文学研究科 日本文学文化専攻

日本文学文化専攻

日本語・日本文学の研究を通して日本を、また人間を考える

日本文学文化専攻長

有澤 晶子

教員紹介はこちら

専攻長メッセージ

日本の文学・文化へ縦横に通じた探求

日本文学文化専攻は広くて深い範囲を網羅するために、日本語学、古典文学文化、近現代文学文化、比較文学文化の領域の専門科目が配されています。

日本に身をおき、あたりまえに日常的に接する文学や文化は、ひとたびその扉を開くと歴代人々の培ってきた厚い層の上に成りたっていることに気づくことが増えていくでしょう。その複合的な日本の文学、文化の探求は、自身のテーマに即して独自の観点を研鑽していく過程です。

日本が外国文学文化を受容する道のりは、時代ごとに試行錯誤や取捨選択をおこなった苦悩や驚喜の記憶として、文字に残されています。それは不断に解釈や価値の位置づけを変えながら、歴史の記憶、時代の精神、思考の足跡、論理の構築、創造の開花として刻まれています。既成概念にとらわれず、言葉に托された思いを発見していくことが、観点を磨いていくことに直結します。

学内には教員、院生、校友によって組織される日本文学文化学会があり、身近に先端の研究にふれたり、研究成果を発表する機会を得ることができます。多様な考えにふれて、思索する力を積み上げ、感性を磨いて、切磋琢磨して研究を共有する場でもあります。

研究を日常に組みこみ、自身で考えることを習慣づけて本を開けば、記される言葉は躍動し、古今東西の世界観が眼前に広がります。研究は常に自分自身と向き合って脱皮を繰り返していく場であることを実感できるでしょう。

時間軸と領域を縦横につなげ、過去現在の人々と世界観を共有したり、新たな発見を体感しながら日本文学文化の湧泉に身をおいて進んでください。

概要

「日本文学文化」の専攻名は、文学部日本文学文化学科との連動を明確化するために、2014年度に「国文学専攻」から名称変更したものです。「日本文学文化」の名称については、文学は文化の文脈の内にとらえるべきという意図に発しています。

日本語学・日本文学を主要分野とし、分野内の各専攻領域の教員が指導に当たります。

  • 入学定員:前期課程10名/後期課程3名
  • 開講時間:昼間開講
  • キャンパス:白山
  • 学位:前期課程 修士(文学)/後期課程 博士(文学)
  • 取得可能な資格:高等学校教諭専修免許状(国語)/中学校教諭専修免許状(国語)