MENUCLOSE

外国人留学生対象奨学金

Support Schemes for International Students

Toyo University offers various scholarships to the students with the status of residence "Student”.

The details including how to apply are written on "Guide for international students 2019".

 

Tuition exemption and scholarships (for reference only; 2019 data)

The "Admission Procedure Guide" that will be made available on the date that the exam results are announced

includes details concerning support schemes to be provided in 2020.

 

⑴ Toyo University Tuition Exemption for Privately Financed International Students

The Toyo University Tuition Exemption for Privately Financed International Students scheme is designed to

encourage learning by international students who are enrolled in Toyo University or its graduate schools

and reduce their financial burden for everyday living.

Description

First year: Exemption equivalent to 30% of tuition fees

Second to fourth years: For students who have met academic standards, exemption equivalent  to 40%, 30%, or 20% of tuition fees, depending on academic performance

Period

1 year (limited to the designated length of the course of study)

Selection

Recipients are selected from students who have difficulty with study for financial reasons and meet scholastic performance standards as well as other criteria. Based on applications from students.

* Applicants who are admitted to Toyo will become candidates for the above tuition exemption. Eligibility criteria will be

provided in the "Admissions Guide."

* This scheme is not applicable for the Toyo Top Global Scholarship A recipients.

 

⑵ Scholarships

1) Masajuro Shiokawa Scholarship

This scholarship was founded in April 2002 by former Toyo University Chancellor Masajuro Shiokawa

to promote international exchange at Toyo University and contribute to the education of international

students. The scholarship is awarded to international students with excellent grades, are of good character

and health, and who intend to contribute to the development of their own countries after graduation.

No. of scholarship recipients

No more than two students from each year (second-year students and above) in all faculties
and no more than two graduate students.

Description

Payment of 100,000 yen per month (annual total of 1,200,000 yen); may not be combined with other scholarships

Period

1 year

Selection

Recipients are selected from international students who have an excellent academic record and  character, are in good health, and intend to contribute to their home country after graduation.

* This scheme is not application-based.

* This scheme is not applicable for the Toyo Top Global Scholarship recipients.

 

2) Toyo University Category 1 Scholarship (scholarship for students with excellent academic records)

Recipients of this scholarship are selected based on university scholarship regulations from among

students demonstrating excellence in terms of both academic performance and character.

No. of scholarship recipients

One student from each faculty and year from among second to fourth-year
undergraduates

Description

One-time 300,000-yen payment; may be combined with other scholarships

Period

1 year

Selection

Recipients are selected from second to fourth year privately funded international  undergraduate students who demonstrate excellence in terms of both academic performance and character.

* This scheme is not application-based.

* This scheme is not applicable for the Toyo Top Global Scholarship recipients.

大学では、在留資格が「留学」の学生を対象とした各種奨学金制度を設けています。申請方法等の詳細は外国人留学生の手引きに記載されています。

 

授業料減免・奨学金(2019年度参考

2020 年度に行われる支援制度の詳細は、入学手続サイトに掲載される「入学手続のしおり」を確認してください。

① 東洋大学私費外国人留学生授業料減免

東洋大学私費外国人留学生授業料減免は東洋大学及び同大学院に在学する私費による外国人留学生の教育推進と経済

的負担を軽減することを目的とする制度です。

内 容

1年目:授業料の30%相当額を減免
2〜4 年目:成績基準を満たした者のうち成績に応じて授業料の40%・30%・20%相当額を減免

期 間

1カ年(所定の修業年限を上限とする)

選 考

経済的に就学が困難なもの、学業成績基準、その他の条件を満たす者の中から選考。出願制。

※合格者は上記授業料減免候補者となります。採用条件等は「入学手続のしおり」に記載します。

※東洋トップグローバル奨学金A 対象者は本制度対象外です。

 

② 奨学金制度

⑴ 塩川正十郎奨学金

本学の元総長・故 塩川正十郎氏が、東洋大学の国際交流の振興を図り、外国人留学生の育成に資することを目的として

2002年4月に創設した奨学金制度です。学業成績・人物ともに優秀、健康な者で、卒業後、その母国の発展に寄与する意志

を有する私費外国人留学生の中から選考します。

奨学生数

全学部2年生以上の各学年から2名以内、大学院生は2名以内

内 容

月額 100,000円(年額1,200,000円)給付。他奨学金との併用不可。

期 間

1カ年

選 考

学業成績・人物ともに優秀で健康な者で、卒業後、母国の発展に寄与する意志を持つ者の中から選考。

※出願制ではありません。

※東洋トップグローバル奨学金対象者は本制度対象外です。

 

⑵ 東洋大学第1種奨学金(学業成績優秀者奨学金)

学業成績・人物ともに優秀な学生の中から、本学奨学規程に基づき選考される奨学金制度です。

奨学生数

学部 2〜4年生で各学部・学年で1 名

内 容

30万円給付。他奨学金との併用可。

期 間

1カ年

選 考

私費外国人留学生学部2〜4年生で、学業成績・人物ともに優秀である者の中から選考。

※出願制ではありません。

※東洋トップグローバル奨学金対象者は本制度対象外です。

 

財団等の奨学金 <昨年度実績>

【学内応募】

表中の募集時期「※」は、次年度の奨学生となります。

奨学金名称 奨学金条件 応募資格 推薦人数 採用実績 募集時期
所属 金額
(月額)
期間 併用可否

佐藤陽国際奨学財団
Asia留学生奨学制度

 

学部

(編入学生)

150,000円 2年間 不可 アジア諸国(中国・韓国・台湾・モンゴル除く)国際理解と親善に関心をもち、財団の交流会に出席できること
日本で就業している親がいないこと勉学・研究に支障のない日本語能力を有すること
1 0

※6月

※11月

大学院 180,000円 1 0
長谷川留学生
奨学財団奨学金
学部

80,000円

100,000円

2年間 アジア諸国学部は3年生
東京都内に在学・在住(白山キャンパス学生のみ)
0 0 ※10月
大学院 1 1
平和中島財団外国人留学生奨学金 学部 100,000円 1年間
(条件有)
日本の大学に在籍する私費留学生で、学業、人物ともに優秀であり、経済的援助を必要とする者 1 0 ※9月
大学院 1 0
川嶋章司記念スカラーシップ基金 学部 100,000円 2年間
(条件有)
専攻分野が人文・社会・自然諸科学学部3・4年次に進級 1 0 ※10月
大学院 専攻分野が人文・社会・自然諸科学
大学院(修士・博士)に在籍するもの
0
共立交際交流
奨学財団奨学金
学部 60,000円 1年間 可(条件有) アジア諸国
在籍残期間が最低2年以上の者採用者は研修会等の参加が必要
- -
11月
100,000円 2年間 不可 1 0
大学院 100,000円 - -
Bridge Asia Foundation 学部 50,000円 1年間 中国・韓国・台湾・その他アジア諸国 3 1 ※11月
大学院 - -
石森記念北米
友好奨学基金
学部 50,000円 2年間   東京都内に在学・在住米・加
学部3・4年
- - ※2月
大学院 70,000円 - -
佐川留学生
奨学財団
学部 100,000円 2年間 不可 東南アジア諸国学部3年生、37歳未満
大学院(修士)1年・大学院(博士)2年、35歳未満
- - ※2月
大学院
(修士)
- -
大学院(博士) - -

朝鮮奨学会奨学金

学部 25,000円 1年間 可(条件有)

学部生、30歳未満

大学院40歳未満
韓・朝成績が優良で学費の思弁が困難な者

1 -
3月
大学院(修士) 40,000円 1 -
大学院
(博士)
70,000円 2年間 -
Jees奨学金(修学) 学部 ・ 院 30,000円 2年間 可(条件有) 学業成績優秀な私費留学生  1 0
3月

Jees奨学金(日能)

学部 50,000円 2年間 可(条件有) 1、日本語能力試験N1にて170点以上取得(中国語・韓国語以外を母語とするものは100点以上)
2、日本文学、日本文化等日本語指導者養成に密接な分野を専攻する者
応募なし 0
3月
大学院

Jees奨学金(少数受入国)

対象国リスト [PDFファイル/198KB]

学部・大学院 50,000円 2年間 可(条件有)

1、在留資格が「留学」の私費外国人留学生で国籍が対象国の者

2、他の奨学金の受給月額合計が60,000円以下の者(授業料減免は除く)

新規 新規 ※2月

Jees奨学金

検定)

学部・大学院 50,000円 2年間 可(条件有)

1、協会が実施した日本語教育能力検定試験に合格したもの

2、日本文学、日本文化等日本語指導者養成に密接な分野を専攻する者

    ※3月

Jees留学生奨学金(就職促進)

学部 30,000円 1年間 可(条件有)

1、在留資格が「留学」の私費外国人留学生で学部3年生の者

2、国際教育センターの設定する就職促進プログラムを完了できる者

3、他の奨学金の受給月額合計が60,000円以下の者(授業料減免は除く)

3 新規 7月

高山国際教育財団

学部 110,000円 2年間 可(条件有) 新入生(新1年生)
アジア諸国30歳未満
1 1 ※3月

中村積善会
(給付)

学部 30,000円 最短修業年限 4月入学の私費留学生 1 - 4月
大学院

守谷育英会

学部 120,000円 最短修業年限 東京都内に在学・在住
学業・人物優秀で学費の支弁が困難な者
2 - 4月
大学院
アジア留学生奨学財団奨学金 学部 40,000円 2年間 不可 アジア諸国
東京都内に在住文科系3年
1 1 4月

国土育英会奨学金

学部 100,000円 最短修業年限   学業・人物優秀で、学費の支弁が困難な者     4月
大学院

前澤育英財団

学部 35,000円 最短修業年限   東京都に居住している学生学業・人物ともに優秀かつ健康である学生
学資の支弁が困難と認められる学生平成26年度の新入生
(学部学科、国籍問わず)
    4月
イノアック国際教育振興財団 学部 50,000円 2年間 不可

日本の大学・大学院に在学している外国人留学生

- - 10月
大学院 -
国際協和奨学会 学部 120,000円 2年間 不可

学部新2年生以上、大学院1年生以上

国際的感覚及び親善に関心を持ち国際交流に貢献できるもの

1 - ※11月
大学院

エフテック奨学財団

学部

30,000円 1年間/半年 条件あり ・埼玉県およびその隣接する都県に住所を有する大学又は大学院のうち指定された大学・大学院に在学する学生。
・学習意欲が高い優れた学生。
・大学2年次以上に在学する学生(出願する年の3月末において22歳以下)
・大学院修士課程1年次に在学する学生(出願する年の3月末において25歳以下)
・大学院博士課程1年次に在学する学生(出願する年の3月末において28歳以下)
 
  0

4月/7月

大学院
古野奨学金 学部 40,000円 最長2年間

(学部生)新3年生でジャーナリストあるいはジャーナリズム研究者を目指しているもの

1 - 2月上旬
大学院 60,000円 (大学院)大学院修士課程に進学しジャーナリストあるいはジャーナリズム研究者を目指しているもの 1 -

ナガワひまわり財団

学部 30,000円 最短修業年限

大学生は満31歳以下、大学院生は満38歳以下であること

・収入要件有(要証明書)

- - 3月
大学院

ダイオーズ記念財団

学部 10,000円 最短修業年限

・この法人が主催する年2回の報告会に出席で
きること

・原則として大学生は満31 歳以
下、大学院生は満38 歳以下であること

・外国人(留学生)は、日本の教育機関で50%以上のGPA があること。
ただし、母国の大学・大学院の成績提出が可能の場合は、4.00 満点で3.00
以上あること。

・給与収入世帯の場合は、世帯合計年収600 万
円未満、給与収入以外の世帯の場合は、自営業などその他所得340 万円とす

- - 3月
大学院

【直接応募】

表中の募集時期「※」は、次年度の奨学生となります。

奨学金名称 奨学金条件 応募資格 推薦人数 採用実績 募集時期
所属 金額
(月額)
期間 併用可否

東京聖テモテ教会 外国人留学生奨学金

学部 一回
150,000円
1回のみ   アジア諸国出身
東京・神奈川・千葉・埼玉の大学に在学する私費外国人留学生
- - 11月
大学院
山田長満奨学金 学部 120,000円 1年間 不可 毎月指定の給付日に直接受取りに来られるもの
35歳未満
山田長満奨学金を受給したことがないもの
   
10月
大学院
青峰奨学財団
奨学金
学部 50,000円 2年間 不可 韓国、学部2年以上 - -
3月
大学院 70,000円

アジアの留学生と交流する会奨学金

学部 20,000円 1年間
(条件有)
埼玉県・東京都の特定地区に在住・在学のもの
アジア諸国
- 1 4月

丹羽宇一郎

奨学金

学部 70,000円 1年間 可(条件有)

中華人民共和国の国籍であること

社会科学系の学部生であること

- -

※10月

交流協会奨学金 大学院 144,000円~ 最短修業年限 不可 日本の大学院の正規課程に進学又は在学予定の台湾籍の留学生 - - ※8月

岡本国際奨学交流財団

学部 80,000円 1年間 可(条件有)

【岡本国際】

・千葉県内に居住し隣接都県の大学に通う私費外国人留学生

・学部4年生か大学院生

・毎月の例会に毎回必ず出席できること

【長坂国際】

・学業成績が優秀であること

・学資が豊かでないこと

・東南アジア諸国出身である留学生

・学部2・3・4年生

     
大学院

長坂国際奨学財団

学部 50,000円 1年間 0 0 4月

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)