MENUCLOSE

最近の活動

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO'70 開催 50 周年の回顧―」

開催日:2020年7月13日-10月29日

主催:東洋大学アジア文化研究所/共催:東洋大学井上円了記念博物館

井上円了記念博物館共催、東洋大学附属図書館の協力のもと、図書館とアジア文化研究所が所蔵する貴重資料など約50点を展示した企画展を開催しました。しかし、今回の展示会ではコロナ禍のため、限定してでの公開となり、多くの人に観てもらうため、展示内容の動画を解説交えて作成し東洋大学YouTubeにて公開しました。更に展示品とその解説を掲載した図録『日本万国博覧会までの軌跡―EXPO’70開催50周年の回顧―』を2020年12月31日に発行し、広く内外の研究所・図書館への配布を行いました。

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

動画公開「日本万国博覧会までの軌跡―EXPO'70開催50周年の回顧―」12月開催のシンポジウムを見据えて 回顧・問題提起編

動画公開日:2020年11月19日

主催:東洋大学アジア文化研究所/共催:東洋大学井上円了記念博物館

公開国際シンポジウムを12月に控え、井上円了記念博物館の協力の元、アジア文化研究所の野間信幸所長ほか研究員2名、博物館学芸員の北田氏を迎え、改めて「日本の博覧会におけるアジア表象の推移-日本国際万国博覧会50周年を契機として-」を表題とする問題提起を行いました。その様子を【ご挨拶】【概説】【対談】の3タイトルに分け、東洋大学公式Youtubeに一般公開しました。これにより、学生や一般の方にも幅広い知識や理解、興味を深める場として活用してもらうことを目標としております。

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

シンポジウム「日本の博覧会におけるアジア表象の推移―⑴ 西アジア・イスラーム世界の表象―」

開催日:2020年12月12日13:00-15:00

主催:東洋大学アジア文化研究所

本公開シンポジウム(オンライン開催)では、博覧会におけるアジア表象の推移として今回は主に西アジア・イスラーム世界の表象にスポットを当て、イスラーム研究者らを中心とした報告と議論が行われました。本研究所研究員による基調講演と、本研究所客員研究員による「回教圏展覧会における『回教』の表層化について」及び「中国におけるイスラーム世界の地域表層―1900年代〜1940年代を中心に―」と題する発表が行われました。その後、参加者や傍聴者を交えて討論が行われて終了しました。この内容はACRI Research Paper Seriesとしてまとめ、刊行し、広く内外の研究所・図書館への配布を行いました。

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

シンポジウム「歴史資料と中国華北地域―農耕・遊牧の交錯とその影響―」

開催日:2020年10月10日13:00-18:00

主催:東洋大学アジア文化研究所 井上円了記念助成・研究所プロジェクト「東洋大学に所蔵される中国語諸史資料のデータベース構築と開発活用 」(研究代表:千葉正史)

本公開シンポジウム(オンライン開催)では、歴史資料と遊牧勢力をテーマに、井上円了記念研究助成・研究所プロジェクト(代表:千葉正史/文学部教授)を中心とした研究者3名による基調講演と2名のコメンテーターによる議論が設けられました。シンポジウム開催後、公開内容をACRI Research Paper Seriesとしてまとめ、刊行し、広く内外の研究所・図書館への配布を行います。これにより、学生や一般の方にも幅広い知識や理解を深める場として活用してもらうことが可能となります。

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

フォーラム「ビジネスチャンスを生む「僑郷」への帰国―中国浙江省青田県の事例から―」

開催日:2021年1月25日14:00-16:00

主催:東洋大学アジア文化研究所 井上円了記念助成・研究所プロジェクト「首都圏在住アジア系の若者にみるトランスナショナリズムに関する比較研究」(研究代表:山本須美子)

本公開フォーラムは、井上円了記念研究助成・研究所プロジェクト(代表:山本須美子/社会部教授)を中心とした研究者による報告と議論が行われました。具体的な内容としては、「海外移住の歴史と現状―青田僑郷輸入商品の開業―」「帰国者のライフヒストリー分析―インタビュー調査から―」と題する報告が行われ、その後はオンライン開催の特性を生かした幅広い国籍の参加者を交えた質疑応答が行われました。

企画展「日本万国博覧会までの軌跡 ―EXPO

動画限定公開「アジア文化研究所 2020年度 第15回年次集会」

動画公開日:2021年3月6日-3月22日(研究所所属、関係者のみへの期間限定公開)

主催:東洋大学アジア文化研究所

毎年、1月末にアジア文化研究所に所属する研究員、客員研究員、院生研究員、海外協定・協力研究機関といった関係者のみが発表、参加できる年次集会を開催しています。第1回から大学内の施設を利用し、対面での開催を行っておりましたが、コロナ禍による緊急事態宣言中の開催となった2020年度第15回年次集会は、初めての試みとなる動画公開での開催となりました。編集担当の井上貴也委員のもと、研究所で働く皆の総力を持って制作期間は1カ月という短い期間でできうる最大限の力で、制作していただけたと思います。これまでは年次集会の写真はあっても動画はありませんでした。今回、3時間以上の動画を今後に残していける事は考え方によっては、素晴らしい事であったのではないかと考えます。また、大学での開催ではなかなか参加いただけない方も17日間という期間限定の中ですが、時間が空いた自由な時間でどんな場所からもご参加いただける事も動画配信という開催方法でしかできませんので、これも良い機会になったのではないかと思います。