MENUCLOSE

東洋学研究所紀要 第31号 - 第40号

*残部に余裕のある号につきましては、頒布いたしたく存じます。詳細はお問い合わせ下さい。
  東洋大学東洋学研究所(電話03-3945-7483)
*傍点・長音記号の省略や漢字の字体など、一部簡略表記しています。
*JIS規定以外の文字は諸橋轍次『大漢和辞典』大修館書店刊("D"と略記)の文字番号を読み仮名とともにカッコ内に付記しました。

第31号 ―西義雄先生追悼号― 『総合研究 アジアにおける宗教と文化』1994年3月発行(残部なし) 

刊行の辞
…………………………………………………………………………河村 孝照

追悼篇

西義雄先生御影・略歴

西義雄先生を追悼する
…………………………………………………………………………菅沼  晃
追憶・西義雄先生
…………………………………………………………………………勝又 俊教
西義雄先生の存在
…………………………………………………………………………古田 紹欽
西義雄先生を偲んで
…………………………………………………………………………玉城康四郎
西先生の学風を仰ぐ
…………………………………………………………………………早島 鏡正
西義雄先生と早稲田大学
…………………………………………………………………………三崎 良周
西義雄先生を偲ぶ
…………………………………………………………………………恩田  彰
菩薩道の慈父
…………………………………………………………………………小林 圓照
西先生と大倉精神文化研究所
…………………………………………………………………………鎌田 純一

論文篇

[日本の部]
大乗は師資相承に依る釈尊の真説
―小乗は滅后数百年後の有部教徒のとける方便非仏説―
…………………………………………………………………………西  義雄
最澄から円仁へ
…………………………………………………………………………田村 晃祐
平安朝文学における習俗語
―「立ちながら」「ひとひめぐり」「ひとよめぐり」覚え書 ―
…………………………………………………………………………神作 光一
法然における学の体系と実践の体系
…………………………………………………………………………河波  昌
法然門下の初期の系譜資料
―『吉水法流記』と『法水分流記』について―
…………………………………………………………………………牧  哲義
親鸞の宗教と文化
…………………………………………………………………………五十嵐 明宝
道元と良寛 ―比較思想的考察―
…………………………………………………………………………笠井  貞
修験道における宗教文化
…………………………………………………………………………中山 清田
『九暦』にみられる法会と修法について
…………………………………………………………………………榎本 榮一
日本の仏教宗派の分布動向
…………………………………………………………………………北村 嘉行

[中国の部]
『大阿弥陀経』および『平等覚経』の翻訳に関する考察
…………………………………………………………………………岡本 嘉之
道教における斎法の成立
…………………………………………………………………………山田 利明
◆(けい:D8273)康の音楽論
…………………………………………………………………………玉野井 純子
宗密『原人論』と唐代の宗教文化
…………………………………………………………………………河村 孝照
敦煌出土「大目乾連冥間救母変文」校勘訳注(一)
…………………………………………………………………………柿市 里子
渋谷誉一郎
遊佐  昇
『臨済録』に見る「真正の見解」とその構造
…………………………………………………………………………里道 徳雄

[インド・チベットの部]
「律蔵」の諸特性とインド文化
…………………………………………………………………………森  章司
阿毘達磨大毘婆娑論における菩薩行
  ―特に波羅蜜多行を中心として―
…………………………………………………………………………祖父江 章子
チャイタニヤの宗教と「名号」論
…………………………………………………………………………橋本 泰元
Introduction to Tibetan bsDus Grwa logic
…………………………………………………………………………Kunchok SITHAR
A study on the Tibetan Monastic system
…………………………………………………………………………Sonam Gyaltsen Gonta
ナーランダー仏教大学最後の光景[資料篇]
―ダルマスヴァーミン『インド巡礼記』第10章訳註―
…………………………………………………………………………田崎 國彦
インドの暦の研究(2) ―ヒンドゥー教の文化、ヴラタについて(1)―
…………………………………………………………………………鈴木 良明
インド運動論の原典翻訳 II
―パダールタダルマサングラハ、およびその注釈書、
ニャーヤカンダリー第3章“運動”(karman)の翻訳 II
…………………………………………………………………………大網  功
初期ラーガ・ディヤーナについて
…………………………………………………………………………清水  乞
Yasomitra著Sphutarthaにおける仏教語の文法的解釈〔I〕
―abhidharma-の語義―
…………………………………………………………………………渡邉 郁子
大乗涅槃経の女性観
…………………………………………………………………………金子 芳夫
蔵漢対訳『虚空蔵菩薩経』(1)
…………………………………………………………………………金岡 秀友

編纂のことば
執筆者略歴

第32号 1995年3月発行 河村孝照博士退任記念号

河村孝照博士の近影
河村孝照博士略歴・業績目録

臨済禅とその宗教文化 ―鎌倉五山を中心として―
…………………………………………………………………………近藤 文剛
海北友松の新発見の作品について
…………………………………………………………………………伊藤 宏見
『十住毘婆沙論』と『十地経論』 ―不退転の問題に因んで―
…………………………………………………………………………五十嵐 明宝
近世日本における風狂と死 ―仏教・茶道・切支丹をめぐって―
…………………………………………………………………………中里  巧
『般舟三昧経』チベット訳及び漢訳諸本に於ける比較研究
―特に『般舟三昧経』と空思想との関係について―
…………………………………………………………………………林  純教
浄土教の原宗教体験について
…………………………………………………………………………村石 恵照
阮籍と◆(けい:D8273)康
…………………………………………………………………………玉野井 純子

―平成6年度 彙報―

ヴァイシェーシカ学派における「<世界の>創造と破壊」の原典翻訳 I
―パダールタダルマサングラハおよびその注釈書、
ニャーヤカンダリー第1章「実体」、第6節「創造と破壊」  I ―
…………………………………………………………………………大網  功

第33号 1996年3月発行 里道徳雄先生追悼記念号

里道徳雄先生の遺影
里道徳雄教授略歴・業績目録
里道徳雄先生追悼記念号刊行にあたって ……………………………河波  昌
法華経と日本思想(一)
……………………………………………………………………………河村 孝照
草木成佛について―殊に印融法印の場合―(その一)
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
歌枕「信夫の里」について―西行の風土を考える基盤として―
……………………………………………………………………………高城 功夫
敦煌出土「大目乾連冥間救母変文」校勘訳注(二)
……………………………………………………………………………柿市 里子
渋谷誉一郎
遊佐  昇
経典の空読(そらよみ)について
……………………………………………………………………………榎本 榮一
「陳述」の批判を巡って―ハイデガーと日本文法学者たち―
……………………………………………………………………………相楽  勉

平成7年度 彙報

仏性難見の十喩にみられる個性化の過程
……………………………………………………………………………金子 芳夫

第34号 1997年3月発行

島木赤彦における自然と信仰の構造 ―山と湖と光を中心に―
……………………………………………………………………………伊東 一夫
国学者夏目甕麿の思想
……………………………………………………………………………河村 孝照
大乗仏教経典に見られる正定聚・不退転について
……………………………………………………………………………五十嵐 明宝
草木成仏について(その二)
―殊に宥快法印とラフカディオ・ヘルン(小泉八雲)の場合―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
「日本挽歌」標題考
……………………………………………………………………………大久保 廣行
親鸞・浄土教史観序説
……………………………………………………………………………村石 恵照
織田作と安吾・『世相』と「堕落論」―近代文学研究の楽しさ―
……………………………………………………………………………竹内 清己
敦煌出土「大目乾連冥間救母変文」校勘訳注(三)
……………………………………………………………………………柿市 里子
渋谷誉一郎
遊佐  昇
茶道思想における修道性と「死」の概念
……………………………………………………………………………中里  巧
法然教団周辺の人々 ―『法水分流記』成立の背景をたずねて―
……………………………………………………………………………牧  哲義
『親鸞伝絵』より見た初期真宗教団と法然門下諸流(一)
……………………………………………………………………………岡本 嘉之
『一万頌般若経』の特異性
……………………………………………………………………………林  純教
即心是仏とインマヌエル
……………………………………………………………………………橋  ◆(ひさき:D14601)
慶長十五年の神託 ―近世神道霊験記の世界から―
……………………………………………………………………………阪口光太郎
『摧邪輪』の批判にみる明恵の修道観
……………………………………………………………………………鈴木 善鳳
◆(けい:D8273)康の“楽”
……………………………………………………………………………玉野井 純子

平成8年度 彙報

ヨーガスートラの身体観
……………………………………………………………………………番場 裕之
『決定義経註(Don rnam par gdon mi za ba'i 'grel pa)』序分研究
―校訂・和訳・注解―
……………………………………………………………………………石川 美惠
西明円測と五姓各別論 ―慈恩教学との比較研究―
……………………………………………………………………………橘川 智昭
<あるがまま>を吟味する
―原始仏教におけるyathabhutam・yathabhuta-の語義と用法〔I〕―
……………………………………………………………………………田崎 國彦

第35号 1998年2月発行

道元とヘーゲルの真理論 ―比較哲学的研究―
……………………………………………………………………………笠井  貞
『あゆひ抄』の「言霊」について
……………………………………………………………………………根上 剛士
草木成仏について(三)― 論則としての消長-道邃・頼宝の場合 ―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
折口信夫の国学論 ―日本近代文学史の成立にむけて―
……………………………………………………………………………竹内 清己
十返舎一九における「しゃれ」と「滑稽」
……………………………………………………………………………中山 尚夫
ジャータカにおける菩薩行 ―特に施波羅蜜多を中心として―
……………………………………………………………………………祖父江 章子
御斎会試論
……………………………………………………………………………榎本 榮一
日本中世宗教音楽試論 ―キリスト教音楽の受容―
……………………………………………………………………………下崎  結
平成8年度特別研究「日本宗教文化の種々相」研究報告
……………………………………………………………………………河波  昌
シンポジウム報告「日本宗教文化の種々相 ―日本における諸宗教の相剋と融合―」
    日本宗教文化における「無」の思想
―キリスト教と仏教との出会いの中で―
    …………………………………………………………………………花岡 永子
    諸宗教の相克か融合か
    …………………………………………………………………………J. W. ハイジック
    日本仏教の特色と他宗教との関係
    …………………………………………………………………………田村 晃祐
    茶道思想における「死」の概念
    …………………………………………………………………………中里  巧

平成9年度 彙報

引用句より見た"Sankara-Bhagavadgitabhasya"の構成
……………………………………………………………………………高木 健翁
ヨーガ行法と「癒し」
……………………………………………………………………………番場 裕之
ダライ・ラマ1世著『解脱道解明』和訳
―AK I‐4~7偈に対する註釈―
……………………………………………………………………………現銀谷 史明
『決定義経釈(don rnam par gdon mi za ba'i 'grel pa) 』第一章研究 
―「如是我聞一時」と「世尊」の解釈―
……………………………………………………………………………石川 美惠
『倶舎論』における邪見と邪智について
……………………………………………………………………………遠藤 信一
『金剛經變相』について ―宋代佛教の一面を傳える特異な文獻―
……………………………………………………………………………伊吹  敦
Die Dimension des Unbeschraenkten
―Das transzendentale Ideal Kants und "das absolute Nichts" bei Nishida―
(カント『純粋理性の至上理念』と西田哲学における『絶対無』の比較考察)
……………………………………………………………………………HASHI Hisaki  橋  ◆(ひさき:D14601)

第36号 1999年3月発行

草木成仏について(四)―殊に頼寶・道範の場合―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
狂歌と百人一首 ― その史的展開 ―
……………………………………………………………………………中山 尚夫
良寛とその書について
……………………………………………………………………………蓮見 行廣
現代日本文学の〈ヴイ〉 堀辰雄と中野重治
―1920年代・「驢馬」時代―
……………………………………………………………………………竹内 清己
大乗経典解読の試論 ―Sukhavativyuhaの場合―
……………………………………………………………………………村石 恵照
シンポジウム報告
「形相と空」 ―ウィーン大学哲学部における交流論究会
……………………………………………………………………………河波  昌
公開講演会
老荘思想における《無》の立場 
―西洋哲学における《無》の系譜との比較考察―
……………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
                                                                         独文和訳 橋 ◆(ひさき:D14601)
平成10年度 彙報

日本語による「歌おらしょ」
……………………………………………………………………………下崎  結
ゲンドゥンドゥプ(ダライ・ラマ1世)著『解脱道解明』和訳
―Abhidharmakosakarika: I - 8~24偈に対する註釈―
……………………………………………………………………………現銀谷 史明
『決定義経釈(don rnam par gdon mi za ba'i 'grel pa)』 研究
―第一章「処円満・眷族円満」、第二章「『決定義経』の説かれた発端」―
……………………………………………………………………………石川 美惠
『倶舎論』における眼見家と識見家の論争
……………………………………………………………………………遠藤 信一
HEN-PANTA (I. TEIL)
―Das Problem der Kontradiktorik in der Wesenslogik von Zen und Hegel―
(ヘーゲル《大論理学》における矛盾律の問題と
鈴木禅学・秋月禅学における《般若即非の論理》〈第一部〉 )
……………………………………………………………………………HASHI Hisaki  橋  ◆(ひさき:D14601)

第37号 2000年3月発行 河波昌博士 退任記念号

河波昌博士 近影
河波昌博士 略歴・業績目録
河波昌先生を送る

仏教における「平等」概念について
……………………………………………………………………………河波  昌
草木成佛について(五)―道範筆受の秘藏記鈔―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
唯識史観試論―応用仏教学として―
……………………………………………………………………………村石 恵照
義湘系華厳学派の基本思想と『大乗起信論』批判
―義湘と元暁の対論記事の背後にあるもの―
……………………………………………………………………………佐藤  厚
三條西実隆連歌作品考(一)
……………………………………………………………………………千艘 秋男
『慶長見聞集』と中世文学
―『宝物集』、『庭訓往来抄』に関連して―
……………………………………………………………………………阪口 光太郎
萩原朔太郎と聖書
……………………………………………………………………………野呂 芳信
現代日本文学の〈ヴイ〉 堀辰雄と中野重治(二)
―1920年代(二)―
……………………………………………………………………………竹内 清己
高見順の死生観 ―「死の淵より」以後―
……………………………………………………………………………百瀬  久
書家の読む源氏物語
「源氏物語の〈手〉について」
……………………………………………………………………………三宅 高司
臨書法
……………………………………………………………………………蓮見 行廣

平成11年度 東洋大学 東洋学研究所事業報告

現代インド思想における〈心理学〉
……………………………………………………………………………甲田  烈
不二一元論学派における「大文章」の一考察
……………………………………………………………………………佐竹 正行
「印度哲学者とは誰か(1)」
―第一世代の実体概念理解をめぐって―
……………………………………………………………………………三浦 宏文
シャンカラ著
『バガヴァッドギーター註』における主宰神とブラフマンの関係
……………………………………………………………………………高木 健翁
ネワール語文法ノート
……………………………………………………………………………吉崎 一美
インド仏教の法滅思想 I ―『金剛般若』の法滅句をめぐって―
……………………………………………………………………………渡辺 章悟
慧可と『涅槃論』(上)
……………………………………………………………………………伊吹  敦
室町時代の老荘研究について
……………………………………………………………………………王   廸
HEN-PANTA (II. TEIL)
―Das Problem der Kontradiktorik in der Wesenslogik von Zen und Hegel―
(ヘーゲル《大論理学》における矛盾律の問題と
鈴木禅学・秋月禅学における《般若即非の論理》〈第二部〉 )
…………………………………………………………………………HASHI Hisaki  橋  ◆(ひさき:D14601)
The Demise of Reason and After……………………………………丁  海昌(CHOUNG, Haechang)

第38号 2001年3月発行 

草木成佛について(六)
―中川實範上人の大経要義鈔―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
三條西実隆連歌作品考(二)
……………………………………………………………………………千艘 秋男
現代日本文学の〈ヴイ〉 堀辰雄と中野重治(三)
―一九三〇、四〇年代・二つの道―
……………………………………………………………………………竹内 清己
呉昌碩の篆刻と側款
……………………………………………………………………………蓮見 行廣
経典の真読について
……………………………………………………………………………榎本 榮一
青森県新郷村「なにゃどやれ」の変移
……………………………………………………………………………下崎  結
バイオエシックスの議論と間柄の倫理
―人格の概念に関する一考察―
……………………………………………………………………………大鹿 勝之
シンポジウム報告
  「東西宗教思想の課題」(平成12年1月22日)
    講演「東西宗教思想の課題―とくに霊性をめぐって―」
    ……………………………………………………………………… 河波  昌
バネリスト
金子 晴勇
量   義治

東洋大学 東洋学研究所事業報告
比較現象学試論
―普遍宗教論と心の論理―
……………………………………………………………………………甲田  烈
ハタ・ヨーガの初期形態について
~Goraksasatakaにみる~
……………………………………………………………………………番場 裕之
不二一元論派における認識論の一考察
……………………………………………………………………………佐竹 正行
自我と意識の相関性 (上)
―『プラシャスタパーダ・バーシュヤ』におけるatmanとmanasの定義―
……………………………………………………………………………三浦 宏文
シャンカラ著『バガヴァッドギーター註』第三章翻訳
……………………………………………………………………………高木 健翁
『解脱道論』における修行道について
~煩惱論から見た修行道~
……………………………………………………………………………遠藤 信一
慧可と『涅槃論』(下)
……………………………………………………………………………伊吹  敦
日本における『老子』受容
―主として書誌的観点より―
……………………………………………………………………………王   廸
Konfuzius als Philosoph
……………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
The Method of the History of the Idea
……………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧 

第39号 2002年3月発行 

現代日本文学の〈ヴィ〉 堀辰雄と中野重治(四)
―戦後の道・別れの曲―
……………………………………………………………………………竹内 清己
芥川龍之介 の 、 「蜃気楼」(上)
―凝視と感受
……………………………………………………………………………山崎 甲一
宗教思想から見た萩原朔太郎の詩について
―『青猫』スケッチ―
……………………………………………………………………………野呂 芳信
高見順の見たビルマ
―民間信仰を手がかりに―
……………………………………………………………………………百瀬  久
『庭訓抄』の注釈に関する一覚書き
―前稿の修正、他―
……………………………………………………………………………阪口 光太郎
飛鳥井雅世年譜稿(一)
……………………………………………………………………………千艘 秋男
近世俳諧師の発心
―不夜庵太祇の場合―
……………………………………………………………………………谷地 快一
草木成佛について(七)
―祕藏抄の草木成佛ノ事と重誉の教相抄(一部)―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
何紹基の書法
……………………………………………………………………………蓮見 行廣
『健拏標訶一乗修行者秘密義記』の基礎的考察
……………………………………………………………………………佐藤  厚

東洋大学 東洋学研究所事業報告

近代大谷派の社会事業観
―『救済』の記事を中心に―
……………………………………………………………………………鈴木 善鳳
自我と意識の相関性 (下)
―精神活動と認識論におけるatmanとmanasの連関―
……………………………………………………………………………三浦 宏文
不二一元論学派における解脱観の一考察
……………………………………………………………………………佐竹 正行
シャンカラ著『バガヴァッドギーター註』第四章翻訳
……………………………………………………………………………高木 健翁
二諦と自性
―チベットにおける『倶舎論』解釈の一断面―
……………………………………………………………………………現銀谷 史明
『正法念処経』における「風」について
―チベット訳を中心として―
……………………………………………………………………………石川 美惠
チベットに旅立つ男とネパールに残される女
―阿尼哥の結婚から『ムナ・マダン』まで―
……………………………………………………………………………吉崎 一美
北宗禪系の『法句經疏』について
……………………………………………………………………………伊吹  敦
自己決定権と間柄の倫理
―自己決定権における自己と日本語の「人間」の意味―
……………………………………………………………………………大鹿 勝之
認識と論理
―ヘーゲル論理学における「死せるA」と般若即非の論理の地平―
……………………………………………………………………………橋 ◆(ひさき:D14601)
Zum Problem der Tugend in der chinesischen Philosophie
……………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
Pragmatic Rationality: the Case of Koreans
……………………………………………………………………………丁  海昌(CHOUNG, Haechang)
Kierkegaard's Thought and the Outlaw-Traditions
― the Origins of 'den enkelte' and an Application of the Ideal
History of Northern Europe to the Comparative Thoughts―
……………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧

第40号 2003年3月発行 

堀辰雄の北海道に刻した戦後〈雪の上の足跡〉
―「北方風物」所載「フランシス・ジヤムに」と更科源蔵宛書簡と―
……………………………………………………………………………竹内 清己
戦争と信仰 ―戦時下における龜井勝一郎―
……………………………………………………………………………山本 直人
高見順の戦時下の思索 ―『高見順日記』昭和二十年―
……………………………………………………………………………百瀬  久
和泉式部と「なでしこ」
……………………………………………………………………………新井 幸恵
長崎県生月島の「おらしょ」について
……………………………………………………………………………下崎 結
為永春水における宗教
……………………………………………………………………………山杢 誠
草木成佛について(八)
―重誉作『教相抄』(『密宗要決鈔』より)最終―
……………………………………………………………………………伊藤 宏見
安然撰『菩提心義抄』の五教思想に関する一考察
―与奪の二論を中心に―
……………………………………………………………………………土倉 宏
修験道文献『修験道修要秘決』の研究 ―修験道における袈裟―
……………………………………………………………………………中山 清田
〈研究ノート〉:敦煌本『仏説地蔵菩薩経』管見
……………………………………………………………………………川崎 ミチコ

東洋大学 東洋学研究所事業報告

『サンクシェーパシャーリーラカ』に見られる
初期不二一元論学派の無明観について
……………………………………………………………………………佐竹 正行
シャンカラ著『バガヴァッドギーター註』第五章翻訳
……………………………………………………………………………高木 健翁
シャーキャチョクデン著『毘婆沙大海』第九章の考察
……………………………………………………………………………現銀谷 史明
金剛藏菩薩撰『金剛般若經註』校訂テキスト
……………………………………………………………………………伊吹 敦
王陽明の『大学問』について ―朱子『大学章句』との比較―
……………………………………………………………………………吉田 公平
知の技術的解釈 ―三木清の技術論―
……………………………………………………………………………相楽 勉
On the Relationship between Western and Eastern Philosophy
……………………………………………………………………………Werner Gabriel ヴェルナー・ガブリエル
The Concept and the Metamorphosis of Care
―For the Comparative Study of the History of Ideas in East and West―
……………………………………………………………………………NAKAZATO Satoshi 中里 巧 

紀要『東洋学研究』総目次(~第39号)