MENUCLOSE

東洋学研究所紀要 別冊・その他

*残部に余裕のある号につきましては、頒布いたしたく存じます。詳細はお問い合わせ下さい。
  東洋大学東洋学研究所(電話03-3945-7483)
*傍点・長音記号の省略や漢字の字体など、一部簡略表記しています。

別冊 東洋思想における心身観 2003年3月発行 

はじめに
…………………………………………………………………………………………菅沼  晃
行路死人歌の成立とその行方
…………………………………………………………………………………………大久保廣行
西行の心身観を考える基盤
―「瀬戸内・讃岐」歌枕地名と空海・崇徳院―
…………………………………………………………………………………………高城 功夫
佛教考古学より見たる身心観
…………………………………………………………………………………………伊藤 宏見
九想図にみられる心身観
―日本における九想図の展開を中心として―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一

公開講演会
東洋医学の人間科学
―東洋的行法の心理学的研究を中心に―
   ………………………………………………………………………………………春木  豊
公開講演会
禅と心身論
   ………………………………………………………………………………………恩田  彰
公開講演会
いのちの時代へ―二十一世紀の養生・癒し・ホリスティック医学―
   ………………………………………………………………………………………帯津 良一

〈研究報告〉
チベット仏教における心身観
―シャーキャチョクデン著『毘婆沙大海』における「破我品」解釈を通して―
  ………………………………………………………………………………………現銀谷史明

環境倫理と日本の「風土」―環境倫理と主体性―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
〈身体〉へのトランスパーソナル学的接近―その臨床の実践―
…………………………………………………………………………………………甲田  烈
聖域構造と死生観―東西を比較して―
…………………………………………………………………………………………中里  巧
白隱の心身觀
…………………………………………………………………………………………伊吹  敦
唐・五代社会に見られる道教の身体観受容
  ―長安昭成観の夾紵像をめぐって―
…………………………………………………………………………………………遊佐   昇
チベット医学における心身観―『ギュー・シ』を中心として―
…………………………………………………………………………………………石川 美惠
「ヨーガ行法による身心の目覚め」
…………………………………………………………………………………………番場 裕之
クリスチャン・ブイ著
『ナータ派ヨーガ行者と諸ウパニシャッド』―抄訳―
…………………………………………………………………………………………橋本 泰元
インド芸術にみられる心身観
…………………………………………………………………………………………清水  乞
『金剛般若経』に見られる色身・法身の偈頌
…………………………………………………………………………………………渡辺 章悟
アーユルヴェーダの心身観
…………………………………………………………………………………………菅沼  晃

別冊 日本における死への準備教育―死の実存的把握をめざして―  2007年3月発行 

はじめに
…………………………………………………………………………………………高城 功夫
西行の生死観―命と死をめぐる思想―
…………………………………………………………………………………………高城 功夫
死との対峙―万葉歌人山上憶良に見る死の文学化―
…………………………………………………………………………………………大久保廣行
万葉挽歌にみる「家」
…………………………………………………………………………………………菊地 義裕
死を観想する―能楽の中の死生観―
…………………………………………………………………………………………原田 香織
芭蕉信仰のかたち―『諸国翁墳記』をめぐって―
…………………………………………………………………………………………谷地 快一
漱石 修善寺の大患―『思ひ出す事など』を貫くもの―
…………………………………………………………………………………………山崎 甲一
看取りのフィアンセ、あるいは青春の別れ
―横光利一『春は馬車に乗って』と堀辰雄『風立ちぬ』に見る―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
北方の医学・宗教・文学
―渡辺淳一文学館と天理教静様分教会を訪ねて―
…………………………………………………………………………………………竹内 清己
『チベットの死者の書』と日本の四十九日中陰回向
…………………………………………………………………………………………川崎 信定
日本人の死後観―十三仏信仰を中心として―
…………………………………………………………………………………………渡辺 章悟
摂関期の日記にみられる「死」の周辺  ―『御堂関白記』『小右記』を中心として―
…………………………………………………………………………………………榎本 榮一
近代日本の法華系在家仏教教団にみる死生観
…………………………………………………………………………………………大谷 栄一

公開講演会
死ぬ権利はあるか
   ………………………………………………………………………………………木阪 昌知
公開講演会
仏教を中心とした死の種々相
―我々はシュレーディンガーの猫なのか―
   ………………………………………………………………………………………佐々木 閑
公開講演会
緩和ケアと哲学
   ………………………………………………………………………………………岩瀬  哲
公開講演会
詩歌に表れた北方の生と死―中城ふみ子の短歌を中心に―
   ………………………………………………………………………………………田村 圭司

シンポジウム
日本における死への準備教育
―中等・高等教育機関における現状と課題
   ………………………………………………………………………………………中里  巧                                                                           朝倉  輝一                                                                                         山舘  順                                                                                                                                                相楽  勉

安楽死・尊厳死に関する若干の考察
  ―森鴎外「高瀬舟」南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」を読む―
…………………………………………………………………………………………大鹿 勝之
「死への準備教育」の必要性と可能性
…………………………………………………………………………………………相楽  勉
研究調査報告
…………………………………………………………………………………………中里  巧