MENUCLOSE

受託業務等

文部科学省「私立大学学術研究高度化推進事業」に係わる「学術フロンティア推進事業」

(2008年度から「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に名称変更)

プロジェクト名称 東アジア・東南アジア諸国にみる経済発展と都市化による文化変容―大都市・地方都市・農村の比較―」
文部科学省「私立大学学術研究高度化推進事業・学術フロンティア推進拠点」(平成20年4月より「戦略的研究基盤形成支援事業」と名称変更された)による共同研究
代表者 比嘉佑典
プロジェクトマネージャー 後藤武秀(2002年4月~2007年3月)
石井隆憲(2007年4月~2010年3月)
地域リーダー
  • ベトナム地域リーダー末成道男(客員研究員)
  • タイ・ラオス・カンボジア地域リーダー福井吉孝(研究員)
  • タイ地域リーダー米田公丸(客員研究員)
  • 韓国地域リーダー松本誠一(研究員)
  • 台湾地域リーダー後藤武秀(研究員)
  • ミャンマー地域リーダー石井隆憲(研究員)
  • 南アジア地域リーダー小林正夫(研究員)
  • マレーシア・シンガポール地域リーダー井上星児(客員研究員)
  • インドネシア地域リーダー西野節男(客員研究員)
研究分担者 佐藤俊一, 井上貴也, 三沢伸生, 小林秀年, 野間信幸(研究員)/針生清人, 吉田辰雄, 大畑裕嗣, 小澤康則, 大越公平, 高橋正樹, 大城美樹雄, 服部美奈, 時本識資, 石井昌幸, 孫彰良, イエティ・ロフウラニンシー, シンギ・トゥリ・スリスティヨノ, エンダン・スシロワティ, ユニアルソ・クワルトノ・アディ, アリス・ブディヨノ, ドゥイ・プルウォコ, ファタ・シュクル, グエン・ヒュウ・トン, イム・コッチ, 新江利彦(客員研究員)
期間 2002(平成14)年4月~2007(平成19)年3月 5年間
2007(平成19)年4月~2010(平成22)年3月 3年間(継続申請)
概要

 

日本私学振興財団学術研究振興資金助成

プロジェクト名称 アジアの教育改革と課題 ―その理念と実際
代表者 比嘉佑典(所長)
研究分担者 大越公平, 西野節男, 竹内老子(研究員)
期間 平成3年度~平成6年度
概要

 

プロジェクト名称 韓国の近代化と伝統的価値観
代表者 針生清人(所長)
研究分担者 阿部正次郎, 新田幸治, 中下正治(研究員)
期間 昭和61年度~平成元年度
概要

韓国図学の現状と今後の展望を調査目的とし、特に下記の転に於いて調査を進めた。

  1. 家庭及び地縁における儒学思想の現状
  2. 国家主導型の倫理教育中における儒学の役割
  3. 近代化(特に経済の高度成長化)過程における儒学思想の変化
  4. 陰陽五行思想および風水説と儒学との関係、および韓国社会内におけるその役割

日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金助成

プロジェクト名称 現代化と文化変容 ―アジア諸国に展開する国際的企業を中心に
代表者 針生清人(所長)
研究分担者 吉田辰雄, 比嘉佑典, 西野節男, 米田公丸, 大越公平, 宇佐美隆憲, 野間信之, 有澤晶子, 竹内老子(研究員)
期間 平成9年度~平成12年度
概要

下記テーマに基づいて調査研究を実施した。

  1. アジア諸国の文化変容のメカニズム
  2. 経営資源の移転による地域社会の成長と変容
  3. アジア各国の経済、文化を担う人材養成の在り方