MENUCLOSE

文学研究科哲学専攻 主な研究テーマ

哲学専攻
主な研究テーマ

先輩の研究テーマ紹介 (所属・内容は取材時のものです)

大島正

バフマン 石井亮治
疑問が晴れ、知的好奇心が満たされたときの喜びは何事にも代え難い。 先生方の広い思想に影響を受け、日々新たな発見が得られます。 様々な意見や立場の人と関わることの面白さを知りました。

哲学専攻 博士前期課程2年
大島 正さん

哲学専攻 博士前期課程2年
ザキプール・バフマンさん

哲学専攻 博士後期課程1年
石井 亮治さん

 

2017年度 修士論文テーマ

技術論による人間学
例えば黄身に浮かぶ斑点の最小単位について
グスタフ=ルネ=ホッケとマニエリスムの展開―ホッケの思想から見るマニエリスムの意義―
流転する乙女
ショーペンハウァーにおける意欲の客観化―フィヒテの比較の中で―

 

2016年度 修士論文テーマ

認知と行為の現象学 -リハビリテーションの臨床例をもとにして-
日常性と創造性の哲学

 

2015年度 修士論文テーマ

アドルノ道徳哲学の「実践」
バシュラールのイメージ論
ショーペンハウアー研究-芸術の表現と人間性の本質
『意志の強度』

 

    博士後期課程

    フッサール現象学における習慣性概念の研究
    ホッブズにおける技術と制作
    『哲学』におけるヤスパースの哲学と科学の区別
    ジェイムズ『心理学原理』における経験分析の再構築
    人工知能が台頭した時代における医のあり方と哲学的考察
    キェルケゴールの建徳的著作の思想―構造と展開―
    動物と人間 異世界を形作るものは何か
    構造主義の展開
    臨床の科学化と科学の臨床化
    井筒俊彦の思想における比較哲学の意義―神的なものと社会的なものの間の争議―
     

    ※博士論文は東洋大学学術情報リポジトリより閲覧可能です。

    東洋大学学術情報リポジトリ