学位審査について( Review criteria for degree thesis)

文学研究科

本研究科の学位請求論文は、以下の基準により厳正に審査される。

修士学位論文審査基準

(修士論文)
1.論文の独創性
2.研究史をふまえた適切な課題設定
3.資料に即した実証的な考察
4.論旨の整合性や一貫性
5.研究倫理上の配慮
6.その他、主査および副査が必要と認めた事項

(特定課題研究論文)
特定課題研究論文とは、特定の課題について実践的に調査・研究した論文であり、以下の点を考慮して審査し、評価を行う。

[英文学専攻]
1.実践的な調査・研究における独創性
2.自己のキャリアに即した鋭敏な問題や関心が認められる課題設定
3.実務経験に基づく資料・データの分析
4.社会的な意義を有する論旨
5.研究倫理上の配慮
6.その他、主査および副査が必要と認めた事項

[教育学専攻]
1.論文もしくは調査研究・実践研究・教材開発等における独創性
2.研究史もしくは関連分野における適切な課題設定
3.調査・実践・開発等に基づく実証的な分析・考察
4.論旨の整合性や一貫性
5.研究倫理上の配慮
6.その他、主査および副査が必要と認めた事項

[国際文化コミュニケーション専攻]
1.実務において援用・展開可能な実践的独創性
2.実務的観点から提起された課題設定
3.研究史・関連分野を視野にいれ、資料やデータに即した実証的な考察
4.論旨の整合性や一貫性
5.研究倫理上の配慮
6.その他、主査および副査が必要と認めた事項 

博士(甲・乙)学位論文審査基準

1. 当該論文が、従来の研究成果の十分な吸収の上に立って、その適切な活用を行っていると同時に、かつ当該研究分野において新たな知見を付与するものであり、学位請求論文提出者の独創性を示すものであること。

2. 当該論文が、分析の面においても論理展開の面においても、自立的な研究者として研究活動を行うことのできる、学位請求論文提出者の高度な研究能力を示す実証性、体系性を具えたものであること。

3. 当該論文が全般において、高度な専門的業務を遂行するに十分な、学位請求論文提出者の学識と能カとを有していることが認められる高水準のものであること。