MENUCLOSE

アルバイトをするとき(資格外活動許可)

資格外活動許可とは

在留資格「留学」は、日本で勉学をする目的で在留している人に与えられる資格です。アルバイトを行う場合には、出入国在留管理局に資格外活動の許可を申請し、許可を得なければなりません。

学生が許可される労働時間は週28時間以内です。ただし本学が定める長期休業期間中は1日8時間以内まで働くことができます。長期休暇期間の証明をアルバイト先に提出する必要がある方はこちらからダウンロードしてください。
許可を受けずにアルバイトをしたり、定められた時間を越えたりした場合は、資格外活動違反となり、日本で留学生活を続けることができなくなります。
また、休学中の留学生が「資格外活動許可」を得ることはできません。

 

注意しましょう!禁止されているアルバイト

「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で規定されている風俗営業関連の業種(バー、キャバレーなどの客席に同席してサービスするもの、性風俗に関するもの、ギャンブル性の高いもの)で働くことは、厳しく禁止されています。こうした業種の皿洗いや掃除、店の宣伝用ちらしやティッシュ配りも禁止されています。

働くことが禁止されている業種 具体的には

 風俗営業
(風適法第2条第1項)

 客の接待をして飲食させるキャバレー・スナック等、店内の照明が10ルクス以下の喫茶店・バー等、麻雀屋・パチンコ屋・スロットマシン設置業等
 店舗型性風俗特殊営業
(風適法第2条第6項)
 ソープランド、ファッションヘルス、ストリップ劇場、ラブホテル、アダルトショップ等
 無店舗型性風俗特殊営業
(風適法第2条第7項)
 出張・派遣型ファッションヘルス、アダルトビデオ通信販売業等
 映像送信型性風俗特殊営業
(風適法第2条第8項)
 インターネット上でわいせつな映像を提供する営業等
 店舗型電話異性紹介営業
(風適法第2条第9項)
 いわゆるテレホンクラブ(テレクラ)の営業等
 無店舗型電話異性紹介営業
(風適法第2条第10項)
 いわゆるツーショットダイヤル、伝言ダイヤルの営業等

※上記以外でも法律等に違反する場合は許可の対象となりません。
※資格外活動許可申請に関する情報は法務省Webサイトをご確認下さい。

インターンシップ等、週28時間を超えて有給で勤務する場合やアルバイトの就業時間がタイムカードで記録されない場合は、資格外活動(個別許可)の申請が必要です。(例:翻訳・通訳・語学講師・インターンシップ)
URL:http://www.moj.go.jp/isa/applications/guide/nyuukokukanri07_00059.html


1. すでに日本にいる方

「資格外活動許可」の期限は、在留資格の期限と同じですが、在留期間を更新すると更新前に取得した許可は無効になります。在留期間を更新する時には、資格外活動許可も同時申請できますので、一緒に更新してください。

在留期間更新時に資格外活動許可申請をしなかった場合は、PUGSシステムから申請し、各キャンパス担当窓口で申請書を受け取ってください。その後各自で出入国在留管理局で申請をしてください。


資格外活動許可の申請

資格外活動許可申請の流れ


申請書申込先

東洋大学在留資格サポートオフィス PUGS:https://toyo-pugs.com/sp/login

PUGSログイン画面イメージ

トップ画面から「申請リクエスト」をクリックし、「資格外活動」を選択してください。
ログインID:東洋大学メールアドレス(@toyo.jp)
初期PW:学生本人の誕生日(YYYYMMDD)

各キャンパス担当窓口

キャンバス別担当窓口一覧

ToyoNet-ACE入力画面

ToyoNet-ACEにログインし、「共有情報[留学生]」コースのアンケート「資格外活動(アルバイト)登録」に回答してください。
勤務形態や勤務先情報が変更になった場合は、必ず再提出してください

資格外活動ToyoNet-ACE入力画面


2. これから来日する方

留学生が日本でアルバイトする場合、「資格外活動許可証」の申請が必要です。これは、入国審査の際にこちらの申請書を提出することで、許可を受けることができます。