1. 東洋大学TOP
  2. 教育
  3. 大学院
  4. 経営学研究科
  5. ビジネス・会計ファイナンス専攻
MENUCLOSE

経営学研究科 ビジネス・会計ファイナンス専攻

企業の変化に対応した、マネジメント能力を強化する。 

 

 

 

ビジネス・会計ファイナンス専攻長

山本 聡

教員紹介はこちら

 

専攻長メッセージ

国家資格取得を求める社会的なニーズにこたえる“専門職”をコンセプトとする専攻

本専攻の目的は、「高度な実践経営学」の理念のもとに、グローバル化・IT化・多様化する経営システムに対応できるビジネスリーダーや経営幹部の養成、および中小企業診断士や税理士などの高度職業専門家の養成にあります。対象は主に社会人で、平日夜間と土曜日に授業を開講していることから、企業などに勤務しながら修士・博士の学位を取得できるのが、本専攻の大きな魅力です。

コースは、「企業家・経営幹部養成コース」「会計ファイナンス専門家養成コース」「中小企業診断士登録養成コース」の3つです。

「企業家・経営幹部養成コース」では、中小企業経営論、経営戦略論、経営環境論、コーポレートガバナンス論をはじめ、経営哲学、グループ経営、日本型企業経営、NPO論まで幅広く網羅して、高度な専門職業人を養成します。

「会計ファイナンス専門家養成コース」では、会計・ファイナンスの基礎を共通科目に、公認会計士の試験対策を盛り込みながら、最高財務責任者(CFO)、税理士、証券アナリスト、投資ファンドマネージャーに対応した教育を実施しています。また、本コースでは、過去、税理士試験科目免除者を多数輩出してきた実績を踏まえ、平成29(2017)4月から、税理士養成に特化した「税理士養成プログラム」を開始しました。本プログラムでは、税理士試験の科目免除を可能とする研究・教育(論文指導)体制を整えています。

「中小企業診断士登録養成コース」では、出願資格として中小企業診断士の一次試験に合格している必要がありますが、2年間で修士(経営学)の学位(MBA)と中小企業診断士の資格が同時に取得できます。本専攻は、「中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則第35条第1項の規定により経済産業大臣に登録された登録養成機関」として平成22年度に認定を受け、毎年数多くの中小企業診断士資格取得者を輩出しています。また、令和2(2020)年4月から、専門実践教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定講座に指定されております。受給資格がある方で要件を満たした方は、支給申請手続を行うことで給付金を受給することが可能です。

概要

経営環境が急激に変換する中で、そうした変化に対応できるマネジメントスキルへのニーズに応えて誕生したのが本専攻です。主に社会人を対象に、「企業家・経営幹部養成コース」、「中小企業診断士登録コース」と「会計ファイナンス専門家養成コース」を設置。「高度な実践経営学」の理念の下、新しい経営システムに対応できるビジネスリーダーや経営幹部、会計・税務やファイナンス領域の新分野に対応できる高度職業専門家を育成してきました。

「中小企業診断士登録養成コース」では、2年間で修士(経営学)の学位と中小企業診断士の資格が同時に取得できます。企業のブレーンとして働く40代以上のサラリーマンが最も取得したいと考えている資格のひとつが「中小企業診断士」です。1次試験合格率は20%、2次試験はそのうちの20%、最終的な合格率は3~5%の難関となっています。なぜなら、中小企業診断士に必要なスキルとは、机上で得た知識だけで身につけられるものではないからです。本大学院では、現場での経験が理論と結びついた時に初めて本物の知識となると考えています。そのため本コースでは現場の視点、現場感覚を持った実践的な学びを重視しています。本コースでは2年間で計5回の実習と現場体験を設けています。実際の現場に足を運び、時には共に仕事に精を出し、中小企業の仕事の中身やそのマインドを肌で感じることができるようなカリキュラムになっています。

ビジネス・会計ファイナンス専攻 入学定員

  • 前期課程 28名
  • 後期課程 3名

※ 博士前期課程28名の入学定員数には、中小企業診断士登録養成コースの24名を含む。

 

【会計ファイナンス専門家養成コース】

  •  開講時間:平日夜間・土曜昼間
  •  キャンパス:白山
  •  社会人入試:前期課程・後期課程
  •  学位:前期課程 修士(経営学)・後期課程 博士(経営学)又は博士(会計・ファイナンス)
  •  半年毎に授業が完結するセメスタ制
  •  教育訓練給付制度指定講座:前期課程

 

【中小企業診断士登録養成コース】

  • 開講時間:平日夜間・土日昼間(実習期間、集中講義は別)
  • キャンパス:白山
  • 社会人入試:前期課程
  • 学位:修士(経営学)
  • 半年毎に授業が完結するセメスタ制
  • 資格:課程修了時(総合審査合格者)に中小企業診断士の資格を授与
    〈中小企業診断士登録数〉2019年度修了生 14名・2020年度修了生 19名
  • 教育訓練給付制度指定講座:前期課程

※開講時間は実習内容により、集中講義等が別途設定される場合があります。
※「出入国管理及び難民認定法」により、本コースの入学をもって在留資格(留学)を取得することはできません。
※本コースでは入学前の3月中旬よりガイダンスおよび授業に参加する必要があります。

 

【企業家・経営幹部養成コース】

  •  開講時間:平日夜間・土曜昼間
  •  キャンパス:白山
  •  学位:前期課程 修士(経営学)・後期課程 博士(経営学)又は博士(会計・ファイナンス)
  •  半年毎に授業が完結するセメスタ制
  •  教育訓練給付制度指定講座:前期課程