュラムと当該免許状取得に必要な科目群及び学習指導要領との関係性(相当性)

 本学科には社会を良く知るための科目群や実践的な学習を行う「社会調査および実習」・1年次からの「演習」科目が適切に配置されており、能動的・自主的に自分を高めるためのカリキュラムが用意されています。また、社会学の周辺科目として、「自然地理学」「人文地理学」「地誌学」といった科目が選択必修科目のなかに配置されており、中学校教諭1種免許状(社会)と高等学校教諭1種免許状(地理歴史・公民)の取得に相応しい学科です。

 

社会学部社会文化システム学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

現在の世界では、文化・民族・宗教などをめぐるさまざまな社会問題が、国家の枠を越え地球規模で展開しています。こうした複雑な問題を解決するため、「社会学」「人類学」「地域研究」という3領域の科目群を学ぶこと、その際、〈歩き・見て・考える〉現場志向つまりフィールドワークを重視すること、これが本学科のカリキュラムにおける基本方針です。
この方針をふまえ、社会と文化を不可分一体と考える基礎理論の修得、地域研究を基盤とした国内外各地の社会文化の理解個別テーマの検討を通した社会文化システムの複合性と多重性の解明、フィールドワークに基づく調査研究、ゼミでの自主的な学習能力とディスカッション能力の養成、国際交流を深める語学力の習得、そしてなによりもマイノリティ(社会的・文化的少数者)への感性をもつ人材の育成、これらにより新しい文化の発信者となることが、「グローバルな視野をもって地域社会に貢献する人材の育成」の実現のために、学生たちが社会学・人類学・地域研究の理論を学びつつ、国内・海外の現場に積極的に赴いて、市民、NPO、企業などの諸団体と実際に関わっていくことにより、自主的な思考や実践力を身につけ、中学校(社会科)、高等学校(地理歴史科、公民科)に求められる理論的構築力と実践力を持つ教員の養成に取り組んでいます。

 

社会学部メディアコミュニケーション学科 

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

メディアコミュニケーション学科では、高度情報化社会における多彩なメディアと、情報そのものについて研究・教育することによって、あらゆる分野で活躍できる人材の育成を目指しています。が、中学校・高等学校の社会科教育においては、現代社会について専門的知識と方法論を習得した人材、とりわけ、情報社会の諸側面を理解している社会科教員の育成が必要と考えており、本学科では、まず情報とメディアに関する基本的な知識と学術的な理論を学んだ上で、それを実社会において効果的に活用するための能力を、4年間で身につけることを目指しています。
また、情報化社会の特質の理解は、封建社会、工業化社会といった歴史的事項の把握にも重要です。たとえば、メディアコミュニケーション学概論などでは、その時代に使われたメディアが帝国やグローバル化の基礎になっているという歴史論も展開されます。一方マスメディア論などでは言論の自由の歴史と民主主義政治における役割など、公民的分野に欠くことのできない知識を伝えています。あるいは災害情報論の知識は地理的分野における実践的な知識となっています。すなわち全体として「生活圏の諸問題の地理的考察」に相当し、地図に関する情報としては、全国を概観した地震動予測値地図(文科省)や各自治体の作成したハザードマップの見方、さらに被害予測システムのもととなる地理情報システム(GIS)などについても学習します。このような現代社会について専門的知識とその研究方法について学んだ社会科教員の育成は大変意義深いものと思われます。

 

社会学部第1・2部社会福祉学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)

教員養成に対する理念

少子高齢化の進展などで社会全体が大きく変化している中で、学校教育の場においても福祉にかかわる問題の存在を認識し、問題をかかえる人々の自立と社会参加をめざす制度について理解することが求められるようになってきています。社会福祉学科では、このような要請を踏まえて、福祉や生活に関わる問題を理解し、地域の教育環境や福祉環境の発展に貢献できる専門的知識を持つ教員の養成を目指しています。

 

教員養成課程の設置の趣旨及び免許状の種類と相当性

 福祉や生活に関わる問題を理解し、地域の教育環境や福祉環境の発展に貢献できる専門的知識を習得した教員を養成するためには、社会福祉の理論、歴史、制度、政策について総合的に学ぶことが求められます。社会福祉学科の学位プログラムでは、そのために、社会福祉発達史、社会福祉法制・行政、社会保障論、子ども支援論などの専門科目を含むプログラムを編成しています。教職課程プログラムとともに本学科の学位プログラムを通じて得られた学習成果を生かし、中学校社会科教員としての資質能力を身につけ、加えて、地域の教育環境や福祉環境の発展にも貢献できる教員を社会に輩出することに、本学科で教職課程を置く意義があります。

 

社会学部社会心理学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

社会心理学では、人間関係、集団や社会の中での個人のあり方、集団・社会そのものの実態などが扱われています。しかも実証的かつ経験的な方法をとる科学であり、それが本学科の教育カリキュラムに反映されています。学生がこの教育で得た成果をもって、中学・高校の生徒たちを民主主義社会の優れた市民へと育てることに従事することは、社会に対する還元であり、この学問を専門とする学科としての務めと考えてきました。
この理念の下に、この学科固有の力を備えた教員の育成を行っています。具体的には、様々な社会問題に対する関心と知識および問題解決の力、他の人々の心理的状態への洞察力、主観や偏見で生徒を見ることなく、冷静・客観的に観察し、適切な対処を行う力です。特に現在、大きな問題となっている生徒どうしのトラブルや、「いじめ」への取り組みは、中学高校の教員には欠かせません。こうした力量を備えた教員の育成を目指します。

 


※2018年度以前入学生のみ取得可