MENUCLOSE

東洋学研究所紀要 第11 - 20号

*残部に余裕のある号につきましては、頒布いたしたく存じます。詳細はお問い合わせ下さい。

  東洋大学東洋学研究所(電話03-3945-7483)
*長音記号の省略、字体など一部簡略表記しています。
*JIS規定以外の文字は諸橋轍次『大漢和辞典』大修館書店刊("D"と略記)の文字番号を読み仮名とともにカッコ内に付記しました。

第11号 1977年3月発行

阿育王の仏教受用と其の「法」の意味
…………………………………………………………………………………………西    義雄
論敦煌本対話体文献
…………………………………………………………………………………………金岡 照光
『維摩詰所説経』に見る羅什訳の特質
…………………………………………………………………………………………大鹿 実秋
大乗涅槃経と沙門果経
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
入楞伽経の唯心論
…………………………………………………………………………………………菅沼  晃
北条仲時軍勢自害をめぐる法宗教史的分析・(一)・資料篇(I)
―中世・近江国・時衆・蓮華寺教団と過去帳の問題―
…………………………………………………………………………………………荒井貢次郎
=研究調査旅行報告=
アフガニスターン・パーキスターン調査考
…………………………………………………………………………………………金岡 秀友
Kasyapasilpasastra所説の塑像技法
…………………………………………………………………………………………清水  乞

第12号 1978年3月発行 創立20周年記念号

まえがき ―東洋学研究所20周年記念号に寄せて―
…………………………………………………………………………………………金岡 照光
阿育王をめぐる比丘達―
特にモッガリプッタチッサとウパグプタ
…………………………………………………………………………………………西   義雄
敦煌文学文献常用語彙の性格
…………………………………………………………………………………………金岡 照光
近世封建・下層身分の由来書
―甲斐国・都留郡・郡内領の未刊資料の場合―
…………………………………………………………………………………………荒井貢次郎
一遍聖の名号観(一)―能所・機法一体を中心に―
…………………………………………………………………………………………石岡 信一
島木赤彦の中世的思想
…………………………………………………………………………………………伊東 一夫
修験道における秘呪経(九重守経)とその大衆化の過程
―佼成図書館架蔵経を中心として―
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
仏所成立時期に於ける仏師について
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
維摩経の副題「不可思議解脱」批判
…………………………………………………………………………………………大鹿 実秋
宮沢賢治における宗教的側面の思考
…………………………………………………………………………………………大島一之輔
金光明経の仏身論
…………………………………………………………………………………………金岡 秀友
明代仏教史考
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
菩提達摩とその周辺(一)
道育と僧副について
…………………………………………………………………………………………里道 徳雄
入楞伽経三万六千一切法集品訳註(二)
…………………………………………………………………………………………菅沼 晃
「戦後日本中小企業法の史的展開(一)
―法律学と経済学の両側面からみて―」
…………………………………………………………………………………………丸山 稔

第13号 1979年3月発行

説一切有部宗と初期大乗との関係
…………………………………………………………………………………………西  義雄
長吏頭・弾家墓制の考証と資料
…………………………………………………………………………………………荒井貢次郎
金光明経の懺悔思想
…………………………………………………………………………………………金岡 秀友
羅什訳法華経訓訳に関する問題点
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
一遍聖の名号観(二)―語録における名号の表現―
…………………………………………………………………………………………石岡 信一
土御門家・天曹地府祭の性格と実態
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
阿毘達磨大毘婆娑論における菩薩思想の一考察
―特に阿毘曇毘婆娑論と◆(び:D42889)婆娑論と比較して―
…………………………………………………………………………………………祖父江章子
均如大師伝の研究(下、一)
…………………………………………………………………………………………李 永 洙
=研究調査旅行報告=
訪中報告 ―文物・博物館・図書館・大学等―
…………………………………………………………………………………………金岡 照光

第14号 1980年3月発行

近世賤民の流罪人 ―伊豆国「新島流人帳・賤民系流人抜書」―
…………………………………………………………………………………………荒井貢次郎
陰陽五行思想と窮理思想
―鄒衍の世界観の学際的思考を一例として―
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
清代仏教史考
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
日蓮の『選択集』批判について ―『守護国家論』を中心として―
…………………………………………………………………………………………田村 晃祐
一遍聖の名号観(三) ―弥陀仏身土について―
…………………………………………………………………………………………石岡 信一
護国所問経訳注(一)
…………………………………………………………………………………………岡本 嘉之
校異試訳『敦煌本法躰十二時』
―ペリオ3113号写本を中心として―
…………………………………………………………………………………………川崎 ミチコ
『西域中華海東仏祖源流』僧名索引稿 ―朝鮮仏教僧名集成VI―
…………………………………………………………………………………………里道 徳雄
『スールサーガル』における教義の表現
…………………………………………………………………………………………鈴木 良明
比叡山よりみた法然批判
…………………………………………………………………………………………中山 清田

第15号 1981年3月発行

「大小倶行」と「顕密双修」
…………………………………………………………………………………………金岡 秀友
島崎藤村の自然観(一)―成立と展開―
…………………………………………………………………………………………伊東 一夫
陰陽五行思想から弁証法への近世的脱皮
―昌益・梅園の側面を見る―
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
中華民国仏教史考
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
一遍聖の名号観(四)
…………………………………………………………………………………………石岡 信一
入唐八家請来録の研究 ―資料編 密教都(一)―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
『海東高僧伝』僧名索引稿 ―朝鮮仏教僧名集成III―
…………………………………………………………………………………………里道 徳雄

第16号 1982年3月発行

仏教の草木成仏観と生命科学
…………………………………………………………………………………………西  義雄
中国古代天文暦学思想と陰陽五行説 ―astronomyとastrology―
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
=海外研究動向=
近年中国に於ける敦煌研究の動向 ―敦煌研究専刊・専論簡介―
…………………………………………………………………………………………金岡 照光
書評 市村宏著『万葉集と万葉びと』
…………………………………………………………………………………………塚田 晃信
書評 水野弘元著『法句経の研究』
…………………………………………………………………………………………森  章司

第17号 1983年3月発行

最澄『決権実論』について
…………………………………………………………………………………………田村 晃祐
徳清著『起信論疏略』の資料的研究
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
仏典の比喩における仏陀観〔三〕
…………………………………………………………………………………………森  章司
一遍上人の名号観(六)
―「十一不二頌」と「六十万人頌」について―
…………………………………………………………………………………………石岡 信一
六国史における仏典と法会について(一)
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
高麗仏教に於ける八関会の構造
…………………………………………………………………………………………里道 徳雄
書評
貞兼綾子編「チベット研究文献目録
日本文・中国文篇 1877年~1977年」
…………………………………………………………………………………………岡本 嘉之

第18 号 1984年3月発行

伊駒宝山寺本『覚禅鈔』について
―奥書を中心として―
…………………………………………………………………………………………清水  乞
現代ヒンディー風刺文学
…………………………………………………………………………………………鈴木 良明
六国史における仏典と法会について(二)
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
井上円了の妖怪学と仏教の業思想
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
方以智研究雑記
―中国弁証法の濫觴―
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
均如大師伝の研究(下二)
  均如大師伝第四立義定宗分に於ける「華厳教中先公の鈔三十余義」について
…………………………………………………………………………………………李  永洙
海外学術予備調査報告(一)
―中国仏教調査報告―
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
海外学術予備調査報告(二)
…………………………………………………………………………………………川崎 ミチコ
The Meaning of the 'True Teaching' of Shinran's Major Work:
the Kyogyoshinsho
…………………………………………………………………………………………Esho MURAISHI 村石 恵照

第19 号 1985年3月発行

爾雅・釈山篇の五岳重出問題と五行思想の南遷
…………………………………………………………………………………………岩佐 貫三
章安の涅槃経観
―とくに涅槃経玄義において―
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
六国史における仏典と法会について(三)
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
The Meaning of the 'Act' (gyo) in Shinran's Major Work:
the Kyogyoshinsho
…………………………………………………………………………………………Esho MURAISHI 村石 恵照

第20号 1986年3月発行

『成菩提集』についての一試論
―構成と引用文献を中心にして―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
梵語仏典の冒頭の慣用句 'evam maya srutam ekasmin samaye' と、
その漢訳およびチベット語訳文について
…………………………………………………………………………………………岡本 嘉之
初期大乗仏教における宗教体験の世界
―鏡・像、水・月(日)喩をめぐって―
…………………………………………………………………………………………河波  昌
自業自得論
…………………………………………………………………………………………河村 孝照
南朝三僧伝の研究(一)
…………………………………………………………………………………………里道 徳雄
A Study of Shinran's Major Work: the Kyogyoshinsho
―The Structure and Intent of the Triple-world As Demonstrated
in Its Volume on the Buddha-Land Transformed ―
…………………………………………………………………………………………Esho MURAISHI 村石 恵照