MENUCLOSE

教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

【大学】

 本学は明治20年に前身である「哲学館」の創学以来、教育に関する学術的・実践的探究とともに中等学校教員の養成に大きな足跡を残してきました。

 学祖井上円了は「哲学館の目的とする所は、文科大学の速成を期し、広く文学、史学、哲学を教授するにあるも、なかんずく教育家、宗教家の二者を養成するにあり」と述べ、教員養成を本学の重要な責務と考えていました。

 円了は「諸学の基礎は哲学にあり」という建学の精神を掲げ、「万学を統括する学問」、「万物の原理を探り、その原則を定める学問」としての「哲学」を学ぶことを大学の目標としました。この哲学とは「事実と実証に基づく哲学」であり、「ものの見方、考え方の基礎」を身に付け、他に応用する能力を身に付けることを目的とするものでありました。つまり、さまざまな情報に流されることなく、自ら考え、自ら判断し、自ら行動する人間の育成を行うことが円了の考える大学教育であったと言えます。

 ここに示された教育理念は、当時の社会の改良をめざし、その中核を担う教育家(教員)の養成を重視した学祖井上円了の教育理念として具体化されました。

 本学はこの理念の下、自ら教育を実践的に研究しつつ自覚的・主体的に教育に当たる教員(「哲学する教員」)の養成に力を注いできました。それは「学びつづける教員像」として現代においても求められる教員像であります。

  東洋大学では、各学科の学問方法論、専門的知見に加え、教職課程カリキュラムの履修を通じて、教科の指導、生徒指導、学級経営など、教員として必要な資質・能力を獲得し、実践的指導力を備えた教員の養成を行っています。

各学部学科等における教員養成に対する理念・目標等

【東洋大学大学院】

 東洋大学大学院では、学部段階における教職課程教育の基礎の上に、各専攻のより高度な学問研究方法論と専門的知見を身につけることにより、より高度な職業人として、学校の教育実践において指導的役割を担いうる教員の養成を行っています。

大学院における教員養成に対する理念・目標等

教員の養成にかかる教員情報(「教職に関する科目」担当教員)

(50音順)

教員名 教員ローマ字 職名 専門分野 主な担当授業科目
内田 塔子 Toko Uchida 准教授 教育学、子どもの権利論 幼児教育基礎論、生徒指導論
榎本 淳子 Junko Enomoto 教授 発達心理学・臨床心理学 教育心理学、生徒指導論
栗原 久 Hisashi Kurihara  教授 社会科教育学 社会・公民指導法、教育実習
下田 好行 Yoshiyuki Shimoda 教授 教育方法学 教育方法論
須賀 忠芳 Tadayoshi Suga 教授 歴史教育、観光歴史文化論 社会・地歴指導法、教職実践演習
高橋 健介 Kensuke Takahashi 准教授 幼児教育学 保育内容総論、幼児教育論
高山 静子 Shizuko Takayama 准教授 保育学 教職概論、保育内容演習
中原 美惠 Yoshie Nakahara 教授 教育臨床心理学、保育カウンセリング 発達心理学、教職実践演習
角谷 昌則 Masanori Kakutani 准教授 教育学、道徳教育 教育学概論、教育実習、教職実践演習、道徳教育論
藤本 典裕 Norihiro Fujimoto 教授 教育学・教育行政学 教職概論、教育基礎論、教職実践演習

教員の養成にかかる授業科目のシラバス等

教員の養成にかかる授業科目のシラバス
卒業者の教育職員免許状の取得状況 [PDFファイル]
卒業者の教員への就職状況 [PDFファイル]
教員の養成にかかる教育の質の向上にかかる取り組み

各学部学科等における教員養成に対する理念・目標等

文学部

経済学部

経営学部

法学部

社会学部

国際地域学部

ライフデザイン学部

生命科学部

食環境科学部

理工学部

総合情報学部

大学院における教員養成に対する理念・目標

文学研究科

社会学研究科

法学研究科

理工学研究科

経済学研究科

生命科学研究科

通信教育課程における教員養成に対する理念・目標

通信教育課程 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)