MENUCLOSE

東洋学研究所紀要 第41号 - 第50号

*残部に余裕のある号につきましては、頒布いたしたく存じます。詳細はお問い合わせ下さい。
  東洋大学東洋学研究所(電話03-3945-7483)
*傍点・長音記号の省略や漢字の字体など、一部簡略表記しています。
*JIS規定以外の文字は諸橋轍次『大漢和辞典』大修館書店刊("D"と略記)の文字番号を読み仮名とともにカッコ内に付記しました。

第41号 2004年2月発行

百人一首絵小考―絵巻と扁額と―
…………………………………………………………………………………………千艘 秋男
世阿弥能における浄土思想
…………………………………………………………………………………………原田 香織
「神の国」におけるラフカディオ・ハーン
…………………………………………………………………………………………豊田 政子
良純法親王年譜稿
…………………………………………………………………………………………大内 瑞恵
堀辰雄における《信濃》・日本のふるさと
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
戦時期龜井勝一郎の宗教的思索―『親鸞』と自力の超克―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
草木成佛について(九)―頼瑜の眞俗雑記問答鈔第一―
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
〈研究ノート〉:『玉歴鈔伝』について(一)―『玉歴鈔伝』紹介―
…………………………………………………………………………………………川崎ミチコ
『修験修要秘決集』『修験三十三通記』に記された
「法螺」「最多角念珠」「錫杖」「 縁笈エンギウ 之事」
…………………………………………………………………………………………中山 清田
『宗鏡録』巻二十八所引「雑華厳経一乗修行者秘密義記」について
―房山石経刻経『健拏標訶一乗修行者秘密義記』との対照研究―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
公開講演会 平成十四年十二月七日
─忘れられた満州文学─
「五族協和に撤した作家大滝重直─『劉家の人々』を軸に」
…………………………………………………………………………………………三田 英彬

東洋大学 東洋学研究所事業報告

初期不二一元論学派の宇宙論について
…………………………………………………………………………………………佐竹 正行
四元素と世界の構成
―『プラシャスタパーダ・バーシュヤ』における四元素説の解明―
…………………………………………………………………………………………三浦 宏文
クリスチャン・ブイ著
『ナータ派ヨーガ行者と諸ウパニシャッド』抄訳─(2)─
…………………………………………………………………………………………橋本 泰元
『念佛三昧寶王論』に見る禪の動向
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
チベット語訳『能断金剛般若経』校訂テクスト(I)
…………………………………………………………………………………………渡辺 章悟
中世日本における『列子』及び『列子献齋口義』の受容考
………………………………………………………………………………………… 王   廸
人物評論集としての『論語』
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
論理と生命─西田哲学と西谷哲学の場合─
…………………………………………………………………………………………甲田  烈
人工妊娠中絶と水子
  ―アメリカと日本における中絶の状況と水子供養における胎児の位置―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
Zum Begriff der Natur in der chinesischen Philosophie
…………………………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
The History of the Idea and the Concept "Identity"
…………………………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧


第42号 2005年3月発行 

三十六歌仙絵の二資料―カルタと版本と―
…………………………………………………………………………………………千艘 秋男
謡曲における雅楽引用の機構―世阿弥能と『教訓抄』―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
石見相聞歌の視界―時空構造把握への射程―
…………………………………………………………………………………………上安 広治
和泉式部の発想方法―観音信仰―
…………………………………………………………………………………………新井 幸恵
『源氏物語』における女性の出家について
…………………………………………………………………………………………鈴木 美弥
近世地下歌人の哀傷歌―河瀬菅雄編『ふもとの塵』『続ふもとの塵』より―
…………………………………………………………………………………………大内 瑞恵
四季派と更科源蔵―堀辰雄、北方の〈ゆきあい〉―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
戦時期龜井勝一郎の歴史人物論―『聖徳太子』への道―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
死に臨む態度―上田三四二の「うつしみ」―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
草木成仏について(十)
  ―性寂の秘密儀軌隨聞記(二十三)。鵝珠鈔(下)。隆瑜の秘藏記拾要記(巻七)―
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
静遍『続選択文義要鈔』における仏身論
…………………………………………………………………………………………熊田 順正
朝鮮華厳における実践の一考察―高麗均如の尽不尽観―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚

東洋大学 東洋学研究所活動報告

新潟県蒲原平野における農業水利秩序の考察
…………………………………………………………………………………………穐本 洋哉
ヴァイシェーシカ思想の評価について
─「自然哲学」的側面と「宗教性」の問題─
…………………………………………………………………………………………三浦 宏文
クリスチャン・ブイ著
  『ナータ派ヨーガ行者と諸ウパニシャッド』─抄訳(3)─
…………………………………………………………………………………………橋本 泰元
空海の老莊観―『三教指歸』を中心に―
………………………………………………………………………………………… 王   廸
春日潜菴先生叢書のことなど
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
福澤諭吉の「啓蒙期」女性論における近代化と〈東洋的なもの〉
…………………………………………………………………………………………前原有美子
The Sense of Einstein's Theory of Relativity in Nishida's "Logic of Field"
…………………………………………………………………………………………HASHI Hisaki  橋  ◆(ひさき:D14601)
Nietzsche und Zhuangzi: Ein Beispiel vergleichender Philosophie
…………………………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
Christianity and the Primitive in Nordic Ideal History
…………………………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧


第43号 2006年3月発行 川崎信定博士 退任記念号

川崎信定先生を送る
…………………………………………………………………………………………森  章司
老病死に関する万葉歌文集成―第一部「老」・第二部「病」和歌編―
…………………………………………………………………………………………大久保廣行
上安 広治
世阿弥伝書の受容―『わらんべ草』における「道」の意識―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
堀辰雄における西欧文学―プルースト受容の持続―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
堀口大學の初期短歌―吉井勇を視座として―
…………………………………………………………………………………………土屋  聡
戦争末期における龜井勝一郎―『日月明し』を中心に―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
草木成佛について(十一)
―玄廣『草木成仏之事』―(前篇)―
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
台密の円密一致思想としての「伝法聖者闕略」
―安然・仁空の書を中心に―
…………………………………………………………………………………………土倉  宏
『御堂関白記』における仏事について―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
「人に忍びざるの政」とは(一)―朱熹の「仁」の思想を再考する―
…………………………………………………………………………………………小路口 聡 
明治初年の土地均分論
…………………………………………………………………………………………白川部達夫 
公開講演会 平成十七年十一月三十日 
樋口一葉の表現技術―「たけくらべ」をめぐって―
…………………………………………………………………………………………山田 有策 

東洋大学 東洋学研究所活動報告 

ソクラテスの刑死と日本の切腹―引責自殺との比較考察―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之 
チベットにおける三世実有思想の展開と受容
…………………………………………………………………………………………現銀谷史明 
ゴンタ・ガワンウースン
ヴァイローチャナ(Vairocana)の筆名に関する伝承について
…………………………………………………………………………………………石川 美惠 
ヴァイシェーシカ学派のparatva・aparatvaについて
…………………………………………………………………………………………三浦 宏文 
クリスチャン・ブイ著 
『ナータ派ヨーガ行者と諸ウパニシャッド』―抄訳(4)―
…………………………………………………………………………………………橋本 泰元 
無求備齋主人嚴靈峯の老莊研究―その日本老莊学の書誌的研究を兼ねて―
………………………………………………………………………………………… 王   廸 
神呪の系譜―初期雑密経典から道教経典へ
…………………………………………………………………………………………菊地 章太 
河井継之助異聞―『陽明学』(鉄華書院)の一隅―
…………………………………………………………………………………………吉田 公平 
川崎信定博士略歴・業績目録


第44号 2007年3月発行 大久保廣行博士・森章司博士 退任記念号

大久保廣行博士 略歴・業績
森 章司 博士 略歴・業績

大久保廣行博士を送る
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
森 章司 博士を送る
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
老病死に関する万葉歌文集成―第一部「老」・第二部「病」 文章編―
…………………………………………………………………………………………大久保廣行
上安 広治
謡曲と禅的世界―『放下僧』における禅問答―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
室生犀星に映す茂吉・静雄・辰雄・迢空・道夫の死の射影
―昭和二十八年の文学往来―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
川端康成『掌の小説』論―「バッタと鈴虫」、光の戯れについて
…………………………………………………………………………………………山崎 甲一
バルザックの遊歩における「東方」
…………………………………………………………………………………………朝比奈美知子
和泉式部歌における無常観
…………………………………………………………………………………………新井 幸恵
翻刻『後撰夷曲集抜書』
…………………………………………………………………………………………大内 瑞恵
住吉大社の御田植神事の変遷(後)―住吉踊登場―
…………………………………………………………………………………………鈴木 明子
龜井勝一郎の天皇観―『陛下に捧ぐる書翰』について―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
「人に忍びざるの政」とは(二)―司法の場における「仁」の思想―
…………………………………………………………………………………………小路口 聡
戦国期の頼みと公儀
…………………………………………………………………………………………白川部達夫

東洋大学 東洋学研究所活動報告

紀平哲学における自我と姓名と生命―『自我論』を中心として―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
伊藤博文の日本社会論―「帝国憲法制定の由来」を素材として―
…………………………………………………………………………………………小島 伸之
明治期における倫理思想
…………………………………………………………………………………………末次  弘
初期不二一元論学派における個我観
…………………………………………………………………………………………佐竹 正行
『カーシー・ラハスヤ』に見られる聖地巡礼の作法
…………………………………………………………………………………………宮本 久義
新羅華厳と『釈摩訶衍論』との関係をめぐる一つの手がかり
―引用文献の一致に着目して―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
「東山法門」と「楞伽宗」の成立
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
人見卜幽軒と『老子献齋口義抄』
………………………………………………………………………………………… 王   廸
『女青鬼律』の成立と初期道教における救済思想の展開
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
河井継之助と陽明学―司馬遼太郎『峠』にことよせて―
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
Zur Rolle der Musik im konfuzianischen System der Philosophie
…………………………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
The Comparative Ideal History of Norway and Denmark
―The Norwegian Wooden Church and Soren Kierkegaard―
…………………………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧


第45号 2008年3月発行

狂言の「くづし」の美―『わらんべ草』における身体意識―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
愛と死生の妙諦・堀辰雄におけるリルケ受容―訳解と雑記―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
龜井勝一郎と敗戦―自伝『我が精神の遍歴』の成立背景―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
「人に忍びざるの政」とは(三)―宋王朝の「寛仁」政策と朱熹の刑罰論―
…………………………………………………………………………………………小路口 聡
草木成佛について(十二)
  無量光院 玄廣『草木成仏之事』―後篇―
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
静遍教学の特異性について―諸師の批判を通して―
…………………………………………………………………………………………熊田 順正

東洋大学 東洋学研究所活動報告

新宗教とエスノセントリズム―生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって―
…………………………………………………………………………………………寺田 喜朗
戦争体験記で描かれた「生と死」―『孫たちへの証言』を事例に―
…………………………………………………………………………………………川又 俊則
紀平哲学における「なるほど」
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
Dr. Morita's Psychophysical Therapy and its Relation to the Way of Thinking in Zen-Buddhism
…………………………………………………………………………………………HASHI Hisaki  橋  ◆(ひさき:D14601)
ゲンドゥンドゥプ(ダライラマ1世)講述『解脱道解明』和訳
―Abhidharmakosakarika: I-25~28偈に対する註釈―
…………………………………………………………………………………………現銀谷史明
古代デカン国家の地方統治―ラーシュトラクータ朝後半期の事例を中心に―
…………………………………………………………………………………………石川  寛
林羅山と『首書老子經』
………………………………………………………………………………………… 王   廸
墓誌銘に見る初期の禪宗(上)
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
洞淵神呪経逐鬼品の救済思想
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
近代日本における道徳概念と道徳教育の位置づけ
―第二次世界大戦前後の政治的背景と道徳概念変容の端緒―
…………………………………………………………………………………………中里  巧
宮内黙藏年譜稿
…………………………………………………………………………………………吉田 公平


第46号 2009年3月発行 東洋学研究所50周年記念号

東洋学研究所五十周年記念号に寄せて
…………………………………………………………………………………………山崎 甲一
千手千眼の理―『わらんべ草』における狂言論―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
『古今著聞集』の管絃歌舞説話序論
…………………………………………………………………………………………櫻井 利佳
続 愛と死生の妙諦・堀辰雄におけるリルケ受容―作品展開―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
戦後龜井勝一郎の文明評論
―『現代人の研究』から『二十世紀日本の可能性』へ―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
越後における検地名請と質地請戻し慣行
…………………………………………………………………………………………白川部達夫
「人に忍びざるの政」とは(四)―朱熹の死刑論と人間の尊厳について―
…………………………………………………………………………………………小路口 聡
行為的自己の論理―西田幾多郎『哲学論文集 第二』をめぐって―
…………………………………………………………………………………………相楽  勉
古写本二点
道教の『秘密口傳鈔』と祐宜筆写の印融二十四帖の『秘傳鈔』について
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見

東洋大学 東洋学研究所活動報告

伊勢地方のミコ寄せと民俗宗教
…………………………………………………………………………………………平山  眞
信教自由に対する宗教団体法施行の影響
…………………………………………………………………………………………小島 伸之
少子高齢社会を支える宗教指導者―老年期の牧師・元牧師を中心に―
…………………………………………………………………………………………川又 俊則
無主語の世界像―日本語において省略される行為者の位置―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
地方行政区画ベルヴォラ300の統治について
―ラーシュトラクータ朝時代の事例を中心に―
…………………………………………………………………………………………石川  寛
『ゴーラクシャ・シャタカ』試訳(1)
…………………………………………………………………………………………番場 裕之
近代日本における『原人論』の再発見と論争―高橋五郎と織田得能の論争―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
墓誌銘に見る初期の禪宗(下)
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
『瓶護摩儀軌』翻訳研究
…………………………………………………………………………………………山口しのぶ
日本における『老子』研究の流転
………………………………………………………………………………………… 王   廸
敦煌写本『老子変化経』の構造と生成
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
シェリング、歴史哲学の可能性―「自己意識の歴史」と「経験」としての歴史―
…………………………………………………………………………………………長島  隆
北方の人々とオホーツク文化の基層―北方宗教習俗をめぐる諸要素―
…………………………………………………………………………………………中里  巧
横井小楠の長岡監物宛の一書簡について
…………………………………………………………………………………………吉田 公平


第47号 2010年3月発行 

近世後期主穀生産地域の肥料商と流通
…………………………………………………………………………………………白川部達夫
西田最晩年の思索への途上―西田幾多郎『哲学論文集 第三』をめぐって―
…………………………………………………………………………………………相楽  勉
死を演じる―狂言『鎌腹』における死の思想―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
白河院五十御賀の試楽覚書
…………………………………………………………………………………………櫻井 利佳
満洲への詩魂―室生犀星『哈爾濱詩集』―
…………………………………………………………………………………………エルドンバートル
龜井勝一郎『日本人の精神史研究』への軌跡
…………………………………………………………………………………………山本 直人
「他処」の失墜―フローベール『感情教育』における東方のイメージ―
…………………………………………………………………………………………朝比奈美知子
佛花器の変遷と種類―金工と古陶磁―
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
『前識談』の構造からみる海保青陵の思想
…………………………………………………………………………………………坂本 頼之

東洋大学 東洋学研究所活動報告

日蓮系新宗教における生命主義的救済観の生成・展開・変容
―創価学会における救済観の変遷―
…………………………………………………………………………………………大西 克明
戦後新宗教におけるナショナリズム言説の諸相
―大衆ナショナリズムの発露とその論法―
…………………………………………………………………………………………寺田 喜朗
老年期の信仰と生活―元牧師の類型と抱える諸問題を中心に
…………………………………………………………………………………………川又 俊則
無主語の世界像(2)―日本語において省略される行為者と隠れたる存在―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
土田杏村の倫理思想―近代日本における“全体性”をめぐって―
…………………………………………………………………………………………渡邉 郁子
チベットの地位をめぐる三つの言説の実態と形式
―清末民初期の蔵中英関係を中心に―
…………………………………………………………………………………………田崎 國彦
初期不二一元論学派の付託観の展開
…………………………………………………………………………………………佐竹 正行
『サマラーンガナ・スートラダーラ』第8章和訳と註解
…………………………………………………………………………………………出野 尚紀
北宗における禪律一致思想の形成
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
中世日本における禅文化と老莊
………………………………………………………………………………………… 王   廸
洞淵神呪経写本校異(一)
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
Vom Begriff der Zeit in der chinesischen Philosophie
…………………………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
『文府滑稽』について―その序文に見る「大道」と「滑稽」―
…………………………………………………………………………………………坂井多穂子
『本朝異学問答』について
…………………………………………………………………………………………吉田 公平


第48号 2011年3月発行 

狂言における連歌の機構
…………………………………………………………………………………………原田 香織
彗星と天皇と狂歌 ―寛文四年の彗星と生白堂行風撰『古今夷曲集』序論
…………………………………………………………………………………………大内 瑞恵
武田泰淳『森と湖のまつり』と島尾敏雄『死の棘』
―辺境(北方・南方)からの諸声―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
萩原朔太郎と西欧哲学 ―『青猫』『氷島』を中心に―
…………………………………………………………………………………………エルドンバートル
モダンガールの断髪と自我 ―ささきふさと「婦人グラフ」の東京モード―
…………………………………………………………………………………………水谷 真紀
龜井勝一郎の晩年と近世観―『日本人の精神史研究』第五部構想と中絶―
…………………………………………………………………………………………山本 直人
平安時代中期の古記録にみられる葬地と葬送儀礼―『小右記』を中心として―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
『十地論義疏』と『大乗五門十地実相論』―周叔迦説の検討を中心として―
…………………………………………………………………………………………山口 弘江
海保青陵の二心論と「空」
…………………………………………………………………………………………坂本 頼之
天主・太極論争―見えざる者に対する意識―
…………………………………………………………………………………………播本 崇史

東洋大学 東洋学研究所活動報告

我国における「地域社会と宗教」研究の成果と課題
―村落社会におけるキリスト教の受容研究を中心に―
…………………………………………………………………………………………寺田 喜朗
「祈る場所」の可能性―キリスト教主義老人ホームの比較検討を通じて
…………………………………………………………………………………………川又 俊則
シオラン思想における神秘について―西洋思想と東洋思想の交流―
…………………………………………………………………………………………行武 宏明
風景と死―補陀落渡海と海の風景―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
井上円了『仏教活論序論』における真理の論証
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
ゴク・ロデンシェーラプの般若心経註について
―試訳・Romanized transcription text―
…………………………………………………………………………………………現銀谷史明
ゴンタ・ガワンウースン
『真実光明論』(Tattvaloka)研究:
“直接知覚による無自性性の証明”の議論に関して
…………………………………………………………………………………………計良 龍成
デカン南西部カルナータカ地方の建築家・彫刻家・石工たち
―前期チャールキヤ朝の事例から
…………………………………………………………………………………………石川  寛
ヒンドゥー建築論において用いられる単位とその長さについて
…………………………………………………………………………………………出野 尚紀
室町期から江戸期までの老莊関係書物
―主として東北大学附属図書館の所蔵本について―
………………………………………………………………………………………… 王   廸
洞淵神呪経写本校異(二)
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
朱熹気質論における「心」の位置と役割
…………………………………………………………………………………………辻井 義輝
池田盛之助の修学日記『中州遊覧日記』『己酉日記』について
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
古代北方社会における血の復讐―サガ・イヌイット伝承・カレワラ・アイヌ伝承―
…………………………………………………………………………………………中里  巧


第49号 2012年3月発行 竹内清己博士記念号

竹内清己博士略歴・主要業績一覧
竹内清己先生の教授職ご退職に寄せて
…………………………………………………………………………………………中里  巧
日本近代文学への問い―“いのち”を巡る一年―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
金春禅竹『稲荷山参籠記』における信仰形態
…………………………………………………………………………………………原田 香織
萩原朔太郎の文学における「竹」の座―詩と神話―
…………………………………………………………………………………………エルドンバートル
龜井勝一郎と戦後の文壇
…………………………………………………………………………………………山本 直人
遊歩者ユイスマンスが見た「現代」空間
…………………………………………………………………………………………朝比奈美知子
馬鈴の研究
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
中国仏教における実相解釈に関する一考察
―地論宗の用例を中心として―
…………………………………………………………………………………………山口 弘江
王畿晩年の「自訟」についての考察
…………………………………………………………………………………………小路口 聡
明末天主教「格物」論攷
…………………………………………………………………………………………播本 崇史

東洋大学 東洋学研究所活動報告

キルケゴール思想と遠藤周作について
…………………………………………………………………………………………行武 宏明
風景と死の記憶―補陀落渡海と風景の記憶―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
井上円了における神の本体の論証とキリスト教者の批評
―『哲学一夕話』第二編をめぐって―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
清末民初期における「チベットの独立」を語る言説と史料
…………………………………………………………………………………………田崎 國彦
インド的調気法と中国的「呼吸法」について
…………………………………………………………………………………………番場 裕之
ヴァーカータカ朝研究の新動向
―おもにアジャンター後期窟造営との関連から
…………………………………………………………………………………………石川  寛
ヒンドゥー建築論における都市と街路の関係
…………………………………………………………………………………………出野 尚紀
シャーキャチョクデンの般若心経註について
…………………………………………………………………………………………現銀谷史明
『真実光明論』(Tattvaloka)研究:
“推論による無自性性の論証”の議論に関して(1)
…………………………………………………………………………………………計良 龍成
「東山法門」と國家權力
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
六国史にみる般若経
…………………………………………………………………………………………渡辺 章悟
江戸時代における老莊研究の展開
―口義本の流行とそれからの脱却―
………………………………………………………………………………………… 王   廸
慈氏菩薩図像存疑
…………………………………………………………………………………………菊地 章太
池田盛之助の『一齋先生訪問日記』について
…………………………………………………………………………………………吉田 公平
日本の新宗教における自利利他連結転換装置
…………………………………………………………………………………………西山  茂
「近代医学」と「自然療法」の相克
―「医学の危機」論争、あるいはドイツにおける近代医学の確立への道程を背景にして―
…………………………………………………………………………………………長島  隆
村山節法則史学とリアリティ
…………………………………………………………………………………………中里  巧


第50号 2013年3月発行 吉田公平博士記念号

吉田公平博士略歴・主要業績一覧
吉田公平先生を送る
…………………………………………………………………………………………橋本  泰元
往還する詩劇―能『鷹姫』考
…………………………………………………………………………………………原田  香織
萩原朔太郎「郷土望景詩」論考―伝統文明と異文化の交錯空間
…………………………………………………………………………………………エルドンバートル
龜井勝一郎『人生論』における戦中と戦後
…………………………………………………………………………………………山本  直人

折口学説に結ぶ与謝野晶子・川端康成・太宰治―日本文学持ち歩き―
…………………………………………………………………………………………竹内  清己
井上哲次郎「現象即実在論」の方法論的意義
…………………………………………………………………………………………相楽  勉
鰐口管見
…………………………………………………………………………………………伊藤  宏見
井上円了における伝統仏教体系と仏教・哲学一致論
―『八宗綱要ノート』から『仏教活論序論』へ―
…………………………………………………………………………………………佐藤  厚
シャマニズムの原始的形態についての一考察
…………………………………………………………………………………………胡   樹
青陵の自己と徂徠の「クルワ」
…………………………………………………………………………………………坂本  頼之
補陀落渡海と常世―補陀落渡海と入水往生・龍燈伝承との関係―
…………………………………………………………………………………………大鹿  勝之

東洋大学 東洋学研究所活動報告

遠藤周作とキリスト教―罪と悪―
…………………………………………………………………………………………行武  宏明
アウンサンスーチーの民主化運動における慈悲と平和な社会の構築
…………………………………………………………………………………………田崎  國彦
前期チャールキヤ朝史の再検討―3代王・4代王の治世を中心に
…………………………………………………………………………………………石川  寛
サーンキヤ思想におけるグナ論―3種のグナによる輪廻の様相―
…………………………………………………………………………………………三澤  祐嗣
ヒンドゥー建築論書における都市の内部構成について
…………………………………………………………………………………………出野  尚紀
Bhāruci: Manuśāstravivaraṇa 8章訳注(1
…………………………………………………………………………………………沼田  一郎
ネワール仏教のダシャカルマ・プラティシュター
―イヒ儀礼とプラティシュターを中心として―
…………………………………………………………………………………………藤森  晶子
『禪本草』と袁中道の『禪門本草補』
―『禪本草』の原形と清代における両者の混同―
…………………………………………………………………………………………ロビン・トリノ
新羅浄土教研究方法論―新羅仏教パラダイムの視座から―
…………………………………………………………………………………………愛宕  邦康
基撰『金剛般若経賛述』の真偽問題について
…………………………………………………………………………………………林   香奈
寛文五年版『莊子』