MENUCLOSE

年次計画・各年度の進捗状況

Read more

平成29年度

目標

【研究目標】

研究初年度は、各研究テーマが持続的に継続するための基盤データを得ることを目標とする。具体的には、
①メンタルヘルス不調および運動生理機能の測定系の検討
②熱中症バイオマーカーの探索と細胞評価系の確立
③循環系、神経系ストレスの可視化の基盤研究

【ブランディング戦略の目標】

東洋大学ならではの独自色のある研究がスタートしたことの情報をあらゆるステークホルダーに届かせる。

実施計画

【研究実施計画】

①アスリートおよび一般学生の睡眠の質の可視化やデジタルペンの筆跡解析を実施し、メンタルヘルス不調の客観的評価系確立のための基礎データを採取する。また、運動後起立ストレスと脳血管循環の関係を、海外の研究機関(テキサス大学)と共同で実施する。
②暑熱ストレスを受ける細胞(神経、骨格筋、血管、皮膚)の動態変化を解析し、熱中症模倣細胞モデルを構築。熱中症発症に関連するバイオマーカー候補を複数同定する。
③ストレスによる循環生理機能の変動の解析、および精神疾患モデル動物の脳活動をイメージするシステムを用いた解析を行い、高齢者の精神的ヘルスサポートに向けての基盤データを蓄積する。

【ブランディング戦略の計画】

あらゆるステークホルダーに向け、本研究のスタートを認知してもらうキックオフシンポジウムを開催する。また、大学HPの充実とSNSでの発信や、マス・メディアへのニュース・リリースを発信する。

【目標達成度の基準と評価法】

本事業の進捗・達成の指標は、「ブランディング戦略」の「事業の進捗・達成状況を把握する方法」記載のKPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)である。全てのKPIについては、毎年度確認するが、年次計画欄に記載するのは、その年度に、特に注力して検証するものとする。本年度については、研究面は具体的な数値目標を研究テーマごとに立てて実施し、その達成度を内部および外部評価委員が評価する。ブランディング戦略は本研究の情報のSNSでの言及数、ニュースサイトでの掲載数、TV、新聞、雑誌等のマス・メディアでの掲載数、それらの情報の広告換算金額を指標として検証する。

平成29年度の進捗状況

平成29年度の進捗状況 [PDFファイル/222KB]

平成30年度

目標

【研究目標】

前年度の研究成果を基に測定・解析の頻度および精度を高めてサポート技術開発を継続する。

①アスリートのメンタルヘルス不調、脳活動領域の変動の定量化解析とコンディショニングデータ解析
②熱中症バイオマーカーの測定技術の開発と、発症メカニズムに基づいた予防栄養素・成分の探索研究
③高齢者の運動機能低下の早期把握法の開発と、運動機能および免疫機能の定量化解析

【ブランディング戦略の目標】

2年間の研究成果と2020年 オリンピック・パラリンピックに向けての研究の進捗・工程をアピールすることにより、昨年度、情報を到達させたステークホルダーに本研究を再認識してもらう。

実施計画

【研究実施計画】

①アスリートのトレーニング(強度・時間)の違いによる脳活動領域の変化を光トポグラフィーを用いて定量化する。同様にメンタルストレスを、唾液ストレスマーカーや、メンタルヘルス不調テストで可視化する。コンディショニングデータを解析し運動パフォーマンスとの相関性をAIプログラムで解析する。
②熱中症予知バイオマーカー候補の定量化技術の確立を目指す。また、ミストサウナ・温熱治療器で仮想熱中症環境でのバイオマーカーの変化を、健常人ボランティアで解析する。さらに、熱中症予防効果が期待される機能成分を、植物由来の天然成分ライブラリィ(200種類以上)から細胞模倣解析系で探索する。
③若年層、壮年層、高齢層各年代の、脳波活動の可視化技術、イヤホン型ウェアラブル測定器を用いた循環機能の測定技術、簡便免疫機能の新測定法を確立する。またサイクルコンピュータによる下肢筋肉の疲労度を測定し、高齢者運動機能の評価系の確立を目指す。

【ブランディング戦略の計画】

アスリートサポート技術の科学的検証と高齢者サポートに関するシンポジウムを開催し、そのニュース・リリースを行う。ただし、研究成果についてはシンポジウムのタイミングで発表するもの、それ以外のタイミングで発表するものなど、一般へのPR効果を考えて時期・方法等は検討する。

【目標達成度の基準と評価法】

前年度と同様に、具体的な数値目標を立てて研究を実施し、年度末に研究報告書を作成し、内部および学部評価委員の評価を得る。特に研究面では、企業との共同研究契約数や国際的な共同研究体制(海外研究機関からの研究員の招聘および派遣)の構築を評価対象とする。ブランディング戦略面では、昨年度と同じくネット上でのニュース掲載数、TV、新聞、雑誌等のマス・メディアでの掲載数といった指標を主に検証する。

平成31年度

目標

【研究目標】

研究期間中間点として、これまでの研究成果の実地検証(フィールドテスト)を行う。
①多階層的なメンタルストレスとフィジカルストレス指標をもとに、コーピング法を確立
②暑熱ストレス評価装置の開発と、熱中症予防成分の効果の多階層的な解析と実用化検討
③高齢者を対象とした運動機能低下の早期把握法の確立と、アスリートサポート技術の適応

【ブランディング戦略の目標】

これまでと同じく研究成果をアピールするとともに、海外研究機関との共同研究など、国際的な研究が進んでいることを主にアピールする。それにより、「スーパーグローバル大学創成支援事業」の実施により生まれている国際的な大学というイメージをより強固なものとする。

実施計画

【研究実施計画】

①アスリートのメンタルストレスおよびフィジカルストレスを、デジタルペン、脳血流量解析、ブラキシズム解析、シートセンサなどで多角的に可視化し、アスリートパフォーマンスに影響を及ぼすストレスに対するコーピング法を、AIを活用し国内および海外の研究機関と共同で開発する。
②猛暑下での作業を要する職業を対象に、ウェアラブル装置による発汗・皮膚血流量等を多項目で測定し、生体応答の評価系を確立する。熱中症を予防する機能成分の効果を、細胞・動物を用いて確認し、食品・製薬企業との産学共同研究開発を行う。
③本学と地域包括連携している自治体と協力し、高齢者を対象とした運動機能低下の定量化に向けての書字行動解析技術を確立する。また①の研究結果をフィードバックし、フレイル予防に繋がるトレーニング法の講習を行い、下肢筋肉の疲労度と運動生理機能の変化を測定する。

【ブランディング戦略の計画】

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会のアスリートサポートおよび観戦者サポート(熱中症対策)の国際シンポジウムの情報発信を行う。国際共同研究についての一般対象のマス・メディアへの露出は難しいと考えられるが、受験生、在学生及び保護者、卒業生(校友)といったステークホルダーに向けた本学メディアでの発信に注力する。

【目標達成度の基準と評価法】

研究事業の中間点としてこれまでの研究成果を検証するために、海外ジャーナルへの論文発表数、海外学会での発表数、論文の被引用数、論文のインパクト、世界大学ランキングの各項目の評点を主に検証する。さらに、アスリート、高齢者および熱中症罹患者に対するサポート技術の実用化に向けた、企業との共同研究開発の進捗も、研究成果の評価の基準とする。また、事業開始から3年を経過することから、ブランディング戦略によるイメージの浸透について、イメージ調査を行う。これにより、事業開始時と比較して、イメージの浸透度を計測する。

平成32年度

目標

【研究目標】

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会開催年に、これまでの研究成果を産官学の連携により社会実装することを目標とする。東京オリンピック、各種世界大会のみならず国内の大会に出場する本学代表のアスリートのパフォーマンスを高めるために、メンタルストレスとフィジカルストレスのコーピング法を実施する。また熱中症発症高リスク群および高齢者を対象とした、ストレスコーピングによる改善効果を検証する。

【ブランディング戦略の目標】

2020年 オリンピック・パラリンピック東京大会の実施年であることから、本研究成果のアスリートのパフォーマンスを高めるための研究成果とその実践を中心にアピールし、アスリート支援のための高度な科学的研究が行われているイメージを浸透させる。

実施計画

【研究実施計画】

①東洋大学のブランディング研究の成果を社会に広くアピールするために、これまでの科学的根拠に基づく研究で開発してきたストレスコーピング法の効果を実証する。本学の学生オリンピアンのみならず、多くのアスリートを対象としたサポート技術として普及することを目指す。
②産官学連携で開発した熱中症のコーピング技術と製品(予知、予防、重症化阻止)の普及活動を、国内外のオリンピック関係者(競技、大会関係者、警備員)および一般国民、特に高齢者を対象に展開し、その効果を検証する。また、本学から創出された成果を活用する大学発ベンチャー企業の起業に関する検討を行う。
③前年度に引き続き、メンタルおよびフィジカルストレスのコーピング法の普及活動と実地検証を、関連学会(日本老年医学会等)、関連医療研究機関(健康長寿医療センター等)、および各地方自治体と共同で行い、健康増進に向けて活動する。

【ブランディング戦略の計画】

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に照準に合わせた広報を展開する。一般向けのメディアへの掲載のために、アスリートやそれを支える研究者(指導者)中心のニュース・リリースを発信する。

【研究の目標達成度の基準と評価法】

これまでの研究成果を国内外に広く普及するための活動を評価の基準とする。研究活動の評価は、研究成果の実用化に向けたサポート技術の実地検証や製品(計測機器、検査キット、機能性食品・飲料水等)の開発を評価の対象とする。普及活動としては、機関誌、新聞、雑誌、TV報道、ホームページへの掲載という広報活動の他に、講演会(国内、海外)、関連学会でのシンポジウム開催などを評価し、本学のブランディング推進活動の指標とする。2020年 オリンピック・パラリンピック東京大会関係のネット上でのニュース掲載数、TV、新聞、雑誌等のマス・メディアでの掲載数を主に検証する。

平成33年度

目標

【研究事業の最終目標】

5年間の研究事業を総括する。特に、本事業の目標である、多階層的研究の実施により証明されたアスリートサポート技術と、高齢者の健康サポート技術および熱中症対策技術を2020年以降も継続して実証する。さらに本研究成果を国内のみならず、アジア諸国を始めとした世界に広めるために、国際的な研究事業体制を学内外で構築し、超高齢化社会を支えるイノベーティブかつグローバルな持続的な事業へと発展させる。

【ブランディング戦略の目標】

社会実装化の観点から、本研究の成果の集大成である研究シーズの実用化や実用化に向けた産官学連携の話題を発信し、教育・研究に次ぐ、大学第三の使命と言われている産官学連携が活発に行なわれている大学というイメージを浸透させる。

実施計画

【研究事業の最終計画】

5年間の研究は、関連学会発表、国際学術論文投稿、特許出願等の学術的な成果だけではなく、技術提携、製品開発、実用化検証などの産官学連携の成果として総括する。また研究期間終了後も、継続的に本研究成果が活用できる体制(更に本研究成果を基盤とした新たな研究機関設立や研究シーズを基盤としたベンチャー企業の設立)を学内外に構築し、アスリートサポート技術と熱中症サポート法の普及をアジア諸国に、高齢者の健康サポート技術を先進国に対して発信できるグローバルな活動として、全学的な事業を達成する。

【ブランディング戦略の計画】

既に2020年オリンピック・パラリンピック東京大会において成果をあげた内容を振り返ってフォローするとともに、進行中である産官学連携事業について、社会的インパクトを意識してニュース・リリースを発信する。企業等との連携の成果をアピールするシンポジウムを開催する。また、実用化が果たせていない研究シーズについては、研究シーズ集の発行、産学連携マッチング・イベントを開催する。最終的に本学が、文系のみならず理系も含めた高度な研究・教育が行われている総合大学であることのイメージを浸透させる。

【目標達成度の基準と評価法】

共同研究・受託研究・奨学寄附金の受入数と受入金額、特許出願件数、特許実施数・実施料、本学主催産学連携マッチングイベントへの参加者数、イノベーション・ジャパン等の外部の産学連携マッチングイベントへの出展数・来客数の指標を主に検証する。また、本事業の最終年度であるため、全KPIの指標について、事業開始時と比較する。そして、ブランディング戦略による大学のイメージの浸透について、あらゆるステークホルダーを対象にしたイメージ調査を行う。これにより、イメージの浸透度を計測し、事業開始前と比較することにより、ブランディング事業の効果測定を行う。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Read more